This Archive : 2009年06月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テニス、楽しんでます

2009.06.30 *Tue
昨日の夜は、ウィンブルドン、イギリス期待の選手、
Andy Murray(アンディー・マリー)の試合を夜遅くまで楽しみました。



ひやひやする試合でしたが、何とか勝ちました、マリー選手。
対戦相手のWawrinka選手、
途中ちょっと調子が乗らない時もあったんですが、
最終セットにもつれ込む接戦。
すごく見ごたえがある内容でした。

そして、この日は試合以外にもいろいろ楽しめたことが。

まず、この日始めて、センターコートの屋根が閉められました。
午後の女子シングルス
Safina v Mauresmo(サフィナ 対 モレスモ)の試合の途中に、
雨が少し降り出したために、
初めて屋根が閉められたのです。

お客さん、盛り上がる盛り上がる(笑)。

結局、この大したことのない雨はすぐに止んだんですが・・・。
そしてその後はずっといい天気だった・・・。
でも、また屋根を開けると更に時間がかかるので、
最終のマリー選手の試合は屋根を閉めた状態で行われました。
これは、かなり選手にとってはやりにくかったようです。
芝のコートなのに、屋根つき、感覚がつかめず、しかも結構湿度が高くて、
いつも以上にすごい汗をかき、体力も消耗したというようなことを、
後のインタビューで答えてました。

そして、この屋根を閉めるのに時間がかかったのと、
そのために試合も一時中断されたので、
最後のマリー選手の試合が終わったのは、
夜の10時半過ぎ。
これまでの記録を塗り替えたらしい。



そうそう、テレビでは、よく会場のお客さんを写すんですが、
ここに知ってる顔が2つ。

Ewan McGregor(ユアン・マクレガー)と
Ian Hislop(多分。いや、絶対そうだと思う。
この人の顔を見間違うはずは・・・(笑)。
この顔
(イギリス在住の人ならテレビで見たことある人も多いのでは?
Have I Got News for Youの人です。)


ユアン・マクレガーは何度も画面に映ってました。
かなり入り込んで試合を見てました。



今は女子の試合を聞きながら(+見ながら)これ書いてます。
本当は座ってじっくり見たいところだけど、やることいっぱいあるので、
そうもいきません。
掃除、洗濯、夕飯の準備が私を待っている~。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
CATEGORY : 日記
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

イギリスに熱波が?

2009.06.29 *Mon
今日のBBCのニュースのサイトにこんな記事が。

こちら

今週1週間にわたり、イギリスに、熱波が押し寄せてくるらしいです。

どんなすごい気温になるのかと、ニュースを読んでみたら、

予想最高気温

ロンドンとイングランド南部で30℃くらい。
イングランドのその他のエリアとウェールズで20℃台後半。
スコットランド南部は22~23℃(←熱波?)
スコットランドの北部で20℃くらい(←春?)

って。
ちょっと笑っちゃった。

でも、これを甘く見てはいけないんです。
だいたい、クーラーなんて持ってる家はゼロに近いし、
扇風機でさえ置いてる家は少ないこの国ですから。
夏の厳しい暑さに慣れていない人も多いので、これくらいでも、
普段のイギリスにとってはかなり暑い。

熱射病なんかが心配されています。

この記事にもいろんなアドバイスが書いてあります。

「外の気温が高い場合は、窓を閉めカーテンなどで光を遮る。」
「定期的に水分を取る。できれば水やジュースなど。
紅茶・コーヒー・アルコールは避けること。」


(紅茶を避ける?こ・これはイギリス人にとっては厳しいお言葉(笑)




そして、この記事でいちばんうけた文章はこれ。

「月曜日は、
ロンドンとイングランド南東部では気温が30℃まで上がる見込みです。
夜間も、18℃位までしか下がらないでしょう。」


18℃くらい。




熱波ですね・・・(苦笑)。





ちなみに現在のうちのエリアの気温は27℃。
今年いちばんの熱さです。
でも湿度は45%。
家の中でじっとしてたら、汗もかきません。


天気予報の1週間予報を見ると、明日からずっと雨マーク。
明日の最高気温は26℃と高いけど、あさっては23℃、そして21℃、
20℃と下がっていってる・・・。
金曜日なんて、最低気温14℃だし。




熱波ねぇ・・・。





ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

昨日もウォーキング♪

2009.06.28 *Sun
昨日、土曜日はお休み。
ここのところ、友達と一緒のウォーキングが続いたので、
この日は久しぶりに旦那と2人で歩くことに。

気合を入れて長距離を!
と、朝からサンドイッチを作り、お水を十分用意し、
地図を持って出発。

途中まではよく歩くコース。
いつもの牧場を横切ります。
ちょっと前までは子羊であふれかえっていたこの牧場、
今回は羊の数は少なかったのですが、とにかく




めぇぇ めぇぇ




とうるさい・・・。
私達を警戒していたのかな。
ささっと通り過ぎました。

その後は、いつも馬が2頭いる牧場を通り抜けます。
が、この日はここに子馬が2頭一緒にいました。

と思ったら、そのうちの1頭は子馬じゃない。




シェトランドポニーだ~♪




(多分・・・。汗)





とにかく旦那がそう言ってたのでそうだと思います。
私は自分では判別つけられないんですが、
とにかく小さくてかわいいんですよ。

これは写真を撮らなきゃ~と、カメラを出したら、
なんとこっちに向かって走って来ました。
それも結構うれしそうに(笑)。
2009-06-27_convert_20090629002339.jpg

なんか食べ物がもらえると思ったのか、
それともかまって欲しかっただけなのか、
触ってあげるとうれしそうにしっぽを振って、いつまでも離れようとしない。

2009-06-27+(1)_convert_20090629002425.jpg
(つぶらな瞳がかわいい。)

ここでしばらくこの子をかまって、再び歩き、いつもの運河へ。
運河沿いを少し歩き、ここから始めて歩くコースへと入っていきました。

2009-06-27+(2)_convert_20090629004737.jpg

最初はこんな感じで、すごくいいウォーキングコースだったのに、
この細い道を通り抜けたら、普通の車道へ出てしまった・・・。
車がびゅんびゅん走ってる・・・(汗)。
どうやら地図の道とは別のところに入っていったようです。
でも、旦那が通った事のある道だったのでそのままそこを歩き、
何とか予定していたコースへ戻れました。

