This Category : クリスマス

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス 2009年 その4

2010.02.03 *Wed
これまでの記事はこちら

その1 その2 その3


クリスマスホリデー中、旦那両親の家が満室だったため、私達が泊まったのは、
旦那両親の持つコテージの1つ。

旦那両親は、コテージを島に3つ持っているんですが、
そのうちの1つは長期でとある家族に、
あとの2つは3月から10月の間は、週単位で旅行者に貸しています。
その冬の間使われていない2つのコテージそれぞれに、旦那兄とその婚約者、
そして私達が泊まりました。




さて、私達が泊まったほうのコテージは、
旦那家族にとってはとっても大切な意味のある建物でもあります。
この建物、もともとはローカルの新聞会社でした。
約30年ほど前に、旦那両親がこの島に引っ越してきた時に、
建物と会社(つまりビジネスごと)買い取り、その後25年間ほど、
家族で新聞会社を経営してきたんです。
2003年に旦那父が定年で仕事を辞め、
大手の新聞会社にビジネスを売り渡すまでは、
コテージと呼ぶには程遠い建物でした。

中はいつもインクのにおいが立ち込め、暗室があり、印刷室があり、
オフィスがあり、そこで数人のスタッフがいつもせっせと働き、
旦那父が記事を書き、毎週発行の地元の新聞を作り上げていました。

私も、遊びに行く日が新聞の発行日の前日と重なると、
必ずお手伝いをしていましたが、
旦那も小さい頃からここでいろんなことを手伝ってきたし、
10代の頃にはあちこちにカメラマンとして写真を撮りに行ったりしていて、
とにかく旦那家族が皆でやってきた新聞作りの思い出がいっぱいの建物なんです。

結局、子供達が誰も会社を継がなかったので、
新聞会社のほうは売ることになったわけですが、
建物自体は旦那両親の持ち物なので、最終的に会社が別の場所に移動し、
建物だけが残るという形になりました。



それから数年かけて、DIY好きの旦那父と、
知り合いの建築家(兼大工さん)の手により、今のコテージができあがりました。
旦那父は、かなりのDIY好きではありますが、
このコテージを始めて見た時はひっくり返りました。
知り合いの大工さんと一緒に改築したとはいえ、
かなりの部分は旦那父が関わったようで、
果たして旦那父をただの「DIY好き」と呼ぶにとどめておいてよいのだろうか・・・?
と今でも悩むくらいです。
いやもう、「大工さん」と呼んでもいいかもしれん(笑)。


2009-12-27+(9)_convert_20100204005322.jpg

もともとは2階建てだったのですが、そのうちの半分は床を壊し、
オープンスペースに。
そしてロフトを作り、そこをベッドルームに。
この螺旋階段は、旦那父の自慢の1つ。
もちろん、自分で取り付けました。

2009-12-27+(3)_convert_20100204005035.jpg

階段を上るとこんな感じ。
写真を撮ったのが出発日の朝だったので、
ベッドシーツ取り外した後ですが・・・。

2009-12-27+(2)_convert_20100204005005.jpg

上から下を見るこんな感じ。

2009-12-27+(7)_convert_20100204005234.jpg

キッチンの写真を撮ろうとしているのに、どいてくれなかった旦那。
「顔写してブログに載せるよ~。」
と言ったら、後ろ向きで包丁を持って踊りだした(苦笑)。
このキッチンのタイルも、1枚1枚旦那父が張っていったものです。

2009-12-27+(5)_convert_20100204005136.jpg

コテージ中、旦那母が集めた(主にチャリティーショップで)
かわいいものがいっぱい。

2009-12-27+(4)_convert_20100204005106.jpg

これも旦那父の自慢作。
ダイニングテーブルは、何と昔の足踏み式ミシンを改造したもの。
これ作るのすっごく大変だったみたいです。
それから、椅子は全部教会で使われていたものです。
よく見ると、後ろに聖書を入れる部分があるのがわかりますか?
(そして聖書が入ってますが(笑)。
長い方の椅子も教会の物。
32番って列の番号が入ってます。

2009-12-27_convert_20100204004855.jpg

リビングエリアはこんな感じ。
なんといっても、いちばんの目玉はこのステンドグラス。
旦那両親が、新聞会社の思い出をこの建物に残すために、
過去の新聞の中から何枚か写真を選び、
地元のステンドグラス作家に作ってもらったものです。

コテージとして見ても、素敵な建物なんですが、
過去の新聞会社時代を知っている私にとっては、
また別の意味で素敵な建物だし、ここでずっと旦那両親の働く姿を見て、
そして一緒に手伝って(育って)きた旦那にとっては、
とっても思い入れのある建物。

