This Archive : 2009年03月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな時には便利なあそこへ行こう!

2009.03.26 *Thu
それはもちろんチャリティーショップですよ。
イギリス中にある、そしてうちの大学内にもあるチャリティーショップ。
いつもいつもいいものが見つかるわけではないけれど、
こまめにのぞいていると素敵な出合いがあるお店です。

先月も旦那が見事にお皿を2枚割ってくれて、
学生生活で食器の少ない我が家にとっては大打撃。
明日からどうやって夕飯を食べるんだ?状態になったので(笑)、
翌日早速チャリティーショップに走りました。

そしてこちらのお皿4枚を1ポンドちょっとでゲット。

Plates

夜帰って来た旦那、このお皿を見て一言こう言いました。









なつかし~。









話を聞くと、約15年前に第1回目の学生生活を送っていた時に
使っていたお皿と同じデザインらしい!
それには私もびっくりしました。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
COMMENT (7)  TRACKBACK (0) 

緑の石のお話 完結編

2009.03.18 *Wed
これまでのお話はこちらを・・・。
緑の石のお話
緑の石のお話 沖縄で・・・


無事手元に戻って来た緑の石とともに、2007年2月、
旦那と私は日本を出てイギリスに引っ越してきました。

それから半年ちょっと経ったある日のこと。
旦那が通っていたジムから帰ってきてこう言いました。




「緑の石をなくした。いや、取られたかも・・・。」




と。




詳しく話を聞くと、ジムで泳いだりなんかする時は、
いつもペンダントをはずしてたらしいのですが、
それをジムの更衣室かロッカーのどこかに忘れたか、
あるいは誰かに取られたか、どちらかの可能性が高いとの事。
すぐにジムに確認を取ったらしいのですが、
そんなものは忘れ物としては届いていないと・・・。

まあ、例え旦那が忘れてロッカーに置いて帰ったんだとしても、
それを見つけた人がわざわざ取って置いてくれるだろうか・・・
そのままごみ箱にぽいっ・・・
なのでは?
という可能性がかなり高いんだけど・・・(苦笑)。

でも、ジムでなくしたということにはかなりの自信を持っていた旦那。
残念だけど、このときは潔く諦めました。
この状況で見つかるということはほとんど考えられなかったし。




そして、結局見つからないまま、引越しとともに旦那はジムを退会し、
今に至るのですが・・・。




実は、このネックレスをなくした数日後に、こんなことがあったんですよ。
それは・・・。









ジムのサウナで火災発生








その日、サウナに入っていたのは旦那1人。
いつものようにサウナでのひと時を楽しんだあとに外に出たところ、
なにやら目の端にちらちらと光が映るので見てみると、
何とサウナの裏が燃えてる!

慌てて更衣室の中で消火器を探すものの、見つからない。
それに誰もいない。
とっさに外に出て消火器を!
と思った旦那ではあったけれど、真っ裸だったらしく(笑)、
すぐさま冷静になってジーパンだけをはき、
廊下にある消火器を持ってせっせと消化作業に入り、見事無事に火を消し、
着替えを済まし、受付のところに言って






皆さん、先ほど男性サウナのところで火事がありましたよ。
私が消しときましたけど。







って。
一瞬ジムのスタッフ達はかなり慌てたみたいだけど、
火がもう消えたということで、大騒ぎにはならず、
旦那はそのまま帰ってきました。




旦那は、家に帰ってきてからしばらく、
「信じられない!火を消したのに、誰にもお礼を言われなかったよ~。」
とぶつぶつ言ってましたが、私が思うに、
旦那はあまり慌てるタイプの性格ではないので、
(いやもしそうだったら、火を消す前に大声で火事だ~!
と叫んでたに決まってる)
受付に報告に行ったときも、
かなり冷静だったはず。
まるで2年前にあった火事の話をするように、
落ち着いて報告したに違いあるまい。
受付の人達に
これはついさっき起こったことなんだ
という事態がわかる頃には、
もう旦那はジムをあとにしていたのだと思います(笑)。