ベンチに座ってサンドイッチを食べ、ひたすら歩き続け、街へ到着。
いつものように買い物をし、帰って来ました。




実は、今回は4-5時間くらいかかるかと思ってたんです。
それで結構気合を入れて出発したのに、結局3時間ちょっとで終了。
でも、それでよかったかも。
家に着いてしばらくしたら、珍しく激しい雨が。
よかった~、いいタイミングで歩けて。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : ウォーキング
COMMENT (3)  TRACKBACK (0) 

Buttercup (バターカップ)

2009.06.26 *Fri
この名前が好き。
なんともおいしそうで(笑)。

これはイギリス中、あちこちで見られる、植物です。
5月から7月にかけて、黄色い小さな花を咲かせます。
ほんと、そこら中で咲くので、
遠くから見ると黄色いじゅうたんのように見える時も。

2007-05-07_convert_20090621012509.jpg

この花をひとつ取って、あごの下に持ってくると、
花の鮮やかな黄色い色が反射して、あごが黄色く見えるんです。
旦那が、
「子供の時よくこうやったんだよ。」
って教えてくれたんですが、ただそれだけの遊び(?)なんですよ(笑)。
花をあごの下に持ってきて
「おお、黄色くなった~。わ~い。」
って(笑)。

あまりおもしろくないです。
でも、いまだについやっちゃうみたいです。


2008-05-31+(8)_convert_20090621011028.jpg
(この光沢のある花びらがきらきらときれいなんです。)

2008-05-31+(7)_convert_20090621010955.jpg
(白黒写真でも、光ってる。)






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 英国 豆知識
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

むかつく~!!!

2009.06.25 *Thu
相変わらず、ホテルのレストランで働いてます。




そして、めずらしく、仕事でいらいらしています。
私は、あんまりいらいらするタイプではなくて、
何かあってもさ~っと忘れることができるタイプなんですが、
この前の月曜日は、あまりにも腹が立ったので、
職場の上司に報告しようと思ったくらい
(でも、結局報告しなかったけど)。


原因は職場の先輩のJ。
ここ1月ほど前から、仕事中の携帯使用率が急激にアップして、
しょっちゅう姿をくらますんです。

噂によると、どうもFacebookが携帯からアップできるようになったのが、
原因らしいのですが、真相は謎。
でも、携帯でテキスト打ってるのは間違いありません。




だって、私、何度も見ましたから、彼女が携帯持ってなんかやってるのを。




もちろん、堂々と人前ではやりませんよ。
彼女は、職場のホテルの中に、隠れ場所を何箇所か持ってるんです。
その隠れ場所の1部は、私達にもわかっているのですが、
まだ私達の知らない隠れ場所が他にもあるみたい。

Jももちろん馬鹿ではないので、上司のいる日にはあまりやりません。
だけど、上司がいなくて、彼女が上で、後のスタッフは後輩だけ、
なんて日には、もう大変なことになるんです。

特にこの前の月曜日はひどかったです。
この日はJがスーパーバイザーとして、シフトに入ってました。
あとは私と、学生のバイトさんと、先週入ってきたばかりの新人さん。

通常、スーパーバイザーが中心となって、
ドアのところでお客さんを迎えます。
スーパーバイザーはその日の責任者ですから、常にレストランの中にいて、
他の従業員に指示を出したりします。
何かあった時に、その問題を処理するのもスーパーバイザーの仕事。


さて、この日、レストランを開けてから30分ほどたった頃、
Jが私のところに来て、
「ぐび、ちょっとレセプション(受付)に○○を取りに行ってくるから、
ドアのところにいてくれる?」
と言われました。

こういうことはよくあります。
スーパーバイザーは、いろいろ忙しいので、
ちょこちょこ用事が入ってくるんですよ。
で、私はドアのところで仕事を続けました。

が、なかなかJが戻ってこない(汗)。

そしてだいぶたって戻って来たかと思ったら、
また数分後にどこかに・・・・・。


この日はずっとこれの繰り返しでした(怒)。




お陰で、私はドアから離れられず、
その他の仕事が全くスムーズに回らなくなり、一時は、
100人ほど入るレストランのテーブルの片付けが追いつかず、
お客さんを待たせる結果に・・・。

そんなに忙しい日でもなかったのに、彼女がいないために、
残された私達は大変な目に遭いました。

そしてこんな日に限って、お客さんからのクレームがあって・・・。
しかもそのクレームの原因はJ。
なのに彼女がいないので、私が謝りました(怒怒怒)。

後でJが戻ってきた時にそのことを報告したら、自分の責任を棚に上げて、
お客さんのせいにしてました。

結局、この日は、朝食のシフト時間(朝6:30~11:30)のうち、
Jがレストランにいたのは1時間もなかったと思います。
これまででいちばんひどかった・・・。




では、なぜこれを報告しなかったのかと言うと・・・。


もうどうでもいいから(笑)。


私、Jは好きではありません。
彼女は、信頼できるタイプじゃないんです。
同じホテルで働く他のスタッフの個人的な話
(その人が人には知られたくないような話)を
すぐに皆にばらしちゃう、そういう人です。
だから、仕事のことと、どうでもいい話以外は、
彼女にはしないことにしてます。
仲は、悪くはないです。
普通にしゃべるし。

でも、私が上司に報告して、
その事でJとの間がややこしくなるのは避けたいんです。
彼女にいい顔をしたいからではなくて、どうでもいい人(J)の為に、
職場で嫌な思いをするのが嫌なんです。

自分の大切な人のために、時間を割いて、
問題を解決しようと嫌な役目を引き受けたり、
言いにくいことを言ったりするのは、かまわないけれど・・・。

でも、こういうひどい日があと何回かあったら、上司に言っちゃうかも。
だって、Jは何にもしてないのに、
私達より高いお給料もらってるわけだから、それは納得いかないし。



まあ一応、以前に他のスタッフ達と一緒に、
このJの件は上司にほのめかした事があるので、
もう上の人達は知ってるんですけどね。

ただ、実際に携帯を持って、
勤務時間中にレストラン以外の場所にいるJを見つけないと、
何もできないみたい。


見つかったら、Jに警告がいくでしょうね。
それでもなおらなかったら、クビという可能性も。

さて、今後どうなることやら・・・。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 英国 職事情
COMMENT (5)  TRACKBACK (0) 

パソコンでウィンブルドン

2009.06.24 *Wed
夕方、夕飯の準備を始める前に、
BBCのウェブサイトでいつものようにニュースをチェックしてたら、
スポーツの記事のところに、
Live- Murray v Kendrick
(生中継 マリー v ケンドリック)

