This Archive : 2008年10月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さささささ

2008.10.30 *Thu
さ~む~い~~~






今週に入り、真冬に突入した感じ。
週末でサマータイムも終わったし・・・
(ていうか、この寒いイギリスにおいて、サマータイムって・・・。
サマーって・・・。なんか違和感あるけど。)




それはさておき、昨日の朝は仕事に行く時、道が凍っててびっくり!
滑らないようにゆっくり歩いたので、通勤時間がいつもの2倍に!















職場まで徒歩1分かかるところ、2分もかかってしまいました(笑)。






にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
CATEGORY : 日記
COMMENT (8)  TRACKBACK (0) 

英国あちこち -Edinburgh(エジンバラ)- その1 

2008.10.30 *Thu
週末、エジンバラに行ってきました。
旦那妹夫婦、旦那兄がエジンバラに住んでいるのですが、
旦那兄は来月から半年ほどイギリスを離れます。
それで、旦那兄が出発する前に皆で会おうということになり、
約1年半ぶりにエジンバラへ。

エジンバラは、ちょっと住んでいたこともあるのですが、
イギリスの中で私がいちばん好きな街です。
雨が降っていても、恐ろしく寒くても、暗くても・・・
なぜか素敵なところ。

金曜日の朝うちを出発し、お昼頃にエジンバラに到着しました。
旦那妹がもうすぐ9ヶ月になる息子を連れて迎えに来てくれました。
甥っ子A、この前会った時よりも大きくなっていて、
かわい~。

旦那妹夫婦の家でお昼を食べた後、雨の降る中、歩いて街へ出ました。
旦那妹夫婦は街の真ん中に住んでいて、
中心までは徒歩20分くらいで行けるのです。

それにしても・・・・・思ったより寒い・・・。
天気も悪いし・・・。
完全防備でベビーカーにおさまっている甥っ子Aがうらやましい。
旦那妹に手袋を借りて大正解でした。
ジーンズは濡れたけど・・・。



で、街へ出て何をしたかというと・・・。
観光エリアでもあるエジンバラ城や、ロイヤルマイルや、
その他もろもろのところへは寄り付きもせず、











ジョンルイス













へ行っただけ(笑)。

ジョンルイスはイギリスのあちこちにあるデパートです。
わざわざエジンバラまで行って、いきなりジョンルイスって・・・。

でも、旦那妹と旦那妹旦那の仕事の関係で、
1部の商品を45%割引で買うことができたのです。
そのために店内をうろうろしに行ったのですが、結局何も買わず、
カフェでお茶をすることに。




さて、カフェで飲み物を注文するために列に並んでいたのですが、
ここでいきなり甥っ子Aがころんっと見事にベビーカーから落ちてしまい、
一瞬冷や汗。
甥っ子Aも泣き出してちょっと心配したのですが、
怪我もなく大丈夫でした。
これからどんどん行動範囲が広くなり、
いろんな動きをするようになる甥っ子A。
目が離せなくなりそうです。



カフェでコーヒーを飲み、家に戻りました。
実はこの日のメインイベントはこの後なんです。
旦那妹の友達が家に来てくれるので、甥っ子Aはその人に任せて、
旦那妹夫婦、旦那兄とその彼女と友達カップル、
私達で、
これぞスコットランド!
ともいえる私の大好きなあれに行ってきました。


-続く-











にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

フライパンで

2008.10.21 *Tue
まさかできるとは思ってなかったのですが・・・。
作っちゃいましたよ。









に・く・ま・ん









しょっちゅうお世話になっているレシピのサイトクックパッド
ここはほんと、何でもあるな~と改めて思いました。

去年からかかっている
「肉まん食べたい病」
をそろそろ何とか治さないと・・・と思い始めたものの、
うちには蒸し器がなく・・・。
まさかと思って調べてみたら、普通に出てきました、
フライパンで肉まんのレシピ。

私が参考にしたのはこちら

うちには麺棒もなく、
手で延ばしたので予定よりも時間がかかってしまったけど、
肉まん、無事に出来上がりました。
感激♪


肉まん










にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : レシピ
COMMENT (10)  TRACKBACK (0) 