今回、クリスマスホリデーをここで過ごせて、
(旦那両親の家に毎日通うのは大変だったとは言え)
本当によかったです。




って、実は、床下暖房がついていて快適だったからというのが、
私達がここに泊まる事に決めた一番の理由だったりもして・・・(笑)。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
CATEGORY : クリスマス
COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

クリスマス 2009年 その3

2010.02.02 *Tue
過去記事はこちら
その1 その2


今年のクリスマスは、旦那両親の家に、旦那兄とその婚約者、旦那妹家族、
旦那妹の義理の母、そして私達が集まりました。

毎年恒例のクリスマスイブの夜のミサは、今回はなし。
赤ちゃんが2人いたし、道も凍ってたし、
私達は危ないから歩いて教会には行かないと最初から決めていたし、
結局皆、「じゃあ、今年は辞めようか。」ということに。

そして、クリスマス当日の朝。
旦那実家では、暖炉の所に吊るした靴下の中に、
サンタクロースがプレゼントを入れておいてくれてたみたいですが、
私達は旦那両親のもつコテージに泊まっていて、暖炉がなかったので、
キッチンの扉の中にプレゼントがおいてありました。
クリスマスの3日前に、旦那母が、
「サンタクロースから預かってきたのよ。」
と言って、そこにプレゼントを入れているのを見ていたので(笑)、
朝起きていちばんにプレゼントを開けました。


ちなみに今年は、私から旦那へのプレゼントは眼鏡。
そして、旦那から私へのプレゼントも眼鏡。
でも、年が明けてから買いに行く予定をしていたので、
クリスマス当日は何にもなし。




朝ごはんを食べて、凍った道を旦那実家まで歩いて行きました。


旦那家族のクリスマス恒例の行事は、ウォーキングです。
あったかい飲み物(アイリッシュコーヒーとか)を魔法瓶に入れて、
せっせとウォーキングに出かけます。
天気が大丈夫だと、3~4時間の長いウォーキングになることもあるのですが、
今年は、赤ちゃん2名、妊婦1名、しかも道はがちがちに凍っていたため、
いつもよりは短いウォーキングになりました。
(というよりは、
子連れの旦那妹夫婦と私と旦那母が途中でリタイヤした形になったのですが(苦笑)。

で途中から家に引き返す組と、
このままウォーキングを続ける組に分かれました。


そうそう、お楽しみのアイリッシュコーヒーは
(と言っても私は飲めないんですが(涙)
旦那妹がリュックから魔法瓶を出してすぐに落としたため、
そしてそれが昔の魔法瓶だったため、中のガラスが割れてしまい、
そのままゴミ箱行きになりました(涙)。
皆、かなりショックを受けていたな~。
旦那妹も必死で謝ってたし(笑)。
無事だったもう1つの小さいほうの魔法瓶から、
全員一口ずつという条件で分け合って飲む羽目になりました。




その後、旦那両親の家に、着替えて3時集合ということになり、
私達はいったんコテージに戻り、クリスマス用の服に着替えて出発。
それなりにちゃんとした服に、でも足元はハイキングブーツで(笑)、
またまた凍った道をてくてく。

そして全員集合したところで家族の集合写真を撮り、
いよいよお楽しみのプレゼントを開ける作業に入りました。
今年も皆、いろいろと私のことを考えてくれてて、
本当に役に立つものをたくさん頂きました。

それから、クリスマスディナーが始まりました。
今年は、ターキーではなくて、
Three Bird Roast とか言われるものを、
旦那母が用意していたんです。
なにやら、七面鳥の中に、キジ、そしてその中に鴨が入ってるとか・・・。
(順番違ったかも・・・だけど)。
それのローストディナーでした。
とってもおいしかったけど、骨がほとんど入ってないので、
カービングしにくいことと、
食べてみてもどれがどの肉なのかがわからなかったというのが難点でしたが。

その後はクリスマスプディング。
でも、私は苦手なので、
もう1つのデザート、チョコレートルーラード(ロールケーキみたいなもの)を
頂き、満腹に。
まだ更に、ビスケットとチーズとポートワインを楽しむ1部の人達を横目で見ながら、
私と同じところで食べることを辞めた旦那と旦那母と一緒に後片付けに入りました。


本当はその後、リビングに移動して、恒例のゲーム・・・だったんですが、
私、もうこの時点でありえないくらいに疲れてしまって、
結局後片付けの後コテージに戻りました。


そんな訳で、2009年のクリスマスが終わりました。

いろいろな面で大変だったし、とにかくすごく疲れたんですが、
それでもとても楽しかったです。




ただ1つ反省する点は・・・・・




写真を撮ってないこと。



クリスマスのことを書いた記事なのに、何て地味なんでしょう(笑)。




次回は、私達が泊まった旦那両親のコテージの写真を載せます。
最終日、
「やばい~、写真あんまり撮ってないよ~。」
と焦って、せめてコテージの写真だけでもと撮りまくったんで・・・。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : クリスマス
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