の文字が。

これまでにもフットボール(サッカー)の試合などがあると、
このLiveという文字が出てたんですけど、フットボールは見ないので、
クリックしたことなかったんです。
でも、今回は気になったのでクリックしてみたら、なんと、
ウィンブルドンの試合の映像が生中継で入ってきました~。
びっくり。

イギリス期待の選手、Andy Murray(アンディー・マリー)の試合の前半を、
楽しみました。
途中、旦那が帰ってきて夕飯。
泣く泣くパソコンを閉じ、夕飯を食べ、またパソコンを開いて、テニス観戦再開。

う~ん、第3シードのマリー、結構苦戦してました。
結果、勝ちましたけど、本人はあまり満足のいく出来ではなかったのでは?
インタビューからも、そういう印象が伝わってきました。

でも、試合自体はおもしろかったです。
対戦相手のアメリカのケンドリック選手がなかなかよくて、
結構マリーを揺さぶった感じだったので、見ごたえはありました。

解説の人や、審判のユーモアあふれるコメントや対応も、
楽しませてくれました。



今、ライブでシャラポワ選手の試合をやってます。
見始めたらしばらく何にもできなくなるので、どうしようか悩んでるところ・・・。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

The Supersizers Eat...

2009.06.23 *Tue
またまたかえってきました~、あの番組が。

去年紹介したThe Supersizers Go...
これの新しいシリーズがThe Supersizers Eat...
と名前をちょっと変えて始まりました。

Giles CorenとSue Perkinsという男女2人が、
設定された6つの時代の食生活を体験するというものです。

今シリーズの第1回目は、80年代。
つい最近ですよね(私からすればですが(笑)。

食べ物は今とそれほど大きくは変わってないですが、服装とか、
「あ~、ああいうジャンパー(って、この言い方自体が80年代だ(笑)、
子供の時着てたよ~。」
と、旦那と盛り上がったりして楽しめました。

それからこの2人のトーク、更にパワーアップした感じで、
旦那と大うけしながら見ました。

残念ながら、イギリス国外に住んでいる人は利用できないのですが、
テレビで見逃した人、BBC iPlayerで、ぜひ!

ちなみに第2回目はMedieval(中世)の時代。
うちも今晩か明日の夜、楽しむ予定です。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

ウィンブルドンといえば

2009.06.22 *Mon
今日から始まりました。
The Championships, Wimbledon
(ウィンブルドン選手権)

テニスに詳しくない人でも、ウィンブルドンと聞けば、
「テニス。イギリス。」
とぱっと頭に思い浮かぶ、有名な大会です。

ここイギリスは、もちろん毎年この時期は、
この大会の話題で盛り上がります。
が、特に今年はイギリスの男子選手、
Andy Murray(アンディー・マリー)に大きな期待が寄せられていて、
ラジオのニュースでもひっきりなしに彼の名前が出てきます。

全大会優勝、第1シードのラファエル・ナダル選手が、
残念ながら怪我のため大会への出場を辞めた事で、
第3シードのマリーが繰り上がって、第2シードの位置づけになることもあり、
マリーに対する期待は更に高まっています。


さてさて、そんなふうに楽しみなウィンブルドンではありますが、
もうひとつ、ウィンブルドン選手権で有名なものがあるんです。
それは。











いちご















このイチゴにクリームをかけた
Strawberries & Cream
を食べるのも、この大会の伝統(?)みたいになってます。


今朝のラジオのニュースでは、今大会の予想イチゴ消費量が、
もっぱらの話題でした(笑)。

大体毎年、27,000kgのイチゴと7,000リットルのクリームが
消費されてるみたいですけど、今年の予想消費量、
今朝、何回もラジオのニュースで耳にしてたくせに、
忘れちゃいました(苦笑)。
まあ、似たような数字を言ってたと思いますが。



さて、今年はどんな大会になるでしょうか。
楽しみです。




もちろん今大会のイチゴの消費量も(笑)。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 英国 豆知識
COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

ウォーキングの楽しみとは

2009.06.20 *Sat
ここのところ寒い日が続いています(涙)。
気温も14℃くらいまでしか上がらない~。
今日は雨も降ったりやんだりで、
予定していたウォーキングは中止にしました。
一緒に行く事になっていた友達夫婦の子供達、6歳と3歳だし、
歩く距離もその子達にとっては長いし、雨の中じゃかわいそうだし、
このウォーキングの目的が、

パブの素敵なガーデンで、太陽とビールとランチを楽しむ♪

だったので・・・(苦笑)。





さてさて、ウォーキングの楽しみは、
何もパブによって1杯楽しむことだけではありません。
(て当たり前やん!!)

パブに寄ることが多いので、
「ぐび夫婦はいっつも、パブに行くために歩いている。」
と思われるかもしれませんが、
(いや、実はそれが本当の歩く理由かもしれないのだけど)




そんなことないよ~(汗)。

他にも楽しみはたくさんあります~。


例えば、旦那と一緒に歩くと、とにかくたくさん話ができるんですよ。
小さなこと(そこ!犬のうんこがあるよ。気をつけて!!!)
なんてことから、大切な話まで(将来のこととかいろいろ)。

そういう時間って、とっても貴重だし、
とっても濃い話ができたりするので、うちでは大切にしてます。

もちろん家でも毎日しゃべるけど、外で、新鮮な空気を吸いながら、
景色を楽しみながらしゃべるのは、また違うんです。






あとは、あちこちで出会ういろんな動物達を見ることも楽しみの1つ。
特に春から夏にかけての時期は、
どこもかしこも「子」の付く子達でいっぱい。
よく歩く運河沿いでも、小鴨、子白鳥(ってこんな言い方しないか?・・・(苦笑)、
子羊、子牛、子馬など、見てるだけでほんわかした気持ちになって、
いつも以上に楽しませてくれます。
2009-05-24_convert_20090617034407.jpg

あと、子うさぎはそこらじゅうにいるので、毎日出かけるたびに遭遇。

それから、犬も。
運河沿いを犬のお散歩・・・っていう人達はかなり多いので、
いろんな犬と出会うのも楽しみの1つ。
車の通らない小道だから、しつけのちゃんとできてる犬の飼い主は、
通常犬をつないでの散歩はしない人が多いので、フレンドリーな犬は、
「かまってくれ~。」
としっぽを振りながら近寄ってきます。
そんな子達をなでなでしながら、犬の飼い主さんと軽く言葉を交わすのも、
楽しい。



そうそう、天気がよくて、ちょっと気温が上がると
(といっても24℃くらいだけど・・・)、よくこんな光景も見られます。
2009-05-24+(1)_convert_20090617034449.jpg