もうそんな時期か・・・

2008.10.20 *Mon
昨日旦那母から手紙が届きました。
そこに、
「先週クリスマスケーキを作ったのよ~♪」
と書いてあり、急に私の中にも焦る気持ちが・・・・・。

(イギリスのクリスマスケーキについてはこちらの過去記事をどうぞ)

毎年のことながら、クリスマスカードの準備、プレゼント選び、
それらの包装、送る場合は梱包、
は大変ストレスのたまる作業でもあります。
そこにあわせてうちの場合は、11月に旦那と姪っ子の誕生日、
12月に甥っ子の誕生日、日本の知人・友人への年賀状書きと、
更に追加されるイベントがあるので、ストレス度も更にアップします。

毎年、今年こそは早めに済ませてしまおうと心に誓うものの、
いつもいつも、クリスマスぎりぎりまでカードを書いたりしているぐび夫婦。
なので、今年はここに断言します。













今月中にクリスマスカードを購入する

11月中にはプレゼントを買い揃える

12月に入ったら即効郵送しちゃう














そしてストレスフリーの

12月を送るのだ~。




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 日記
COMMENT (7)  TRACKBACK (0) 

こんな手紙が届くとは・・・

2008.10.19 *Sun
昨日、大学から私宛に手紙が届きました。
私は学生ではないので、通常大学から届く手紙は全て旦那宛です。
だから、私宛ということは、中身は、
先週から始めたドイツ語コースに関するものに違いないということは、
封筒を開ける前からわかっていました。
先週の最初のレッスンで、教科書を購入し、
たまたまお金を持っていたので、その場で払ったため、
「きっと領収証が送られてきたんだ。」
と思いつつ、中身を確認しました。

入っていたのは、小さい紙切れが1枚。
普通の手紙サイズの4分の1の大きさのものでした。
思ったとおり、ドイツ語コースに関するものでした。
なぜなら、太字で
ドイツ語コース
と書いてあり、
もちろんいちばんにそれらの文字が目に飛び込んできたからです。

さて、次に私の目に入ってきたのは

apologies

という単語でした。

この単語を見た瞬間に、背筋を嫌~な予感がかけぬけました。




apology

には

お詫び

と言う意味があります。

この単語が手紙に書いてある時点で、
この手紙には何かよからぬことが書かれていること、
そしてそのことを誤る内容のものだということが、
中身を読む前に想像できました。

この時点で私の頭の中にあったのは、




ドイツ語コースがキャンセルになった




ということでした。
お詫びの手紙が来るなんて、他に理由が考えられなかったのです。





「せっかく習い始めたのに~、信じられない・・・。」

という気持ちの中、手紙を最初から読み始めました。














ら・・・。














「来週から教室が変更になります。」














って。




それだけのことが書かれていました。




たった、それだけの話なのに、最後を締めくくる文は










このことで、生徒の皆様にご迷惑をおかけするようなことになったり、
落胆させてしまうことになる件について、お詫び申し上げます。














って。













ええぇぇぇ、そんなに誤らなくても・・・。



だいたい、部屋がかわることは、
最初の授業の時にすでに先生からも説明があったし、
かわるって言っても




14番教室から15番教室に変わるだけ・・・・・。














そう、隣です(笑)。









迷惑でもなんでもないし、これで落胆する人もいません。
むしろ、大きい教室になるので(この前の教室はちと狭かった)、
うれしいくらいです。

隣の教室にかわるだけだし、当日張り紙でも充分。
なのに、こんなご大層な手紙、わざわざ切手代まで出して、
生徒全員に送るとは・・・。








もっともっと大切なこと(電話線を早く開通するとか、
キャンセルした携帯電話会社から
いつまでたっても請求書が届くとか・・・)は全然対応しきれてないのに、
こんなどうでもいいことに必要以上の労力を費やす・・・
謎多き国、英国です。










にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 英国の謎
COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