旦那は家に帰ってきてからも冷静で、
「今日火事を消したんだよ~♪」
となにやらうれしそうでしたが、1歩間違えば大変なことになってました。
そもそも火災警報器が鳴ってなかったのはどういうこと?
何で更衣室に消火器がないの?
と、疑問も残るし・・・。
あともう少しサウナに長く入ってたら・・・
とか思うと、結構冷や汗ものです。


そしてふと思ったんです。
これはもしかしたら緑の石が守ってくれたのかも。
と。
緑の石の最後の仕事だったのかな。
ご主人様をお守りするという(笑)。

とにかく石をなくしたのは残念だったけど、旦那が無事で本当によかった。

今度またどこかで、素敵な石に出会える日が来るかも。
その時はまた同じようにペンダントを作れるといいな。





ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 未分類
COMMENT (5)  TRACKBACK (0) 

Little Gem Lettuce

2009.03.15 *Sun
リトル・ジェム・レタス
Little Gem Lettuce


大好きなレタスです。
Gemという単語には宝石という意味があるんですが、その名の通り、
小ぶりできゅっと引き締まった宝石のような形のレタス。

少し苦味があって、1枚1枚が割としっかりしているこのレタス。
サラダにして食べてももちろんおいしいのですが、
この前肉味噌を作った時にこのレタスが大活躍しました。
肉味噌を乗っけて食べるのに、ちょうどよい大きさ、
葉っぱがしっかりしているので食べやすいし。

と、ちょっとした発見をしました♪






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 英国 食事情
COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

今でも大切に・・・

2009.03.13 *Fri
旦那の実家に行くと、
大抵私達は旦那と旦那兄が子供の頃使っていた部屋に泊まります。
いまでも、2人の小学校の時の写真や、
工作で作ったものなどがちらほら飾られていて、
過去のいろんな思い出の品が見られる部屋です。

その中でも私が気に入っているのがこの子達。

2009-01-31+(2)_convert_20090314014251.jpg
両方とも旦那のものだそうで、赤ちゃんの時からのものです。
くまが着ているのは旦那母手作りの服(いやパジャマか?)です。
パンダは裸です(笑)。
そして目の周りの黒いところは毛がぼーぼー。
どちらも、かぴかぴした感がありますが(よだれ?)、
とても愛らしい子達です。
いつも2人仲良く椅子に座ってます。

私は最初、片方が旦那のでもう片方は旦那兄のものだと思ってました。
ら、違ったんですね。
でもこの子達以外には他に見当たらないので、
「なんで、うちの旦那のだけが残ってるんだろう?」
とひそかに疑問に思っていたら、この前旦那の実家に行ったときに判明。

旦那兄は、家を出る時に自分のくまも一緒に連れて行ったらしい。
彼の家で見たことはないので、
きっと大切にどこかにしまって(隠して?)あるんでしょう。




ということは・・・。




この子達はかわいそうに置いていかれた(汗)???




うちの旦那は実家を出て、ドイツに行ったり日本に行ったりしてたので、
さすがに一緒には連れて行けなかったのでしょう。

でも、こうやって今でも旦那の実家で幸せに暮らしてるので、
よしとしましょうか。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 未分類
COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

とある日曜日の話

2009.03.11 *Wed
ホテルのレストランでの仕事、私は朝食とランチの時間帯に働くのですが、
朝食に関してはお客さんは99%以上が宿泊客です。
たま~に、宿泊している人を訪ねてきた人が、
一緒に朝ご飯を食べるということはありますが、
わざわざここに朝ご飯を食べに来るという人は滅多にいません。