2009-05-24+(2)_convert_20090617034519.jpg
(運河に浸かってる牛達)

ずっと引越しばかりの生活で、飼いたくてもなかなか動物は飼えないけど、
なにげに毎日しっかり癒されてます。





ウォーキングにはいろんな魅力や楽しみが詰まってます♪
明日、雨じゃなかったら、仕事の後に友達家族を誘って歩いてきま~す。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : ウォーキング
COMMENT (3)  TRACKBACK (0) 

ラッキ~♪

2009.06.18 *Thu
だからやめられないチャリティーショップ

この前は、2ポンドで新品のNEXTのこのバッグをゲット。

2009-05-26_convert_20090619030345.jpg

イギリスのチャリティーショップ、割とどこのお店も、
店内はきれいにディスプレイされてます。
服も、色ごとに分かれてたり、サイズもちゃんと分けてあって見やすいし、
何かと気を使ってる感じ。

でも、このバッグを見つけたお店は、古臭くて、
店内もあまりいい感じではなく、めったと覗かないお店なんです。
そこに、1年ぶりくらいにふらっと入ったら、
奥の方で眠ってるこの子を発見♪

そういうのが楽しい~。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


CATEGORY : 日記
COMMENT (3)  TRACKBACK (0) 

早朝の大学で・・・

2009.06.17 *Wed
大学の学生寮で生活していると、30過ぎの私にはついていけないことが、
周りでよく起こります。

私はホテルで働いていて、仕事始まりは6時半と早いです。
うちから職場までは徒歩1分なので(笑)、家を出るのは6時25分。
この時間帯、大学は静まり返っています。
ほとんどの学生は、夜遅く、朝遅い生活をしているので、
この時間帯にうろうろしている人はほとんどゼロです。

そんなわけなので、たま~に人が歩いているのを見ると、
ちょっとびっくりします。
多分向こうもびっくりしていると思いますが(笑)。


うちの大学で、大体この時間帯に起きて外にいる人は、
ジョギングをしている人か、
朝早い電車に乗るためにタクシーを呼んで待ってる人か・・・。

でもほんと、滅多に人にはすれ違いません。




が。




2週間前、うちを出たところにある芝生のエリアで、
1組のカップルが寄り添って、な・な・な・なんと・・・・・














BBQ









を楽しんでいました(驚)。

寒い日だったし、かなり風も強くて、
天気も悪くて薄暗かったのにもかかわらず・・・。


びっくりした~。
けど、むこうはもっとびっくりしてたかも。


早朝のBBQって・・・どんなんなんだろう。




それから、今朝は、やはり同じ芝生のところで、
4人の学生が毛布にくるまった状態で寝転んでるのを発見。



夜をここで越したのか???



あはは(苦笑)。



夜は気温も10℃くらいだから・・・きっと寒かっただろうに・・・。






今度はどんなおもしろいものが見れるのか。
また、何かあったら報告します。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 大学
COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

夏が旬の果物とは

2009.06.16 *Tue
イギリスは、
「夏といえばベリー類」

とにかく、スーパーの果物売り場のコーナーでは、苺をはじめ、
ブルーベリー、ラズベリー、ブランブル(ブラックベリー)、
その他にもいろんなベリー類が、幅をきかせています。

さて、イギリスでもあちこちの農家などで、
イチゴ狩りを楽しむことができます。
そしてそのシーズンがまさにこれから。
去年、友達に誘われてイチゴ狩りに行ったのは、
7月の後半だったんですが、農家のおばちゃんに
「あら~、あなた達ちょっと遅かったわね~。
3週間くらい早く来ればよかったのに。まあ、がんばって探してみなさい。」
と言われ、その言葉どおり、「イチゴ狩り」ではなく
「イチゴ狩り」をするための「イチゴ探し」に大変苦労し、
パック1つを旦那と2人でいっぱいにするのが
やっとという結果に終わりました(笑)。

2008-07-26+(9)_convert_20090615212151.jpg
(2人でこれだけ集めるのに1時間以上は軽くかかった・・・(汗)


そこは、他にもいろんな種類のベリーがあったのですが、
どれも時期を逃していて、何も取れず・・・。
結局苦労して見つけたイチゴと、これだけでは負けた気がする・・・と、
横に売られていたじゃが芋を買って帰った思い出があります(笑)。


今年は、イチゴ狩りに行く予定はないのですが、
スーパーではスコットランド産のイチゴがたくさん売られていて、
先週も1パック買ってきていただきました。

春頃にも、いちごを何度か買ってきて、ジャムを作ったり、
フローズンヨーグルトアイス(?)みたいなのを作ったりと、
いろいろ楽しみましたが、
やっぱりおいしいいちごはそのままシンプルに食べるのがいちばん。
クリームをちょっとかけていただくのが、最高です♪

苺ヨーグルト
(苺ヨーグルトアイス。準備時間は5分。後は冷凍庫にお任せ♪)

Strawberry Jam
(苺ジャム。砂糖の量を控えめにするのを忘れて、
レシピの分量そのままで作ったので、ちょっと甘すぎに・・・。)






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 英国 食事情
COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

こうすれば痛くない?

2009.06.15 *Mon
昨日も素晴らしいお天気でした。
もちろん、家の中にいる理由は全くないので、
上の階に住む友達夫婦MとJを誘って、ウォーキングへ出発。
もちろん目的はパブ♪


いつものように運河沿いを歩きました。
出発した時は肌寒かったけど、だんだん太陽の光が強くなってきて、
いい感じに汗もかきました。
今回はいつもの運河沿いのパブではなく、
そのパブのところから運河を離れてしばらく歩いたところにあるパブへ。

初めて入ったパブだったけど、ここが結構よかったんです。
中もだけど、外が広くて、芝生のエリアが充実してたのと、
子供の遊具もいろいろ置いてあって、管理が行き届いてる感じで。
次回は、子供のいる友達夫婦にも声をかけようということになりました。

最初は飲むだけの予定だったのだけど、ちょうどお昼時で、
お腹もすいてきてたので、ランチもすることに。
なんと料理によっては、ハーフサイズを選べるものもあって、
それもポイント高かったです。
(今回は誰も頼まなかったけど(笑)。

オーナーが南アフリカの人みたいで、
メニューには南アフリカの料理も何品かありました。

旦那は定番のフィッシュアンドチップス。
油っこくなくておいしかったみたいで、食べたあとも
「お腹が重くない!」
って喜んでました。
私はチキンのシーザーサラダ。
手作りっぽい(ホームベーカリーで焼いたような感じの)
おいしいパンも付いてて、お腹も満足。
ただ、チキンは失敗だった・・・。
ただの野菜だけのサラダにすればよかった~。
チキン、ちょっとかたかったです・・・(涙)。


