This Archive : 2010年02月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年

2010.02.23 *Tue
今日でイギリスに来て3年になります。
あっという間でした。
もう3年も経つのか~っていう感じ。
この間日本には帰ってないのですが、改めて3年も帰ってないと考えると、
めちゃくちゃ長い時間帰ってないんだな~としみじみ思ったりします。


この3年間の間にいろんなことがあって、
でも振り返ってみてもとっても充実していたし、いろんな経験ができたし、
旦那が転職したりして、今は学生をやってるけど、
どれもうまい具合に今後につながりそうな状態なので、
思い切ってイギリスに来てよかったな~と思えるのは、ありがたいことです。

旦那は今年の夏頃の卒業を目指しているので、また引っ越すことになりますが、
どういう状況になっても、
それをうまくいい方向に持っていけるようにできるといいな~。




それにしても、さすがに3年も日本を離れているので、
日本人の私はもちろんのこと、うちの旦那もここの所ずっと、
「日本に住みたい。日本がいちばんよかったかも。」
と日本を恋しがっています。

今いろいろ仕事を探していて、イギリスに限らず、
日本や他の国にも広げて考えているのですが、さてどうなることやら・・・。

とにかくどこに住むことになっても、1年後に
「今日で日本を離れて4年になります。」
という記事を書くことだけは避けたいので(笑)、



今年は絶対に里帰り




これ、必ず実行に移したいです。




ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
CATEGORY : 日記
COMMENT (5)  TRACKBACK (0) 

気になる、旦那のハンバーグ

2010.02.22 *Mon
昨日はちょっと調子が悪くて、大学のお店に買い物に歩いて行った以外は、
家でゆっくりしてました。
なんだかとっても1日を無駄にした気分。
だらだらする時もあるけど、だらだらする日は前もって
「よし、今日はだらだらするぞ~。」
と決めてだらだらするから楽しいわけで(私の場合)、
こういう予期してない日にだらだらしてしまうと、
何気に結構落ち込んだりするんです(苦笑)。

そんな私を見て、旦那が
「今日は夕飯作るよ。」
と言ってくれ、一気に元気になりましたが(笑)。


最近、月に3-4回の割合でキッチンに立つようになってくれて、
いい感じの旦那です。
もっともっと料理を褒めておだてて、
キッチンに立ってくれる回数を増やしていこうと目論んでいる私の作戦、
いい感じで効果が表れてきている模様。



で、昨日はハンバーグでした。
で、それがすごくおいしかったんですよ・・・。
これまでに食べたどのハンバーグとも違って、なめらかで、
いろんなハーブやスパイスの香りがいい具合に混ざってて・・・。












負けた・・・












と思いました。
私の作るハンバーグの100倍くらいおいしい・・・。
悔しいけど、完璧に私の負け。
これにはかなわん。






で、悔しいながらも、気になるのはレシピというか、
どうやって作ったのかということ。
何が入ってるのか聞いて、これからの参考にしようと思ったんですが・・・。




案の定、やつはちゃんと覚えていなかった・・・。

レシピにそって料理をするのが嫌いな旦那。
いつも、適当に、自分の勘を信じて、
そしてその場にあったものを気まぐれに使ってみたりしながら料理をする人なので、
たいてい同じものは2度と作れません(笑)。

でも、普通のハンバーグだから、
そんなに変わったことはやってないだろうと思ったんですが、
何と卵を3個も使っていた!
という驚きの事実以外には、やはり期待していた答えは返ってきませんでした。

ただ卵を3個も使ったということは、パン粉もいっぱい入れたのかな~?
と思い聞いてみても、
「うん、パン粉はまあまあ入れたね。」
とよくわからん回答。
「何のハーブとスパイスを入れたの?」
と聞くと
「ナツメグと~、後は適当に手に取ったやつをいろいろと・・・。」

う~ん・・・。

それ以外にわかったのは、マスタードを入れたということ。


だけど、これだけであの味が出るかな~?