さて、いつだったか、久しぶりに日曜日に働いた時のことです。
この日は私がドア担当だったので、お客さんを迎え入れ、
席に案内していました。
そこへ、1人の初老の男性がやってきました。
背が高くがっしりした体型、おしゃれな帽子をかぶり、
来ているロングコートもとても高そうな上質なもの。
いかにもお金持ちな感じの男性でした。
どこかから歩いてきたのか、
服装には似合わないリュックを背負ってはいましたが、
その男性には何ともいえない魅力があり、
まさに映画に出てきそうな田舎の英国紳士そのもの。

その人が私のところに来て、
「朝食のメニューを見せて欲しい。」
というので、メニューを渡しました。

そしてざっと目を通したあとに、
「ここで朝食をいただきたい。」
と。






おぉ、さすが・・・。






と、さりげなく感動した私。

というのも、ビュッフェ形式のレストランの朝食は、
1人1900円位するんです。
ちょっと簡単に払おうと思える額ではないですよね、朝ご飯に。


日曜日の朝早くに、1900円の朝ご飯を食べに来るなんて、
ただ者ではないかもと思ったりしつつ、席に案内し、コーヒーを注ぎ、
コーヒーのお代わりを注ぎ・・・と気を配りました。

食べ方、マナーも上品で、
自分のペースでゆっくりと朝食を楽しんだこの男性。
食べ終わった頃に別のスタッフが勘定書を持っていき、
男性が支払いを済ませました。
そしてスタッフがレシートを渡そうとしたところ、
この男性、

「レシートは結構。
奥さんにホテルで朝ご飯を食べてきたのがばれたら大変だからね。」

って。

ぷぷっ。
なんかかわいい。

この威厳のありそうな英国紳士でも、奥さんには弱いのかしら。
多分朝のウォーキング途中にお腹が減って、
たまには贅沢にホテルで朝ご飯でもって立ち寄ったのかもしれない。
このあと、何事もなかったようにいつもどおり家に帰って、
奥さんとまた朝ご飯を食べるのかも・・・などと、
いろいろ想像しながら、この男性を見送りました。





ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 英国 職事情
COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

旦那の料理

2009.03.10 *Tue
以前、クリスマスに
旦那が作ってくれた料理についての記事を書きました。
(その時の記事はこちら


この日以来、再び料理に目覚めたのか、
たまに夕飯を作ってくれることが多くなりました。
(たまにですが・・・。)

いつもいつも変な発想と実験的な料理をしているというわけではなく、
「おぉ、なかなかやるね~。」
というものも作ってくれます。

2009-01-23_convert_20090311000627.jpg

このターキー(七面鳥)の胸肉を使って作ってくれたものは、
おいしかったです。
パン粉はフランスパンで手作り。

この日は何の実験も行われなかったので、よかった~。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 日記
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

結婚式

2009.03.04 *Wed
2月最後の土曜日は、友達の結婚式でした。
私達の住んでいる学生寮の2つ上の階に住んでる、
中国人Mとスペイン人Jのカップル。
2人の家族は来なかったので、式に出席したのは私達夫婦と、
旦那のオフィスメイトのB、Bの奥さんと子供2人。
いつも一緒にピクニックに行ったり、BBQしたりしてるメンバーなので、
とても気楽な結婚式でした。

式はResister Office(レジスターオフィス)というところでありました。
レジスターオフィスはイギリス中あちこちにあるお役所のようなところで、
結婚以外に、出生届、死亡届なども扱っている場所です。
教会での式をしないカップルは、
よくこのレジスターオフィスで式を挙げます。
教会式ほどは堅苦しくないように思います。

さて、式は大変短く、とってもフレンドリーな感じの雰囲気の中、
あっという間に終わり、その後フレンチレストランでランチを食べ、
終了でした。
Bの奥さんがウエディングケーキを作って持ってきて、
でもケーキカットをするところがなかったので、
何と帰りの電車の中でやったりして、ある意味とても思い出にも残ったし。







ただ、式までにはいろいろあったんですよ。
このカップル、MとJ。
この夏に中国でパーティをやるみたいで、
今回のイギリスでの式は本当に形だけのものでした。
だから全然重要視してなかったんですよね、2人とも。
Mが当日着るドレスをネットで慌てて注文したのは、式の1週間前。
しかも届いたのは誰もがパジャマと認めるほどのものだった(汗)。
Jがネクタイを貸して欲しいとうちに来たのは式の前日。
そして私達が式に参加するらしいと聞いたのは、式の5日前。
しかも本人達からではなく、旦那のオフィスメイトのBから!