お値段はちょびっと高めでした。
でも、そのためかお店の雰囲気はいい感じだし、
ここなら旦那両親も好きになるかも。
(まだ、私達の住む街でお気に入りのパブを見つけられてないんです、
旦那両親)



ランチの後は、そのままテーブルの下に移動して、芝生でごろごろ。
ずっとそうしていたかったけど、
ここまで歩いてきたからには歩いて帰らねばということで、
再び歩き始めました。



さてさて、以前にもブログで紹介したことがあるのですが(過去記事
イギリス中あちこちに生えているNettle(ネトル)という植物。
小さなとげがあって、さわると痛いやつです。
Nettle

この植物のことをMが知ったのは去年の夏。
一緒にピクニックに行った時の事でした。
「さわっちゃだめ!」
と私達が言ったにもかかわらず、
「その痛みを味わってみたい!」
と、いきなり何の躊躇もなく葉っぱを




むぎゅ~





とつかみ、
「何にも感じない。」
とさらに葉っぱを触りまくった直後に、







うぉおおおおおおおおお





と、あまりの痛さに悲鳴を上げた彼女でしたが、
今回Mの旦那が散歩中にこんなことを言ったんです。

「ネトルの葉っぱは、呼吸を止めて触ったら痛くないんだよ。」

と。

「どこで聞いたの?誰が言ってたの?本当に?」
と旦那と私が聞くと、

「何となくそういう気がするんだよね。」

って・・・・・(苦笑)。




「じゃあ、やってみてよ。」

とJに言うと、すごくやりたくなさそうに、

「なんだよ、信じてくれないの?ほんとだよ。」

って反論してくるJ。



(あの、全然信じられませんよ、あなた・・・。)



で、結局ずっとネトルをさわろうとしなかったJでしたが、
散歩の終わりごろになって、突然、息を止めてネトルをさわりだしたJ。

「どうだった?」

と聞くと、

「うん、大丈夫、痛くない。」

って。

「本当に?」

と聞くと、

「うん。」

と言いながら、再びネトルをさわりまくるJ。

その結果も痛くなかったらしい。


後で手をチェックしたけど、なんともなってなかった!!!






う~ん・・・・・。






どうなんだろう。
本当に息を止めたら痛くないのかしら。


でも、旦那も私も試す気にはなれなかった・・・。




イギリス在住の皆様、もし気になる方はぜひお試しください。
その際、結果をお聞かせいただけるとうれしいいです。
でも、信憑性ゼロの話なので、何かあっても責任は取りません(笑)。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 日記
COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

フルーツティー(クランベリー&サンギネロオレンジ)

2009.06.13 *Sat
2009-05-15_convert_20090613013605.jpg

これ、結構おいしくて、おすすめです。
しばらくフルーツティーに飽きて、飲んでなかったのですが、
オレンジというのに惹かれ、久しぶりに買ったら、なかなかいける♪

オレンジの爽やかさがいい感じです。

フルーツティーって、時々無性に飲みたくなるのは、
私だけではないはず。

苦手な人も多いけれど・・・。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (7)  TRACKBACK (0) 

ナロウボートで英国運河の旅 その10

2009.06.12 *Fri
これまでの記事
 その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9



ボートの旅7日目。

今日は、Nantwichという町を訪れました。
運河から町の中心まで少し歩いたのですが、雨が結構降ってきて、
濡れてしまった・・・。

ここNantwichも、とってもかわいらしい。
木造の建物がたくさんです。
歪んだ建物
(この建物の歪み具合がなんともいえません。)


旦那妹夫婦は甥っ子を連れてカフェに。
私達は旦那両親と一緒に、町の小さな博物館へ。
この町の歴史に関する展示物などがメインの博物館。
こじんまりとしていて、でもなかなかおもしろかったです。

その後、町の教会へも入りました。
最初、旦那と2人で中に入ったところで、
ボランティアで教会の説明をしているおばあちゃんに見事つかまってしまい、
そのひ弱な体からは想像もつかないようなマシンガントークに、
旦那も私も圧倒され、

「このおばあちゃんの話、30分くらい続いたらどうしよう・・・。
ず~っと一緒に中を案内されたらどうしよう・・・。」
と恐れたのですが、言いたい事を全部言ってすっきりしたのか、
私達を逃がしてくれました(笑)。

でも、このおばあちゃんの言った通り、
ステンドグラスや天井が素晴らしくて、いろいろ楽しめました♪



その後、カフェで旦那妹達と合流、ケーキなどを食べ、
帰りにこの町で有名らしいお肉屋さんで旦那母がポークパイを購入。
お腹もいっぱいになったし、
「今日はランチはいらないでしょう、皆。」
と今日のランチ担当だった私は、
「作らなくていいかも、ラッキー。」
と思ったのですが、ランチは別腹だったようで(笑)、
結局生春巻きを作りました。

おいしかったけど、生ハムを使ったのは失敗!
いや、まずかったのではなくて、
たれで生ハムの味が完全に消されてしまって、
「入れなくてもよかったやん・・・。」
という結果に。
ちょっと高い生ハムだっただけに残念(涙)。


この日の夕飯は、残り物の整理。
というのも、このボートの旅、いよいよ明日の朝で終わりなんです。
明日は、朝9時半までに、出発地点のMiddlewich
ボート会社にボートを返さなければなりません。

あっという間だった、ナロウボートの旅も、あと少しです。





ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

恐怖のお買い物

2009.06.11 *Thu
ついに買ってしまいました。
今日、チャリティーショップで見つけてしまったんです・・・。







体重計







とかいうものを・・・。

イギリスに来てそろそろ2年半になるんですが、
ずっと体重計なしの生活を送っていました。
その間に、体重を量ったのはたったの2回。
しかもそのうちの1回は、つい最近とある博物館へ行った時、
そこの歴史に関する展示品のところに置かれていた、
昔々の体重計で(笑)。
(椅子に座って、おもりを使って調節しながら量るというもの)

試行錯誤しながら量ってくれた旦那父。
その結果は

30kgちょっと。




ありえませ~ん!!!!!