後は混ぜ方かな~・・・。

う~ん、気になる。




今度またハンバーグを頼んで作ってもらおうかな。
その時は、後ろに張り付いて、一部始終をチェックし、紙に控えます(笑)。
(でも、きっと同じハンバーグにはならないのだろうけど・・・)






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 日記
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

やっとこさ完成

2010.02.19 *Fri
前回、クロスステッチについての記事を書きましたが(こちら)、
ついに作品が完成しました~。


あのあとこうなって

2009-12-31_convert_20100220012808.jpg
(12月31日の段階)

そして、こうなりました~。

2010-02-12_convert_20100220012915.jpg

大好きな花、クリスマスローズです。
アイロン当ててないのでしわしわですが・・・。

水彩画家、橋本不二子さんの作品がクロスステッチキットになったものです。
他にもたくさんのキットが出ていて、どれもとても素敵で、
実はもうひとつ別のキットを買ってあるんですが、それはしばらくおいておいて、
今、新たに新しい作品に取り掛かり始めたところです。

それはまたいつかブログで・・・。

こうやって仕上がってみるととても満足だけど、
とにかく緑色ばっかり刺すのは辛かった~。
同じ緑色に見えるところでも、実は微妙に違う色だったりするんです・・・。
いつか額に入れて飾りたいわ~。
(今住んでる所は壁に穴を開けられないので・・・無理なのです(涙)。
 それにまた今年引っ越すしね・・・。物は増やさないようにしないと。)





ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 日記
COMMENT (3)  TRACKBACK (0) 

仕事終了!

2010.02.18 *Thu
火曜日で仕事終わりました~。
まるまる残っていた28日間の有休に突入です。
そしてそれを消化次第、産休に入ります。

産休は1年間の予定で取りましたが、もうこの仕事に戻るつもりはないので、
そこの部分はうまく隠しつつ、職場の同僚達にお別れをしてきました。

全然予想もしていなかったのですが、仕事終了間近に、
スタッフの2人がランの鉢植えと皆からのカードをプレゼントしてくれて、
じ~んときました。



で、昨日から無職ですよ(笑)。

出産予定は4月末なので、まだ2ヶ月ちょっとあります。

でも、

「まだまだあるわ~。」

とのんびり構えていると、あっという間にその日が来ることはわかっているので、
無職初日から怠けないようにと、事前にいろいろプランを練り、
早速実行に移しています。

ホテルのレストランでの仕事は、割と体を使うものでした。
つわりが辛くなってきた頃に、勤務時間は少し減らしてもらったのですが、
それでも朝6時半からお昼までの5~6時間は、休憩なしの動きっぱなし。
その生活を急にやめたら、一気に体が怠け、
体重増加につながることは目に見えているので、
それを回避するために立てたプランは・・・。



毎日歩く。
毎日エクササイズ(ピラティス、ヨガなど)を続ける。
家事を「時間があるから~。」と言ってのんびりやるのではなく、てきぱきやる。


これらは最低限やること。

あとは、大雨で歩けない時には、
今までやりたくてもなかなか挑戦できなかったパン作り~
とか、
部屋の片付け、細かいところの掃除、後は夏頃に引っ越すかもなので、
今から引越しの準備(できる範囲で)。
それからもちろん、出産準備や赤ちゃんが生まれてからの生活のことも考えて、
いろいろそろえないといけないものもあるので、その準備も。

そうそう、出産と産後1ヶ月は旦那と2人で乗り切るので、
少しでも自分達に楽なように、3月後半に入ったら、
「冷凍庫満杯計画」
というのも実行に移す予定です(笑)。
夕飯に間に合うもので冷凍できるものをできるだけたくさストックしておけば、
産後しばらくの食事の準備が少し楽になるので・・・。

とにかく毎日(天気は悪いし寒いけど)絶対に家にこもらないようにして、
残りの2ヶ月を健康的に過ごしたいものです。

ちなみにちゃんと、昨日も今日も歩きましたよ~。
今日は出発時、雪が降っていたので、
大学内の屋根がある部分を中心に歩きましたが・・・
(全然楽しくなかったけど(笑)。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (3)  TRACKBACK (0) 