チャリティーショップでいいものを手に入れるには

2008.10.18 *Sat
以前、チャリティーショップについて書きましたが(記事はこちら
チャリティーショップでいいものを手に入れるには、
定期的に足を運ぶということが大切です。
当たり前の話ですが、いい物はすぐに買われていきますから。

私は週1の割合で街に行くので、大抵、天気が悪くなければ
(ていうか、大抵天気悪いけど・・・)
ゆっくり時間をかけて街をうろうろするので、
チャリティーショップにもよく立ち寄ります。
かかさないのは、古本を扱っているところ。
いつも必ず楽譜コーナーをチェックするためです。
あとは、大学内にあるお店にもよく行きます。
でも、たくさん足を運んでいても、実際に買うことは少なく、
私もこの1年間で4・5回くらいしか、物は買ってません。
だけど、それが楽しいんです。
めったにいいものや自分が欲しいものにはめぐり合えないからこそ、
めぐり合えた時の喜びが大きい。

ちなみに最近買ったのがこれ。

ティファールの鍋&フライパン4点セット。
状態かなりよし。

お値段全部で4ポンド(約700円)。
ちょうど小さめのサイズのが欲しかったところだったので、
迷わず購入♪






にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (3)  TRACKBACK (0) 

ドイツ語

2008.10.16 *Thu
昨日からドイツ語を習い始めました。
ドイツ語は、実はもう6年位前からず~っと習いたかった言語です。
旦那が昔ドイツに住んでいたことがあって、ドイツ語をしゃべるので、
なんとなく興味がわいてきて、
機会があったらぜひ・・・と思っていたのですが、
なかなか機会がなくて・・・(苦笑)。
ていうか、英語とか中国語のクラスって割とどこにでもあるけど、
ドイツ語ってなかなかないものなんです。
ニュージーランドに住んでた時も、日本でも、結構探したんですけど、
あっても遠すぎたり、時間が会わなかったりで、
ずっと実現できずにいましたが、
ついに今住んでる大学でちょうどいいコースを発見!!!













したのは、1年前のこと。
即効申し込んだのだけど、人数オーバーで入れず・・・(涙)。
その後、4月から始まるというクラスに、2ヶ月も前の2月に申し込み、
学費も払い、楽しみにしていたところ、コース開始予定日の前日に
「参加人数が足りないので、コースがキャンセルになりました~。」
っていう電話(号泣)。





だから、本当に待ちに待ったドイツ語のクラスなんです。
なんと、毎週1時間半のレッスンが19回で、
98ポンド(約17,000円)という驚きの授業料。
先生はドイツ人。
生徒は全部で14人。
半分がイギリス人で、残りはいろいろ。
昨日は最初のレッスンで、挨拶や数字など基本的なことをやりましたが、
雰囲気もよかったし、めちゃくちゃ楽しかったです♪




ドイツ語は、英語と同じグループに属している言語です。
そのため結構似ている点が多いのです。
だから、ドイツ語を勉強するなら、日本語を通してやるよりも、
英語を通してやるほうが絶対にいいような気がしていたのですが、
昨日の授業を受けてみて、やはりそのとおりだと思いました。




初心者向けのクラスで、
今から半年でどの程度上達するのかはわからないけど、
やっとたどり着いたドイツ語のコース、楽しんでやっていきたいです。





にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 日記
COMMENT (5)  TRACKBACK (0) 

有名人のお客様

2008.10.15 *Wed
ホテルのレストランで働いているのですが、
昨日は朝からジェネラルマネージャーMr.Bが
やたらとレストラン内をうろうろしていました。
いつもうろうろしているMr.Bですが、
昨日はいつも以上に朝食の時間帯に
レストランを集中的にうろうろしていたので、
何気に気になってはいたのです。

でも、そんなことを考えている暇もないくらい忙しかったので、
私はいつもどおり仕事をしていました。
そして、忙しさのピークが去って、
スタッフの間にほっと一息つける雰囲気が広がった時に、
「今朝はテレビに出てる有名な人達が来てるから、
Mr,Bがうろうろしている。」
という情報が私の耳に入ってきました。
いったい誰だろうと思っていたら、
スタッフの1人がその有名人が座っているテーブルを
そっと教えてくれました。



















えええええええ、

あの人が?????


