それなのに、真に受けた旦那両親。
いくら私の身長が低いからって・・・。

深刻な顔をして(特に旦那母)、

「ぐび、これじゃあだめよ。あなたはもっと太らなきゃ。」

って、食べることの大切さを語り始めるし、旦那父はその後数日間、
私の耳元で

「ぐび、ビーフだよビーフ。ぐびはもっとビーフが必要だね。」

って、ささやき続けるし・・・(笑)。




この数字はどう考えても間違ってると言っても、
断固として信じてもらえませんでした。
(そりゃあ、私はちびだけどさ(ぷんぷん))




が、今日買った体重計によって、
やはりこの前の数字はかなり大きく間違っていたということが、




はっきり





と証明されたので、今度会ったときに報告したいと思います(笑)。




ちなみにイギリスでは、体重を表す単位は

「キロ」
でも
「ポンド(パウンド)」
でもなく



「Stone(ストーン)」
という単位が一般的に使われています。

この単位は世界には全く通用しないので、
公式の場で使うことは認められなくなったのですが、
いまだに根強く、体重をあらわすときには、
ストーンを使う人が非常に多いです。
ちなみに1ストーンは約6・35kg。


体重計はこういう感じです。
一緒に写ってるマグカップは・・・・・体重計と一緒に今日買ったものなので、
一緒に写してあげました。
2009-06-11_convert_20090611233316.jpg

ちょっと見にくいですけど、数字が、1・・・2と始まって、
いちばん大きい数字は19です。
これがストーン。
その下に小さく、




(いや、本当に小さくて、
立ったままではしっかり目盛りを読むことができなかったので、
しゃがんで確認したくらい(笑))




キログラムの目盛りがついてます。





あ~、でもこれで現実から目を背けられない生活がまた始まるわけです。
体重計、あると使っちゃうしね・・・。
もっともっとウォーキングやらなきゃ~、
かなりお休みしているピラティスも始めようっと。

今晩は旦那もショックを受けるのだろうか。
「イギリスに来て太った~!」
っていっつも言ってるしな~。

週末はお酒も減らして、
2人でいっぱい歩くことになりそうな予感がします(笑)。





う~、とんでもない買い物しちゃったかも。
ない方が幸せなものもあるよね・・・(苦笑)。










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 英国 豆知識
COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

地震だ~!

2009.06.10 *Wed
1ヶ月くらい前だったかな?
職場でお昼休憩を取っていた時に、地震があったんです。


日本と違ってここイギリスは、本当に地震の少ない国なので、
最初は地震だとは思いませんでした。

上のほうでミシミシと音がしている感じだったので、
2階で誰かがなんかやってるのかなって思いました。

同じ部屋でお昼休憩を取っていたほかのスタッフも、
そのミシミシという音には気付いたので、全員一瞬動きが止まって、
音がおさまるまではじっとしていました。

ちょっと揺れも感じたし、どう見ても地震だったんですけど、
「イギリスでまさか地震が?」
という思いが頭の中にあったので、
「地震じゃないよね、何だったんだろう?」
って思った時、
隣のテーブルに座っていた男の子がそわそわと動いてたんです。
それを見ていた別のスタッフが、
「なんだ、お前かよ~。今テーブル動かしただろ~。」
って言ったので、私もてっきりそうだと思って、
「もう、まぎらわしい。」
と笑いながら、休憩を終えて仕事に戻りました。



ら、その後5分位して、
別のスタッフ(同じ部屋で休憩を取っていた)が戻ってきて、
「やっぱりさっきの地震だったんだよ!あいつが揺らしたんじゃなかった!」
って(笑)。



「わ~、イギリスで地震だ~、これは貴重な体験かも。」
と冷静に思った私。
大体大した揺れでもなかったし。




ところが、イギリス人たちの反応は全然違いました。
皆、目をきらきら輝かせて、

「さっきの地震だったんだよ!」
「揺れ、感じた?」
「えっ、何それ、気付かなかったよ~、もう・・・。」
「うそうそ、地震あったの?」
「すご~い。」

と大盛り上がり(笑)。

多分これが初めての地震体験という人も多かったんでしょう。

「あんなの揺れのうちに入らないよ。」
とは、何が何でも言うまいと、黙ってた私です。
みんなの盛り上がりを壊しちゃ悪いし(笑)。



ちなみに、オフィスで揺れを感じた旦那。

「あ~、ちっちゃい地震だね。」
と何事もなく仕事を続けていたそうなのですが、隣の部屋にいた教授が、
慌てて廊下に飛び出してきて、

「今のはなんだ!地震か!!」
と深刻そうな顔でどうしたらいいのかと、慌ててたらしいのです。
旦那に
「外に逃げたほうがいいんじゃないのかね。」
とも言って来たらしい。

でも、旦那のあまりにも冷静な態度と、
「これくらいの揺れは大丈夫大丈夫。」
という言葉に落ち着きを取り戻して部屋に戻って行ったとか・・・。




まあ、確かにほんと、小さな地震でしたけど、ある意味、
地震対策も取られていず、古い建物も多いこの国では、
あれくらいの揺れでも危険かも・・・。

そう考えると、イギリスでの地震は結構怖いかもしれません。





ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (3)  TRACKBACK (0) 

海老に反応

2009.06.09 *Tue
うちはよく、1日お出かけした日とか、旅行から帰ってきた日の夕飯に、
手巻き寿司(簡単バージョン)をします。

中の具は、スモークサーモン、アボカド、カニカマのマヨネーズ和え、
葉っぱの野菜(ロケット、レタス)など、とにかく調理の必要のないもので。

これだと、家に着いてすぐにご飯を炊いて、寿司酢を作って、
混ぜて冷ますだけ。
その間に、荷物を片付けたりできるし、
手抜きでインスタントのお味噌汁と合わせれば、簡単で早いし。


そんなわけで、一昨日スコットランドから帰って来た日も、
手巻き寿司にしようと、スーパーに寄りました。
ただ電車が遅れたため、予定より1時間以上遅く到着し、
日曜日で4時に閉まるスーパーに入ったのは閉店の5分前。

お店の人が冷蔵庫にカバーをかけ始める中、
急いでスモークサーモンを手に取りました。
「いつもより高いわ、このサーモン・・・。」
と思う余裕もなくかごに入れ、でも、こんな時にでもしっかりと
「2つで6ポンド!」
というセールのサインにはしっかり反応し、
(おっしゃ、2つ買おう。でも他にもいろいろ組み合わせられるし・・・
よ~し、海老にしようではないか。)
と、隣にあった、
コリアンダーとチリで味の付けられた海老もかごに入れました。