「あの~、そういうことは早く言ってもらわないと。
たまたま私は結婚式の日は仕事がお休みだったからよかったけど、
こっちにも都合というものがあるし、来ていく服とかの準備もあるし・・・。
そもそもわざわざ足を運んでいくのは私たちなのに、
週末の飲み会じゃあるまいし、普通は招待状、
じゃなくてもせめてメールか電話で一言あってもよいのでは???
しかも同じ建物に住んでて、うちの部屋は共通の玄関口の隣。
毎日うちの部屋の前を通ってるくせに~。い~。」

と言いたかったくらいです。
黙ってましたけど。

結局式の前日、うちにネクタイを借りに来た時に少し話して、
当日のなんとなくの予定を始めて本人の口から聞きました。
そしてなんとブーケをさっき注文してきたばかりだとも。
ブーケを結婚式の前日に注文する花嫁なんて・・・びっくり(汗)。
「お店の人が困ってたのよ~、花がないって。
花屋なのに花がないなんて信じられないわ~。」
って。
いや、あなたの方が信じられません。
お気の毒な花屋さん。





まあでも、無事に全てが終わってよかったよかった。
そもそもこの2人が
「中国で結婚するのよ~。」
と中国に行ったのは去年の夏のこと。
慌ててプレゼントを買いに行き、
出発前にカードと一緒におめでとうと渡したものの、
通常国籍が違うもの同士が結婚する時につきものの、
各書類の準備がそろったのかという話をしたら
「なにそれ~?」
って返されたので、
「ああ、こりゃ結婚は無理だわな。」
と内心思っていたら、案の定結婚できずに帰って来たっけ。

これからもいろいろやらかしてくれそうな(?)2人だけど、
末永く幸せでいてほしいものです。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 日記
COMMENT (7)  TRACKBACK (0) 

英国あちこち -2月のホリデー 旦那実家 -

2009.03.01 *Sun
グラスゴーで3泊したあと、電車とフェリーを乗り継いで、
旦那の実家へ行きました。

夕飯はキジ肉のロースト料理。
初めて食べたキジ肉、味がしっかりしていてすっごくおいしかった~。

旦那は前日の夜からどんどん具合が悪くなっていき、
キジ肉を食べた後、
「あ~、体が震える~、体中が痛い~、もうだめだ~。
とベッドへ。





インフルエンザ(汗)?




とかなり心配しましたが、




「トイレに行ったらだいぶ楽になった♪」




と。
どうやら前日のインド料理が悪かったようです。
私は大丈夫だったけど。
よかった。

一晩寝て、旦那全快。
でも、旦那母に無理やりベッドに戻らされ、
朝ご飯はベッドで食べると言う贅沢な目に合わされていました。


とまあこんな感じで旦那は元気になったのですが、
旦那父は風邪で調子が悪く、
私もその風邪をもらったのかどんどん具合が悪くなっていき、
結局ココ(犬)の散歩以外は全員家でゆっくり過ごし、
あっという間に2日が過ぎ、旦那両親の家をあとにしました。

帰りは、今回も電車が途中の駅から動いてなかったので(笑)、
バスに乗り換え。
待ち時間もいつもより多くあったのですが、
結局家に着くまでに8時間ほどかかってしまいました。
風邪の私にとってはかなり辛かった・・・。

けど、楽しいお休みでした♪






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ




COMMENT (3)  TRACKBACK (0) 


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。