あのもじゃもじゃ頭の人が?????












あの人はさっき私が対応した人ではないか・・・。
コーヒーがほしいと言うのでコーヒーを持って行ったし、
その後コーヒーのお代わりがほしいと言うので、
またコーヒーを持って行ったし。
しかもお代わりを私に頼んだ時、
「コーヒーもう1杯もらえるかなぁ。」
って、私の腕に手をそっと置いたので、



















いやん、もじゃもじゃ頭の暑苦しい変な親父~














って、ちょっと思った人だよ(汗)。














だけど、テレビに出てる有名人と言われても、ぴんと来なかった私。





が、今朝またそのもじゃもじゃ親父(失礼?)がいて、
その隣に座っているもう1人の人を見て・・・・・




思い出しました。
そのもじゃもじゃともう1人がやってる番組を。
1-2回しか見たことないけど・・・。

仕事で来てたのでしょう。
他にもスタッフらしき人達が何人か一緒にいたし、撮影か何かかなぁ?









どうせなら、ジェームズ・マカヴォイとか来ないかなぁ・・・。
(来る訳ないない・・・。)







にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 英国 職事情
COMMENT (3)  TRACKBACK (0) 

そういえばこんなことも・・・

2008.10.13 *Mon
今回、久しぶりに風邪をひいたことによって思い出した
「大晦日に見たゾンビのお話」
を前回のブログに書きましたが(記事はこちら)
実はもう1つ思い出したことが・・・。




それは、ちょうど風邪をひき始めたクリスマス直後の頃のことです。
1日に3回散歩に行く連れて行ってもらえる
旦那両親の飼い犬ココ。
その日は風邪の症状がひどい旦那に代わり、
風邪の症状がそれほどひどくない私が朝の散歩に行きました。
雨が降っていたので、近場でいいだろうと思い、
今まで行った事のなかったコースを選びました。
ここは、旦那父が、
「もし天気が悪かったら、このコースがいいよ。
木におおわれてるし、あまり濡れないからね。」
とお勧めしてくれていたところです。
私自身も熱っぽかったので、さっと行ってさっと帰ろうと思い出発。
木におおわれた狭い道を登って、10分ほど歩くと、
開けたところに出ました。
そしてそこで生まれて始めて目にしたのは









芽キャベツ畑









いやいや、
スーパーではよく見る芽キャベツがあんな風に育っているものだとは・・・
田舎育ちの私ですが、びっくりしました。

♪気になる方はこれらの画像をご覧ください
 (ウィキペディアへのリンクです。)
 
 芽キャベツってこんなん
 芽キャベツ畑
 まさかこんな風に育ってるとは・・・





ちょっぴり感動したあと、ココとさっさと帰路につく私。
途中ココがしっかり大きい方も済ませてくれたので、これで一安心と、
歩いて戻りました。






このあたりから私の体調もかなり悪くなっていました。
やっとこさ家に到着し、
「さあ、ゆっくりするぞ~。」
と思ったのですが・・・・・。








・・・・・。














に、におう。







嫌な臭いが漂っている・・・・・。







間違いない、ココの大きい方のにおいだ。









やばい~。








と、あわててココを玄関に連れ戻し、体中をチェック。
多分大きい方をもよおした後に足で土を蹴った時に、
体にブツがついたのでしょう。
念入りに体中を調べました。
が、それらしい汚れが見当たりません。
急いで旦那を呼び、
「ちょっと~、ココを臭ってみて~。」
とお願い。
嫌がる旦那でしたが、恐る恐るココに鼻を近づけて確認してくれました。
そして一言。
「なんも臭わないよ。」
と。







