This Category : 英国 びっくり体験

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありえん!!バスの運転手

2009.11.13 *Fri
昨日、かなり久しぶりに1人で街へ行きました。
ここの所ずっと旦那と一緒だったので、久しぶりに1人でうろうろできるわ~と、
なんだかわくわく。
うろうろ嫌いの旦那と一緒だと、
本当に必要なお店に行って終わりというパターンになってしまうので・・・。

(必要なお店・・・スーパー)




さて、いつものように街へ向かうバスに乗りました。
動き出してすぐに、
「う~ん、なかなかスピード狂の運転手だな。」
と思いました。
まずは大学内をぐるっと回るんですが、
学生がたくさん歩いていたりするのにも関わらず、結構なスピード。

でも、それだけではなかった。
途中から、これまた同じく街へ向かうバスに追いついたんだけど、
前のバスにぴったりくっついて、クラクションを何度も








び~び~び~







と鳴らし出したんです。


(実はイギリスでは、皆さんあまりクラクションをび~び~やらないんですよ。
通常滅多にこの音を聞くことはないんです。)




前のバスを運転してた運転手は、
「これは後ろの運転手が何か僕に伝えたいことがあるに違いない。」
と思ったようで、いったんバスを止め、
窓を開けて何事かと後ろの運転手に声をかけました。

その様子を見て、私たちのバスの運転手、
何と馬鹿にしたように笑い出したんですよ・・・。

その後、2台のバスは並んで街に向かったんですが、相変わらず私たちのバスは、
前を走るバスにぴったり密着状態。
かなり危険度ぷんぷんで、おそろしかった~。
しかも1車線なのに、
何度も前のバスを追い抜こうとするように反対車線を走るんです・・・。



その後、前のバスは違う路線を走るバスだったので、
無事に別れることができたのですが、私たちのバスは住宅地へ。
なのに相変わらずスピードが・・・。

これまでに乗ったバスの中で、昨日の運転手の運転するバスは、
本当に恐ろしかったです。
無事に着けてよかった・・・。



あんな人にはバスの運転手を辞めてもらいたいわ・・・。



ちなみに街をうろうろする方は・・・
うろうろし出した途端に雨が激しく降ってきたので、
必要なお店だけ行って帰って来ました(涙)。


今週末も天気悪いみたいです。




ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

今の季節って???

2009.11.11 *Wed
ちょっとさかのぼって、1ヶ月くらい前の話なんですが・・・。

職場で、大学生のバイトの女の子と一緒に仕事をしながら、
いろいろ話をしてたんです。
そしたらいきなり、その子が私に

「今の季節って、なんて言うんだったっけ?」

と聞いてきたんです。



文字通り解釈すると、ありえない質問だったので、
私が聞き間違えたのかと思いつつ、

「Autumn (秋)でしょ?」

と、

(いや、本当はそういう意味のことを聞かれたんじゃないかも)

と思いながら答えたら、

すっきりした~って顔で、

「あ~、そうそう! 秋よ秋! 何て言うんだったかな~って、
ど忘れしちゃって。さっきからず~っと考えてたの。
夏と冬では絶対ないし、春は冬の次に来るから・・・。って。」

って・・・。







びっくりした~。
普通忘れる?

「春・夏・秋・冬」

って、この基本中の基本の四季を表す4つの単語を・・・。








でも、あとになってふと思ったんです。
この国は、(しかもここはイングランド北部)、確かに日本に比べると、
四季ははっきりはしてないし、夏から冬への移り変わりがあっという間なので、
秋を感じることは少ないかもと。

旦那父もよく冗談交じりに、
「この国には夏と冬しかないんだよ。」
と言うけれど、あれ実は冗談じゃなかったりして(苦笑)。


ちなみに今年は、9月10月とウォーキングをさぼったので、
秋を感じることがなかったな~・・・。
まさに、夏から冬になった感じでした。



日本の食欲の秋が恋しい。
(↑そこだけ?(笑))





*調べたわけではないので、そして調べようとも思いませんが(笑)、
多分ほとんどのイギリス人が
「Autmn」という単語を忘れたりはしないと思います・・・。
きっと・・・。




ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

雨天強行

2009.10.04 *Sun
一般的イギリス人がどうなのかはちょっとわかりませんが、
うちの旦那の家族は皆、雨が降っているから・・・風がかなり強いから・・・
と言うのを理由に、予定を変更することは、あまりありません。


もちろん、どう考えても
「雨の中では無理!」
というBBQなんかは別ですよ。

でも、例えば、ウォーキングや犬の散歩。
これは、よっぽどすんごい雨の時は何らかの対応策がとられますが、

対応策:
ウォーキング→やむをえず中止(あるいはちょっと出かけてみて
「あ~、やっぱり無理よ。この雨じゃ。」と言い、引き返す(笑)
犬の散歩 → コースを短めに変更。決して中止にはならない。

たいていは、雨の中、いつものように出かけて行きます。
そのため、旦那の実家に行く時は、たとえ1泊滞在でも、
ジーンズ2本とハイキングブーツは必須です。
濡れると困るので。


9年前、スコットランドでの結婚式に参加した、私の家族と、友人数名は、
雨の中、当初の予定通り、1時間かけてお城まで歩き、
また戻ってくるというウォーキングが、中止されることなく実行されたことに、
かなり驚いていました。
そして、出発前に、私と旦那から何度も何度も
「絶対に、防水のジャケット(カッパでも)と、
濡れても大丈夫な運動靴(←笑)を持ってくるように!!!」
と言われ続けていたその意味が、あの雨の中のウォーキングで、
しっかり理解できたよう(笑)。