クリスマス 2009年 その2

2010.02.01 *Mon
その1はこちら



クリスマスホリデーの期間中、旦那両親の住むスコットランドのとある島は、
本当に寒かったんです。
それから雪も積もりました。
これは結構珍しいことなんです。


毎日が氷点下の世界。
当然、どこもかしこも1日中凍った状態。

そんな中を、泊まっていたコテージから旦那両親の家に向かって毎日歩くのは、
並大抵のことではありませんでした。
特に到着した日は、
こちらでは凍結防止の為によく撒かれる融雪剤がまだ撒かれておらず、
歩道も含めてまさにアイスリンク状態。

旦那につかまりながら、ペンギンのような格好で歩きましたが、
本当に怖かったです・・・。
(特に妊娠中な為、転びたくないというよりは転べないし・・・。)
普段は15分で歩けるところ、40分はかかりました・・・。

歩道に関しては、翌日融雪剤が撒かれたので、少しましな状態にはなりましたが、
ところどころが凍ってるのでやはり気は抜けませんでした。

そしていちばん大変だったのは、旦那両親の家の敷地に入ってから。
家の前が庭になっているんですが、結構な上り坂なんです。
車道の部分はもうつるっつるで、車も上まで上がれず・・・。
もちろん人も・・・(笑)。
で、まだ少しましな芝生の上を、
ざくざくと雪を踏みしめながら上っていくんですが、
雪といってもかなり凍った状態なので、これはこれで危険。

毎日、お昼頃に旦那両親の家まで歩いて行って、そこで時間を過ごし、
夕飯を皆で食べて、しばらくして帰ってくるわけですが、
夜疲れて、今すぐにでもベッドに入って寝たい!という中、寒い外に飛び出し、
凍った道を神経を使いながら歩くのは、はっきり言って













めっちゃ辛かった












です・・・。
そのため、今回のクリスマス休暇は、楽しかったけど、
楽しくなかった・・・。
複雑な感じでした。



「どうして、車で誰も送ってくれなかったの?
そんな危険な中、妊婦さんを歩かせるなんて。」
と思われるかもしれませんが、こちらの車、
ほとんどがスタッドレスタイヤを付けてません。
ていうか、持ってる人は珍しいと思います。
そこに加えて、皆お酒も飲むから、
危険度に関しては歩くのと変わらないんですよね(苦笑)。

ま、何事もなく無事でよかったです。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : クリスマス
COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

クリスマス 2009年 その1

2010.01.21 *Thu
もうそろそろ1ヶ月が経つんですが(汗)・・・
いまさらクリスマスの記事だなんて・・・いいんですかね・・・
いいですよね。
だって、結構ネタがあるんだもん(笑)。



先月のクリスマスは、旦那の実家、スコットランドのとある島で過ごしました。
出発当日は雪で、朝早かったこともあり、
贅沢にバスではなくタクシーで駅まで。

でもやっぱりね。
電車は遅れてました。
雪に弱いイギリス、ちょっと雪が積もるともう完全に麻痺しますから。
電車はホームにあったんですが、車掌がいないという理由で、
1時間くらい待って出発(笑)。

それから、またどこかの駅で降ろされて、1時間待ち。
でも、2時間の遅れでグラスゴーに着いたので・・・
これは全然いいほうです。

そこから電車を乗り継ぎ、フェリーの出る港へ。
そしてフェリーに乗って島に着きました。

フェリーを降りると、すごい風と雪交じりの雨。

なのに、私達を迎えに来てくれていた旦那父と旦那妹は、
車ではなく徒歩でだった!!!
それも赤ちゃん2人連れて!!!
(あ、あとココ(犬)も)
(ちなみに旦那実家からフェリー乗り場までは、片道歩いて20分)

薄暗い中、
ずぶ濡れで突っ立っている2人+2台のベビーカー+犬1匹が遠くから見えた時は、
旦那と苦笑いしちゃったよ・・・。
確かにウォーキング大好きな家族だけど、何もこんな日に歩かなくても・・・。




では、私達はこの大雨の中、
大荷物を持って20分かけて旦那実家まで歩いたのかというと・・・。

そうではないのです。
さすがに妊婦にそこまではさせまい。

今回のクリスマス、旦那実家は子供のいる旦那妹家族と、
他のお客さんで満室(笑)だったので、
私達はフェリー乗り場から徒歩2分という絶好のロケーションにある、
旦那両親の持っているコテージに泊まったのです。
その日も私達は到着後すぐにコテージまで歩きました。
(お迎え軍団は雨の中20分かけて戻って行ったが・・・)