・・・・・。








ちょっと待て、私にはまだ匂う(汗)。








となんだか嫌~な予感がする中、自分の足元を見た私。
そして、臭いの素発見(涙)。
はいていたジーンズと、靴と、
靴の裏にまでばっちりついてました~(号泣)。
ああ~、ココに引っ掛けられた上に、自分で踏んだなんて・・・。
確かに今回の散歩コースは道が狭かった。
1部、道がなかったところもあったよ・・・。
一応気を付けていたつもりだったけど、
私も風邪でしんどくてボーっとしてたからな~。
などと考えながら、ジーンズの汚れを落とした後に洗濯機につっ込み、
ハイキングシューズを洗うために、真冬の寒い中、雨が降りしきる外で、
歯ブラシ片手に靴掃除。
それを横に来て見守るココ。
しかもなかなか落ちない頑固な汚れ・・・。
ていうか、靴底のぎざぎざ模様の中にしっかり入り込んでいたため、
歯ブラシを使ってもなかなか届かず・・・。
1度は
「もういい。新しいの買う。」
と諦め、靴をビニール袋に入れ外に放置したけど、
「ハイキングシューズ、買ったら高いよな~・・・。」
と思い直し、また翌日せっせと靴洗いに励んだ私でした。







にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 動物達
COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

大晦日に見たゾンビのお話

2008.10.12 *Sun
ついに風邪をひいてしまいました。
最近私の周りで風邪をひいている人が多くて、
「風邪がはやってる~。気をつけなきゃ~。」
って思ってたら、自分もばっちり・・・。
今朝は朝から喉が恐ろしく痛くて、熱っぽい・・・。
幸い、今日明日とお休みなので、
出かけずに家でゆっくりしようと思ってます。

さて、私は風邪といえば喉って言うくらい、いっつも喉にくるタイプで、
しかもそこから気管支がやられ、
咳が何ヶ月も続いたり・・・っていうパターンに陥ることが多いのですが、
イギリスに来て以来、気管支絶好調。
日本から持ってきた、
大量のアレルギーの薬(どうもアレルギー性のものらしいから)も
まったく出番なしで、引き出しの奥に追いやられている状態。
だから今回も
このまま何事もなく治まってくれることを願っているのですが・・・。

そういえばこの前風邪をひいたのは、
2007年のクリスマス後からお正月にかけて。
特に大晦日はピークでした。
微妙な熱が何日も続き、いらいらしていた大晦日。
旦那両親はイングランドの旦那祖母の家に
お正月を過ごすために出かけていたので、
私と旦那の2人でのんびり年末を過ごすはずだったのに、
毎日私は体がだるく、何もやる気が起きず、
といってベッドで寝ていてもちっとも楽じゃないし・・・と、
まるでゾンビのような状態で、家の中をうろうろし、
無理して料理をしたり(寝てるのに飽きたから)、
ジグソーパズルをやったり(たまたまあったから)、
とにかく早くこの風邪よ去ってくれ~と思いながら、
毎日を送っていました。

大晦日の日の夕方、寝てるのにも、本を読むのにも、
パズルにも飽きた私は、旦那に暖炉をつけてもらい、
その前に椅子を移動させ、
毛布に包まれた状態でテレビのスイッチを入れました。
4つしかないチャンネルを順番に回し、
当然4つしかないのですぐに1回り終了したのですが(笑)、
その中に朦朧とした状態の私の目を釘付けにした番組がありました。

いや、そもそもこっちのテレビ番組は日本と違って、大晦日、
お正月一色という感じはまったくなく、
いたって普通の番組が放送されていたのですが、
この番組を見たときはびっくらこきました。
なにせ、風邪でボーっとした頭で見てたので、
具体的なことは覚えてないのですが、
それはドキュメンタリータッチのもので、テレビ画面に映っていたのは、













たくさんのゾンビの方々













「いかにしてゾンビになるか」
みたいな番組で、歩き方、メイク、
人間の襲い方などなどの説明がなされていた。
「足は引きずって歩きましょう。」
とか・・・。








なぜに、それも大晦日の日の夕方に、
ゾンビに関する番組をやっていたのかはわからないが、
「ああ、日本だとこの時間帯はもうすぐ紅白が始まる頃だよな~。」
などと思いながら、
私は画面いっぱいに歩き回るゾンビになりきった方々を見ながら、
大晦日を過ごしていました。













