This Category : 英国の嫌なところ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごみだらけの国

2008.04.18 *Fri
はっきり言ってイギリスは汚いです。
街はごみだらけ、バスの中も電車の中もごみだらけ。
座席に座る時は、椅子の上、足元、
椅子と椅子の間に汚いごみがないかをしっかりチェックして座らないと、
ひどい目にあうこともあります。

それから、
チューインガムを道や公共の場所に捨てる人が非常に多いので、
道(特に歩道など人が歩くところ)は、捨てられたガムがこびりついて、
水玉模様のようになってます。
もちろんうっかり踏まないように気をつけることも、
イギリスの道を歩く上では大事な注意点です。

他にも食べ残しのファーストフードや、
ビールの入った飲みかけのグラスや、
とにかくありとあらゆるものがあちこちに散らばっています。

先日バスに乗ってスーパーへ買い物に行きました。
大量の荷物を持って帰りのバスに乗り、
バスの前の方にある荷物置き(ちょっとしたスペースがある)に
荷物を置こうとしたら、
誰かが捨てていったバナナの皮がびろ~んとその場を
占領していたので、仕方なく座席に荷物を持っていきました。

そして家に帰ったのですが、なにやら甘いにおいがするのです。
そしてにおいのもとを発見。
これでした。
やられた!

これが買い物袋に・・・。

バスの中で付けてきたんだと思います。
キャラメルのようなお菓子が、
バスの中であったまって溶けたものでした。
幸いこのバッグを置いたベッドの上は無事でしたが、
翌朝自分が着ていたコートにもべったりとついているのを発見。
やられた~。
イギリスの汚さに腹が立ったというよりは、
「これからはもっともっともっと気を付けなくては・・・。」
と、身にしみて感じました。

イギリス、ありとあらゆるゴミ箱ではないところが、
ゴミ箱状態になっています。
日本の各地にある自治体のごみ集積所のほうが、
きれいかもしれません。
スポンサーサイト
COMMENT (6)  TRACKBACK (0) 


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。