7年前、初めて旦那の実家で過ごしたクリスマスの時も、
旦那実家では恒例のクリスマス当日の朝の長いウォーキングは、
天気はよかったものの、すごい強風。
正直、海に面した丘を登って行った時は、何度も風でバランスを崩し、
飛ばされそうになり、前をしっかり見て歩けなくて、どうなるかと思ったけれど、
無理やり(?)、頂上で紅茶を飲み、
「こんな日には誰も歩いてなんかいないわよね~。あはは。」
とかいった会話を交わしながら、それでも1組のカップルにすれ違い、
その人達と、
「私達くらいよね~。こんな日に歩いてるのは。
クリスマスおめでとう。あはは。」
とか言い合い、何とか無事に4時間ほど歩き終え、
帰ってきた時には、顔の皮膚がかちこちになって、
へろへろだったような記憶が・・・。




でも、こんな思いまでしてじゃあ何でわざわざ出かけるのか。
と、初めの頃は時々考えることがあったんですが、
こうやってどろどろになったり、犬のうんこを踏んだり(過去に経験あり)、
雨でぐちょぐちょに濡れたり、風で顔が痛くなったり、
そんな中成し遂げるウォーキングと言うのは、その時は辛いのですが、
家に帰って来て、暖かいシャワーを浴び、紅茶を飲み、
暖炉の部屋でまったりすると、
「あ~、行ってよかった~。楽しかったね~。」
となるんです。

旦那父もよく
「快適な状態で楽しむウォーキングもいいけれど、
ちょっと大変な思いをするほうが、成し遂げた時の達成感が大きいんだよ。」
と言います。
ほんと、その通りだと。



でもね、本当のところは・・・
「雨で中止」
なんてやってたら、この天気の悪いイギリスでは、
いつまでたっても何にもできやしない。
というのが、正直なところだったりもするのですが(笑)。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (5)  TRACKBACK (0) 

やっぱりここはイギリスじゃない!(かも)

2009.08.07 *Fri
数日前に、こんなことがありました。
その時の話はこちら



パソコンを取りに来た運送会社の人にパソコンを渡したら、あとは、
無事に戻って来る事を祈る以外、特にできることは何もありません。
ロンドンの方で修理をしてもらうようで、来週の初め頃にできあがるみたいです。

さて、そんな風にパソコンを配達の人に預けた翌日、
修理を担当している会社の人から電話がかかってきました。
何事かと思ったら、
「お客様のパソコン、本日こちらに届きました。
これこれこういったところをなおさせていただいて、
終わり次第発送させて頂く事になります。」

だって~。

むちゃくちゃ丁寧(感動)。



そして昨日は、
最初にパソコンの修理をしてもらったグラスゴーの支店の
マネージャーから電話が。

旦那の携帯にかかってきたんだけど、携帯を忘れていった旦那。
私が出ました。
でも、今回壊れたのは私のパソコンではなくて、
旦那が仕事で研究に使ってるもの。
細かい機能とかがよくわからないので、
直接旦那本人としゃべって欲しかったので、
夜もう1度電話をしてもらうことにしました。

で、夜また同じ人から電話がかかってきたんですが、
そのマネージャーは、すごく謝ってたそうです。

こういうのって、日本では当たり前の対応なんですが、
ここイギリスでこういった対応をしてもらえるのって、





すっごくめずらしいんですよ~





あとは、本当に無事にパソコンが戻ってくるのを待つだけです。










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (5)  TRACKBACK (0) 

ここは本当にイギリス?

2009.08.04 *Tue
いやいやびっくりしました。
昨日は一瞬、

「私たちは日本にいるのかしら?」

というような出来事にであったんです。




約10日ほど前、買った当初から問題のあった旦那のパソコンを持って、
わざわざグラスゴーまで修理をしてもらうために行きました。

その時の話はこちら

そのパソコンが、昨日壊れました(汗)。
前回直してもらったところとは別の場所です。

前回の修理の時に、パソコンをいじられたことによるものなのか、
それともただ壊れただけなのかはわかりませんが、
とりあえず旦那はこのパソコンの会社に電話をかけ、事情を説明しました。

そうしたらなんと、
「申し訳ありません。では、明日中に、こちらから取りに伺い、
修理をし、後日お客様の方にお届けするように致します。」
なんていう、
イギリスではほとんど耳にすることのないような返答が返ってきたのです(驚)。

そして、その上、
「今回の件は、最初に修理をしたグラスゴーの支店の方に、
クレームとしてお客様の方から、書面を出されるのがいいですよ。」
なんていうアドバイスまで。
そして、ホームページにはのっていない、
その支店のメールアドレスを教えてくれ、
クレーム用の用紙まで添付して送ってきてくれました。
(これは早速旦那の手によって記入され、昨日のうちに送信されました)




今朝、朝早くに、また電話があり、
細かい内容(パソコンの状態など)を聞かれた後で、
「本日午後、配達会社(大手の会社の名前でした)の者が、そちらに伺い、
パソコンをお預かりします。」
との事。




まさか今日本当に取りに来るとは思ってなかったので、
(だってイギリス生活に慣れてくると、
その日のうちに物事が動くことってほとんどないから・・・)
旦那も私もびっくり。



あとは、何事もなく無事にパソコンが戻ってきてくれれば、
もう言う事なしです。




ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。