その後、
あれは、幻だったのか?
風邪をひいていた為に見た幻覚だったのか??
などと気になったので、ネットで調べたら、
やはりそのような番組が放送されていたということが判明
(そんなん調べなくても・・・(苦笑))。




今回風邪をひいて、何気に思い出した出来事でした。






にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

Chick Pea Salad(ひよこ豆のサラダ)

2008.10.08 *Wed
イギリスの超有名料理研究家、デリア・スミスのレシピをアレンジして、
よく作るサラダです。
とにかく簡単なのに、どこに持って行っても喜ばれ、好評のこのサラダ。
本当にお勧めなので、ちょっとここでご紹介♪

レシピはこちら♪
デリア・スミスのホームページへ



私はこのレシピをちょっとアレンジして、
缶詰のひよこ豆、インゲン豆、葱、ケーパー、パセリ、
オリーブをガーリックマヨネーズと黒胡椒で混ぜるだけ。
今年は、BBQとか食べ物持ち寄りのパーティーの時に
よく作って行ったのですが、大成功でした。
本当に簡単にできるので、こればかり作ってたような・・・(汗)。

Chick Pea Salad
(奥にあるやつです。)





にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : レシピ
COMMENT (9)  TRACKBACK (0) 

土曜日のパーティの話

2008.10.06 *Mon
週末の土曜日は、2つ上の階に引っ越して来た旦那のオフィス仲間、
中国人MとそのフィアンセGの部屋であったパーティーに行ってきました。
何とパーティーの2日前に、
「お寿司を作って欲しい。」
と頼まれ、急遽材料を調達し、当日は朝から寿司作り。
突然だったので、街のスーパーまで買い物に行っている時間がなく、
大学内のお店に行ったんだけど、アボカドは石のように硬く、
他にも欲しいと思っていたものがそろわずで、何とか、ない知恵を絞り、
3種類用意しました。

♪スモークサーモンとクリームチーズ
♪かにカマのマヨネーズ和え、卵、胡瓜、人参
♪豚肉(コチュジャンで味付け)、卵、胡瓜、人参

2番目と3番目の具の中身がかなり(ていうかほとんど)
かぶっているところは気にしないとして・・・

日本食が結構好きなMが
「うちにお米も炊飯器も寿司酢もあるから、
寿司飯は用意しておくわ~。」
っと言ってくれたので
(よかった・・・うち炊飯器ないから・・・)
実際、具を用意して巻くだけだったので、楽だったんですが、
Mの家に行ってびっくり。









寿司飯がピンク色









じゃあ、あ~りませんか。




なんでも、
「お寿司がほんのりピンク色になる。」
とかいうパウダーを誰かにもらったらしく、
それを使ってかわいい色にしたらしい。
しかも梅味。




ああ、スモークサーモン&クリームチーズに合うだろうか・・・
とちょっと心配したけど、それほど強い味ではなかったので、
全然大丈夫でした。




ひそかに2年ぶりくらいに巻いた巻き寿司は無事成功。
皆寿司好きな人ばかりで、たくさん食べてもらえました。




さて、Mもいろいろな料理を用意してくれていました。
今までいろいろ話した感じでは、料理がすごく好きという印象があったM。
いろんなのを作るわよ~と言っていたので、かなり楽しみにしていた私達。
でも、いつだったかピクニックに行った時に、
全く味のないワンタンを揚げたやつとか、
パプリカのぶつ切りを持って来てたM。
だから、ちょっと不安もあった私達(笑)。




当日Mが用意したのは、カレー、ヌードルサラダ、
豚肉の炒め物(花椒た~~~っぷり)、
デザートにチョコレートケーキに見えるけど実はそうじゃないもの。

カレーはおいしかった(辛かったけど)。
ヌードルサラダもおいしかった。
でも、ちと組み合わせがおかしくないかい?
それに、このメニューにして、なぜに私に寿司を頼んだのか???
豚肉の炒め物は、残念ながらヨーロッパ人達の口には合わなかった。
皆、顔が引きつってた(笑)。
あの、山椒独特のピリピリ感が、辛かった模様。
私も苦手なので、ちと辛かった。
デザートは・・・・・。