おいし過ぎ!スペインのお土産

2010.02.13 *Sat
去年ももらったんですが、
今年もスペイン人の友達がクリスマスの里帰りの際に買ってきてくれたお菓子。

2010-01-14_convert_20100214004513.jpg

トゥロン デ アリカンテ

というものです。

その友達の話によると、クリスマスの時期に食べるもので、
それ以外の時期には見ないとのことですが、
「こんなおいしいもの、クリスマスの時期にしか出回らないなんて・・・。」
と心の底から思わせるくらいおいしいんですよ。

私達がもらったのは、丸ごとのアーモンドがぎっしり詰まっているタイプのもの。
アーモンドが卵白と蜂蜜などで固められているものだそうです。
固いので、手で割って、ばりぼりと食べます。
2日でなくなってしまいました・・・(涙)。

2010-01-14+(2)_convert_20100214004550.jpg

オブラートみたいなものが、上下に張り付いてます。
卵白なので、雪のように真っ白なお菓子。

どうやら、
トゥロンと呼ばれるものにはいろんなタイプがあるみたいなんですが、
このアリカンテとかいうものがクリスマスのものらしい・・・。

来年は引っ越しちゃうので、もうもらえないな~(涙)。




ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 日記
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

びっくりしました

2010.02.09 *Tue
ホテルのレストランでの仕事も、あと1週間で終わりです。
来週の火曜日から、まるまる残っている有休をまず使い、
その後産休に入ります。

5時起き+6時半仕事始まりのこの生活とも、あと少しでおさらば~。




さてさて、今日なんですが、
いつものようにドアのところでお客さんを迎えていました。
お客さんが来たら、挨拶をし、部屋の番号と名前の確認をして、
席に案内します。
そして、メニューの説明をし、飲み物の注文をとります。




8時半頃だったでしょうか、1人の女性のお客さんがやって来ました。
その人、ドアのところにいた私のほうは見もせずに、
レストランの中をじっと見据えながらレストランに入って行きました。
後ろから声をかけたら、
「あそこに主人がいるから。」
と心ここにあらずといった感じの返事が返ってきたので、
私はその後に入ってきたお客さんの相手をして、
その女性の飲み物の注文は別のスタッフに任せました。


飲み物といっても、
ジュース関係はビュッフェ形式のレストランのカウンターに置いてあるので、
私達がやるのは、たいていコーヒーか紅茶です。
でも、そのスタッフはわざわざバーのほうへ行き、
何かグラスに入れたものを持ってきたので、私も
「さっきの女性のお客さん、何を注文したんだろう???」
と疑問に思っていました。




ら。
しばらくあとで、びっくりするようなことをそのスタッフから聞かされたんです。




何とその女性のお客さん、









今日にでも

赤ちゃんが生まれる状態









だったんです!!!




どうやら、早朝に破水し、病院に走ったらしいのですよ。
でも、「まだ早いから2時ごろに戻って来てね~。」と帰されて、
で、朝ごはん食べに来てたんです。
頼んだ飲み物は、レモネードでした。
炭酸飲料のガスの力を借りて、出産を早めようという作戦だったみたい。
(↑これ、効果あるんですか??初めて聞いたけど。
効くなら覚えておこうっと。)

こちらではよく、
カレーを食べると出産を早める効果があるなんて言う人がいますが、
今朝もスタッフの1人が、
「シェフにカレーを頼もうか。」
なんて言って、盛り上がってました(笑)。







朝からホテルのスタッフはこの話で持ちきり。


でも、何気に他人事ではない出来事で、いろいろ考えてしまった私です。
この女性は、旦那様とホテルに1泊で滞在してたんですが、
多分予定日はまだだったと思います。
もちろんこのあたりの人でもないでしょうし、
でもこんな風に出先で産気づいてしまって、出産という運びになったんですよね。

私は4月末が予定日ですが、4月の初めにエディンバラへ出かける予定です。
旦那家族全員が集まって、ちょっとした休暇を過ごすことになってます。
本当は3月を希望していたんですが、旦那兄達が無理で、4月になりました。

念の為、
「どこででも生めるように準備して行こう。(笑)」
と思った出来事でした。




赤ちゃん無事に生まれてきてくれてるといいな。




ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 日記
COMMENT (5)  TRACKBACK (0) 