さてさて、わたくし、実は魚介類はそれほど好きではありません。
おいしいと思って食べることのできる魚は、サーモンと白身の魚くらい。
海老やカニは、出されたら食べるけど、
自分から好んで買うことはほとんどないし、貝類は全般だめ。
あと、火が通ってないものも苦手。
お刺身は、まぐろとサーモンくらいかな?
それから、高いやつは特に苦手。
トロなんて、もう口に入れられないし(笑)。
高いお寿司屋さんよりも、
100円のお寿司屋さんで食べるアボカド寿司のほうが好きだし(笑)。



(はい、安くつく女です(笑)。)



とまあ、そんなわけなんですが、今年に入ってから、
2回くらい海老を買ったんです
(って、そんな全然大した話でもないんだけど・・・)。

で、ピラフにしたり、トムヤムクンに入れたりして
「おっ、海老、なかなか使えるね~。」
って、私の中で海老の地位がちょっと上がってたんです。
だから、今回も迷わず海老でいってみようって思ったんですが、
「おいしいおいしい。」
と旦那と取り合いで海老の手巻き寿司を食べ終えてすぐに、
上の唇の裏側が




ぷく~




っと、腫れてきて・・・。





お味噌汁は今回は飲んでないから火傷じゃないし、噛んだかな?
いや、こんなところは下の歯を使ってでも無理だよ、噛めないよ・・・。

ということで、疑わしいのはやはりこの海老。

いつも食べてないものだし、それ以外には考えられない。

と、早速ネットで検索したら、海老のアレルギーって多いんですね~、
びっくりした。
まあ完全に海老アレルギーかどうかはわからないけれど、
また近いうちに食べてみて、様子を見ようと思います。

海老の種類、調理法、新鮮さによっても違うかもしれないし。

う~ん、せっかくおいしかっただけに残念・・・。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 日記
COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

ああ、もう、すぐそこなのに・・・

2009.06.08 *Mon
このブログを始めた頃、まさかこんなに

英国 鉄道事情

というカテゴリーが充実したものになるとは思いもしなかったのですが、
毎回のように、電車に乗るたびに何らかのブログネタを得ている私です。


さて、前回と前々回、スコットランドに行った時には、
帰りの電車が完全に動いていず、1部バスという旅でした。

その話はこちら


で、今回、週末に3泊4日でグラスゴーに行ってきたんですけど、
今回もブログネタになるようなことがあったので、
ここに書きとめておくことにします。



行きは何の問題もなくスムーズにグラスゴーに到着。
グラスゴーで、楽しい時間を過ごし、昨日帰りの電車に乗りました。


予約しておいたテーブルの席でお昼を食べ、旦那はパソコンで仕事、
私は読書を始めました。
が、しばらくしたころ、
通路を挟んで隣に座っていた女の子の携帯に電話がかかってきて、
長話が始まったんです。
しかも声が大きい・・・。
旦那も私も集中できず・・・。

その子の前に座っていた人も、読んでいた本を置いて、
後ろを何度も見たりしてました。
旦那も何度もその子の方を見て、
目が合ったら目で訴える作戦を取ろうとしていたのですが、
目が合わずで・・・(苦笑)。
結局1時間くらいはしゃべってたと思います。
その間に、前の席に座ってた人は、他の車両に移動していきました。
耐えられなかったんだと思います。
うちは、後ちょっとで降りる駅だったので、我慢しました。




ところがこの、
「後ちょっとで降りる駅」
に辿り着くまでにあんなに時間がかかることになるとは・・・。
その時の私達はまだ知らなかった・・・。




やっと、うるさい隣の女の子の電話が終わって、読書に戻ったのも束の間。
後5分ほどで駅に着く時間になったので、
旦那はパソコン一式をリュックに片付け、私も本をしまい、
大きなリュックを荷物棚から下ろし、ジャケットを持って、
降りる準備を整えました。
電車のスピードが落とされ、いよいよ到着か?
と思ったところ、駅ではないところで電車がストップ。
その後、のろのろと動いたり止まったりを繰り返すこと約1時間(汗)。
アナウンスによると、次の駅付近の信号の故障か何かが原因とのこと。

ああ、もう街の建物が見えているのに・・・。
歩いていった方が早いんじゃ?
と、最初は旦那と半分冗談で話していましたが、
結果1時間以上遅れて到着したので、
本当に歩いた方が早かったです(笑)。


前回と前々回は、途中で電車から降ろされ、バスに乗り換えたけれど、
あの時の方が今回よりも早く着きましたし(笑)。


電車が嫌いで、電車の事は全く信用していない旦那父は、
私達が
「スコットランドに電車で行く」
と言うと、いつもこう言います。



「バスのほうが早いよ。電車はやめなさい。
どうせ電車に乗っても最終的にはバスに乗ることになるんだから。」


と。



ほんと、その通りだ。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

ナロウボートで英国運河の旅 その9

2009.06.02 *Tue
これまでの記事
 その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8



ボートの旅6日目。
まず午前中に、
Market Drayton(マーケット・ドレイトン)という町を訪れました。
とても楽しみにしていた町です。
17・18世紀頃に立てられた、半木造の建物があちこちに見られるんです。
これがまたなんともいい感じの建物なんですよ。

2009-05-07+(7)_convert_20090529013711.jpg
(もう屋根が曲がってるし・・・。)

これはコンタクトレンズ・眼鏡屋さんでした。
味がありすぎます。

このお店の近くにあったカフェで10時のお茶をいただきました。
かなり久しぶりのクリームティーです♪
基本のクリームティーというのは、紅茶にスコーン、ジャム、
クロテッドクリームがついたもの。
(今回私達がいただいたものは、
スコーンではなくてティーケーキという
ドライフルーツの入ったパンに近いものでしたが。)
ちなみにクロテッドクリームというのは、
バターと生クリームの中間に位置する(と私は勝手に解釈してる)もので、
生クリームよりもこってり濃厚で、たまらなくおいしいんです。
でも、脂肪分が高いので、
2年に1回くらいの割合で食べるようにしてます・・・。

2009-05-07+(8)_convert_20090529013748.jpg

ここのクリームティーは、本当においしかったです。
特にジャムがおいしくて、旦那妹はお代わりまでしてました。

さて、このクリームティーを注文したのは旦那妹、旦那母、
私の3人だったんですが、ティーケーキが2つずつついてたので、
私は旦那と2人でいただきました。
自分達のお皿についていたジャムとクロテッドクリームを
ティーケーキに塗ってパクパク。

久しぶりのクロテッドクリーム、こくがあっておいしい~。
ジャムも最高~。

と幸せ気分に浸りながらほぼ食べ終えたところで、旦那母が一言。




「あらあら、あなた達にクロテッドクリームがいってなかったわ、
ごめんなさいね、私達だけで食べてて、気付かなくて。」

と言いながら、クロテッドクリームの入った容器を私達に渡してくれました。









なぬっ?