ていうか、お迎え軍団って必要だったのか???
最初は、旦那父がコテージの鍵を持ってきてくれたんだろうと思っていたら、
何とコテージには車で旦那母が来ていて、私達の到着を待っていたし(笑)。
未だにあのお迎え軍団の必要性があったのかどうかがわからない私・・・(笑)。



コテージは島に3つあって、1つは、とある家族に貸しているのですが、
あとの2つは春から秋にかけては旅行者に週単位で貸しています。
冬の間は使われていないので、私達と、
旦那兄(とその婚約者)はこの2つのコテージのほうに泊まりました。


このコテージに泊まるのは2回目なのですが、これがとっても快適なんです。
なんというか、旦那実家に泊まるのとは違って、自分達の空間ができるので、
楽だし。
朝ごはんは自分達でゆっくり食べて、お昼頃に旦那実家に行って、
皆でいろいろやって、
夕飯を食べて楽しく時間を過ごして帰ってくる。
皆とも一緒に過ごせて、でも自分達の空間もあるので、ちょうどいい感じ。
ほどほどにプライベートが確保できるから。



ただね~、今回大変だったのは、このコテージと旦那実家の行き来です。
片道15分、たいしたことない距離なんですが、
今回はそうはいかなかった・・・。
もうほんっとうに、すごいストレスになったんですよ・・・。


その話はまた今度・・・。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : クリスマス
COMMENT (5)  TRACKBACK (0) 

2008年のクリスマスは

2008.12.30 *Tue
今年のクリスマスは、私が仕事で休みが取れなかったため、
旦那の実家(スコットランド)へ行くことが出来ず、
学生がほとんどいなくなり、めちゃめちゃひっそりとした大学の寮で、
旦那と2人で過ごしました。

私は朝からお昼過ぎまで仕事をし、家に帰り、予定通りウォーキングへ。
2008-12-25_convert_20081230234658.jpg
田舎のくねくね道を通り、いつもの運河沿いの道へ。

どろどろ
予想通りどろどろ・・・。

2008-12-25+(7)_convert_20081230234832.jpg
寒かったけど、天気がよかったクリスマス。

2008-12-25+(8)_convert_20081230235033.jpg

2008-12-25+(10)_convert_20081230235116.jpg
運河は相変わらずいつものように穏やか。

2008-12-25+(11)_convert_20081230235154.jpg


もちろん辿り着く先は1軒のパブ(笑)。
ここでビールを1杯飲んで、帰路に。

家に着き、冷え切った体をシャワー(お風呂のほうがいいのだけど、
お風呂がないので・・・(涙))であたため、
いただいたクリスマスプレゼントをあけました。
プレゼント
たくさんの素敵なプレゼント、感謝しています。


夕飯は旦那が作ってくれました。
今年は仕事だし、旦那の実家にも行かないし、
家にはオーブンがないので、
クリスマスディナーという点では全く盛り上がっていなかった私。
そして何の計画も立てていなかった私。
クリスマスの数日前に
「25日の夕飯は僕が作る。」
と旦那が言ってくれた時は、本当に嬉しかった。

でも、旦那も忙しく、なかなか買い物に行けないまま、
24日にやっと大学のお店に行ったのだけど、
もうほとんど何もなかったらしい。
(こちらでは25・26日はお店は閉まるのです。)
鶏肉さえも手に入らず、結局ソーセージで(笑)、
こんなのを作ってくれました。

クリスマスディナー?
大学で昔、化学を勉強したからか、どうも

料理=実験

と思っているようなところがあり、普通に作れば普通においしいのに、
いつもなにか変わったことをしでかす旦那。
今回は、冷蔵庫の中に入っていたグレープフルーツジュースを
もうすでにおいしく出来上がっている料理の中に入れてしまった。

「何でグレープフルーツジュースを入れたの。」
と聞いたら、
「冷蔵庫を開けたらそこにあったから。」
と答えが返ってきた。
「じゃあ、オレンジマンゴージュースが入ってたらそれを入れたの?」
と聞いたら、
「うん。」
と。




味のほうは、おいしかったです。
でも微かに、というよりは、
結構香っていたグレープフルーツジュースの香りはなくてもよかった(笑)。


だけど、多分一生忘れることはないであろう、
記憶に残るクリスマスディナーを作ってくれた旦那、
どうもありがとう。

それから、
「今年のクリスマスはお互いへのプレゼントはやめておこうよ。」
という事前の取り決めをしっかりやぶって、
ちゃんとプレゼントを用意してくれた旦那、こちらもどうもありがとう。
私はしっかり約束を守り、何も用意しなかった・・・ごめんね(笑)。








にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : クリスマス
COMMENT (5)  TRACKBACK (0) 


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。