ふくらまない~

2010.02.07 *Sun
最近、ちょこちょことお菓子を作るんですが、

2009-12-03_convert_20100207004918.jpg

りんごのパウンドケーキ

とか

2010-01-06_convert_20100207004956.jpg

こっちは生クリームを使って焼いたパウンドケーキ

とか・・・。


どちらも味は大丈夫なのに、

ふくらまなかった・・・(涙)。


(ばれないように、写真は上から撮りました)




パウンド型に敷いたシートがあり余ってるし(苦笑)。





混ぜすぎたかな~とか、いろいろ原因を探ってたんだけど、
わからずまま・・・。





やっぱ腕の問題か・・・



と、認めるにはちと辛い現実を受け入れようとした時に気が付いた。


ベーキングパウダーの賞味期限が2008年だわ!









これが原因かな~?

それともやっぱり腕の問題か・・・。





ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 日記
COMMENT (5)  TRACKBACK (0) 

ラザニア

2010.02.06 *Sat
そうそう、私、お正月は仕事だったんですが、
その日の夕飯は旦那が作ってくれました。

旦那は、付き合い始めた頃はまめにせっせと料理をする人だったのですが、
だんだんと料理をしなくなり、
ここのところは年に数回くらいしかキッチンに立ってくれません(涙)。


が、さすがにお正月に仕事はかわいそうと思ってくれたのか、
「1月1日は僕に任せてくれ。」
との強いお言葉。
「じゃあ、頼んだよ。」
と私も大喜びで、
「何を作ってくれるの?」
と聞いたら、自信満々に
「ラザニア。」
と。




え~、大丈夫かな~。
知り合って10年以上になるけど、
ラザニアなんてこれまで作ってくれた事もないし、
作れるなんて聞いたこともないしな~・・・。


とひそかに不安に思っていたら、その心のうちを読み取られたのか、


「大丈夫、大丈夫!学生の頃はよく作ってたんだよ。」

って。



学生がよく作る料理ですか?ラザニアって・・・。
学生にはちょっとレベルが高いのでは?
オーブンでチンのラザニアならわかるけど・・・。



などとまた思っていたら、相変わらず

「絶対おいしいから。」

と本人、自信満々、やる気も満々。




でも、私は全く信用していませんでした(←ひどい嫁)。
だってね、過去にはこういうこともあったしね・・・。


とりあえず、
「調理中に変な気は起こさないでね。普通のラザニアを期待してるからね。
変わった事しようなんて思わないで。」

と言い渡し、私はキッチンから消えました。

それからしばらくして、出来上がったラザニア。

2010-01-01_convert_20100207004636.jpg





おいし過ぎる・・・(涙)。




いやいや、本当にびっくりしました。
変な物も入ってなかったし(笑)、
ホワイトソースはちゃんとデリア・スミスの教えのとおりに作ったみたいで、
感動のお味でした。




私が真剣にほめたので、旦那も調子に乗って、その後数日は、
「自分のラザニアがいかにおいしいか。
これからはラザニアは僕が担当する。
オーブン料理は任せてくれ。」
などと毎日うるさかったのですが・・・





私もバカじゃありませんよ。











この調子に乗った旦那を

うまく利用しなければ・・・










という訳で、いい具合におだてることに成功し、
それ以来何度か料理を作ってもらってます。

またうまいこと言って、来週末あたり、
夕飯作ってもらおうかと検討中(うしし・・・笑)。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 日記
COMMENT (3)  TRACKBACK (0) 

助産師さんとの最初の面会

2010.02.04 *Thu
妊娠したらしいとわかって、まず最初にGPに会ったのですが、
(その時の記事はこちら
それから助産師さんとの予約を取り、初めて助産師さんに会ったのは、
妊娠9週目に入ってからでした。
もう少し予約を早く取ることもできたのですが、都合がつかず、結局この週に。

ネットなどの情報で日本の事情を見ると、
妊娠初期に結構検診が入ってくるみたいなので、
(しかも内診とかあるんですよね、こちらではやらないです)
こんなにほうっておいてもよいのだろうか・・・
という不安などもありましたが・・・。