へっ?じゃあ、この私達のお皿にのってたクリームはなになに???
と、頭にはてなマークが・・・。

旦那が

「じゃあ、うちらが食べてたこれは一体・・・?」

と旦那母に聞いたところ、


「あら、それはバターよ。」

って。






えぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!






かなりショック。
全部食べちゃったよ・・・クロテッドクリームだと思って。
しかも旦那と2人で、

「あ~、久しぶりだね~、クロテッドクリーム食べるの。
やっぱおいしいわ~。こんなにとろっとやわらかいし♪」

などと言いながら、幸せ気分に浸ってたのに~。


ていうか、旦那よ。
あなたはイギリス人でありながら、まったく気付いていなかったね・・・。


それにしてもやられた。
ていうか、まずこのバターがおいしすぎた。
あんなにとろっとしたバターは初めてだったので、
すっかり騙されちゃったよ・・・。

でもそのあとに、
少しだけ残っていた旦那母のクロテッドクリームをいただいたら、
やっぱりうちらがずっと食べてたやつはバターだったと、
はっきりわかりました(笑)。


あ~、バターでお腹いっぱい・・・(涙)。




それからボートに戻り、しばらく進み、今度はAudlemという村に。
村をうろうろし、教会にも立ち寄りました。
2009-05-07+(11)_convert_20090529013921.jpg

その後、パブによってビールなどを楽しんだ後、
またしばらくボートを進ませたところでこの日は終わり。

夕食に、旦那母の作ったトマトソースのパスタと、
チェリーとヨーグルトのデザート(旦那母の即興レシピだったんだけど、
かなりおいしかった)をいただきました。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (5)  TRACKBACK (0) 

最高!!!

2009.06.01 *Mon
今日は、皆さんに伝えたいことがあるんです。
実は、イギリスはここのところ








と~ってもいいお天気が

続いてるんです~








きゃ~、どうしましょう。
とりあえずBBQやらないと。

という訳で、昨日は友達何人かとBBQ。

大学内の芝生のエリアで、楽しんできました。


炭を持ってくるはずの人が炭を忘れて、
わざわざまたバスに乗って家まで取りに帰ったり
(大学内のお店はどこも炭が売り切れで・・・)
言いだしっぺの友達は、BBQ用のグリルは準備してきたんだけど、
ぺらぺらの新聞紙をちょびっと持ってきただけで、
とても火をおこせる量ではなかったので、
私が来た道をまた引き返して、20分かけて、
家に固形燃料を取りに戻ったり(しかもワインを2杯飲んだ後に・・・)と、
出だしはつまずきましたが、その後は順調に運び、
お腹いっぱいおいしく皆が持ってきたものをいただきました。


毎回思うことだけど、いろんな国の人が集まると、
いろんな食べ物が集まるので、それが楽しいんです。
お決まりのハンバーグやソーセージの他には、
中国人の友達が作ってきたチキンサラダ。
彼女の料理はいつも今ひとつなんだけど(失礼?ごめん!)、
このサラダはかなりすごかった。
またリクエストしようと思ってるくらい。

(ただ、かなり最初の段階で、
誰かがサラダの入った容器を持ったままふらふらっとして、
半分以上が芝生の上にばら撒かれたというオチがつくんですけど・・・)


あとはオーストリアの友達が作ってきたキュウリのサラダ。
多分作り方を聞いたら、
ひっくり返るくらいシンプルな材料しか使ってないと思うんだけど、
このサラダが太陽の下で行われたBBQにぴったりで、
食べた途端にキュウリが口の中です~っと溶けていって、
なんともさっぱりした気分に。
それから、キプロス出身の今回始めて会ったEは、
とてもおいしいお菓子を作って持ってきてくれました。
最初、見たときは春巻きかと思ったんですが(笑)、
(何でこのタイミングで春巻きを出すかな~・・・。)
とBBQでお腹がいっぱいの状態で思いつつ、口に入れたら、
甘かった(笑)。
そしてこれもめちゃくちゃおいしかった。
油っこかったけれど、ナッツの香りがたまらなくいけてて、
外側はパイ生地で、さくさく。
名前を聞いたんだけど忘れたので、先ほど調べてみました。
多分これだと思います。

Baklava(バクラヴァ)

私は、家に食べごろのマンゴーと、
やばい状態になりかけてるパパイヤがあったので、りんご、オレンジ、
バナナ、ぶどうと合わせて、フルーツサラダを作りました。
それと、定期購読中の雑誌
BBC Good Food Magazineの中で見つけたこれ。

Halloumi kebabs with thyme & lemon baste

このHalloumiというチーズ。
グリルしても、溶けないんです。
外側がこんがりとして来たら食べごろ♪
キプロスのチーズなんですが、イギリスでも、
特にBBQでよく使われるようになってきたもので、
最高においしいんですよ~。
去年初めて食べて、その味、感触、
そして何よりも熱に溶けないという個性(?)にはまってしまいました。

そんなわけで、食べ物はほぼなくなり、お酒類も完全になくなり、
芝生に寝そべってまったり話をしたり、フリスビーをやったりしながら、
気が付いたらもう8時。
それでもまだまだ太陽を楽しめたんだけど、
さすがに6時間くらい外にいたので、そろそろお開きに・・・と、
後片付けをして帰ってきました。

大学内には芝生のエリアがわんさかあるのですが、
昨日私達がBBQをやったのは、いちばん大きな芝生のエリア。
そこだけでも、200人くらいの学生達が何やかやと楽しんでました。
私達の隣のグループには、ギターを持った男の子が2人いて、
いろいろ弾き語ってたんだけど、この子達が割とうまい上に、
私の好きな曲も何曲かやってくれてて、音楽よ~し!て感じで(笑)。


他にもビキニ姿でわ~きゃ~騒いでる女の子達とか、
フットボールやったり、本を読んだり、
テスト期間中なので、
必死でパソコンとにらめっこしてる人達などなど
皆がそれぞれにこの素晴らしいお天気を楽しんでました。




そうそう、今朝はBBCのウェブサイトでこんな記事を発見。

Hottest day of the year predicted

どうやら、今日6月1日、今年いちばんの暑さが予想されているようで、
それに関する記事なんですけど、それでも25℃前後です。
ちなみに昨日のうちのエリアは、23・4℃くらいかな~。
20℃超えると暑いと言われる国なので、
ビキニの女の子達がうろうろしだすのは、当たり前のイギリスです(笑)。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 日記
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。