聞いてびっくり、見てびっくり!!
うちと同様、オーブンのないM&Gの部屋。
すっごくおいしそう&おしゃれに見えたチョコレートケーキのその中身は、









食パン









だった。





食パンを、丸い型で切り抜き、間にジャムを塗って積み重ね、
まわりをヌッテラ(あの、朝ご飯によく使われる、
ヘーゼルナッツとチョコのクリーム)で、おおっただけ。
しかもおしゃれなトッピングまでしてあって・・・。




食べた瞬間に朝ご飯の味がしたのは、
気のせいでもなんでもなかったのです(笑)。




そう、この料理からも想像できるとおり、Mは大胆で、
怖いものなしといったタイプの女の子です。
そういうところが彼女のいいところ。
次は酢豚を作ってくれるそうで、今から楽しみ♪




ちなみに例のデザート、食パンを1枚1枚、
丸い型で切り抜いたのですが、
その残骸がたくさんお皿に積まれて、部屋の隅に置かれていました(笑)。






にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ




CATEGORY : 日記
COMMENT (8)  TRACKBACK (0) 

朝から疲れました・・・

2008.10.01 *Wed
パートで働いているホテルのレストラン。
開店が朝7時なので、スタッフは6時半から仕事を始めます。
宿泊客の数によって、スタッフの人数も代わるのですが、
どんなに暇でも最低3人は必要。
週末や宿泊客が特に多い日は、
6時半から5-6人のスタッフが入る時もあるのですが、
だいたいはスタッフ3人が6時半入り、その日の忙しさに合わせて、
8時から残りのスタッフが来ることが多いです。

私は、6時半から仕事に入ることがほとんどです。
今朝もいつもと同じように仕事に向かいました。
そしていつもするように、本日のメンバー表をチェック。
一緒に働くメンバーによって、仕事の進み具合がかわってくるからです。
若い男の子が多い日は、仕事がはかどりません(笑)。

そして今朝、6時半入りのスタッフのうちの一人は、
この若い男の子の一人でした。
そこへやって来たベテランスタッフのKが私に一言。

「M(若い男の子)は遅れてくると思うから、今日は猛スピードで動いて。」
って。

その時は10分か15分くらいの遅刻だと思っていたのですが、
結局現れたのは1時間半後の8時!
だから今朝は、8時になるまでスタッフ2人で働いたんです。
宿泊客約150人。
しかも8時前にたくさん来たし・・・。
6連休明けの私にとって、今日は恐ろしく疲れた1日になりました。




Mは、ベテランスタッフKにたっぷり叱られた様で、しかもKに
「ぐびにもちゃんと謝るのよ。迷惑かけたんだから。」
と言われたみたい。
だけど、誤りに来なかったよ・・・。
1度Kに謝られたかどうか聞かれたので、正直に
「いいえ。」
と答えた私(笑)。
多分そのあとにまたKは一言Mに言ったと思うんだけど・・・。




なんていうか、今日思ったのは、遅れたら謝るって、
普通言われなくてもすることなんじゃないかなということ。
日本だったら、若い子でもバイトで遅れたら、
素直に謝りそうな気がするんだけど・・・。
それも1時間半の遅刻だったら。
それとも今の若い子はそうでもないのかな・・・。
まあ、人によるんだけどね・・・。
甘いというか、
このMもあんまり悪いことをしたとは思ってないような気がした。

別に私は謝って欲しいわけではなかったけど、
Mにとっては今日は1つの社会勉強ができた機会でもあったのに、
謝らなかったということで、その大切な機会を逃したような気がします。




謝られたら
「大丈夫よ。そういうことは誰にでもあるから。」
って、心広いお姉さまとしての返事を用意して待ってたのに~。






にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 英国 職事情
COMMENT (7)  TRACKBACK (0) 


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。