で、最初の面会のこの日に何をしたのかというと・・・。

血圧測定
第1回目の超音波検査の予約
ちょっとした話(食べちゃだめなものの説明と、
こちらでは必ず言われることのようですが、
Folic Acid(葉酸)の摂取をするように言われます)




以上でした。

血液検査は、しばらく前に1度やっていたので
「じゃあ、今回はいいわね~。」
となしに。
尿検査もなかったし、あっけなく終わりました。



「えっ、こんなもんなのか?」
とちょっと物足りなさの残る最初の面会。
でも、助産師さんはとってもいい感じの人で、安心。




ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

クリスマス 2009年 その4

2010.02.03 *Wed
これまでの記事はこちら

その1 その2 その3


クリスマスホリデー中、旦那両親の家が満室だったため、私達が泊まったのは、
旦那両親の持つコテージの1つ。

旦那両親は、コテージを島に3つ持っているんですが、
そのうちの1つは長期でとある家族に、
あとの2つは3月から10月の間は、週単位で旅行者に貸しています。
その冬の間使われていない2つのコテージそれぞれに、旦那兄とその婚約者、
そして私達が泊まりました。




さて、私達が泊まったほうのコテージは、
旦那家族にとってはとっても大切な意味のある建物でもあります。
この建物、もともとはローカルの新聞会社でした。
約30年ほど前に、旦那両親がこの島に引っ越してきた時に、
建物と会社(つまりビジネスごと)買い取り、その後25年間ほど、
家族で新聞会社を経営してきたんです。
2003年に旦那父が定年で仕事を辞め、
大手の新聞会社にビジネスを売り渡すまでは、
コテージと呼ぶには程遠い建物でした。

中はいつもインクのにおいが立ち込め、暗室があり、印刷室があり、
オフィスがあり、そこで数人のスタッフがいつもせっせと働き、
旦那父が記事を書き、毎週発行の地元の新聞を作り上げていました。

私も、遊びに行く日が新聞の発行日の前日と重なると、
必ずお手伝いをしていましたが、
旦那も小さい頃からここでいろんなことを手伝ってきたし、
10代の頃にはあちこちにカメラマンとして写真を撮りに行ったりしていて、
とにかく旦那家族が皆でやってきた新聞作りの思い出がいっぱいの建物なんです。

結局、子供達が誰も会社を継がなかったので、
新聞会社のほうは売ることになったわけですが、
建物自体は旦那両親の持ち物なので、最終的に会社が別の場所に移動し、
建物だけが残るという形になりました。



それから数年かけて、DIY好きの旦那父と、
知り合いの建築家(兼大工さん)の手により、今のコテージができあがりました。
旦那父は、かなりのDIY好きではありますが、
このコテージを始めて見た時はひっくり返りました。
知り合いの大工さんと一緒に改築したとはいえ、
かなりの部分は旦那父が関わったようで、
果たして旦那父をただの「DIY好き」と呼ぶにとどめておいてよいのだろうか・・・?
と今でも悩むくらいです。
いやもう、「大工さん」と呼んでもいいかもしれん(笑)。


2009-12-27+(9)_convert_20100204005322.jpg

もともとは2階建てだったのですが、そのうちの半分は床を壊し、
オープンスペースに。
そしてロフトを作り、そこをベッドルームに。
この螺旋階段は、旦那父の自慢の1つ。
もちろん、自分で取り付けました。

2009-12-27+(3)_convert_20100204005035.jpg

階段を上るとこんな感じ。
写真を撮ったのが出発日の朝だったので、
ベッドシーツ取り外した後ですが・・・。

2009-12-27+(2)_convert_20100204005005.jpg

上から下を見るこんな感じ。

2009-12-27+(7)_convert_20100204005234.jpg

キッチンの写真を撮ろうとしているのに、どいてくれなかった旦那。
「顔写してブログに載せるよ~。」
と言ったら、後ろ向きで包丁を持って踊りだした(苦笑)。
このキッチンのタイルも、1枚1枚旦那父が張っていったものです。

2009-12-27+(5)_convert_20100204005136.jpg

コテージ中、旦那母が集めた(主にチャリティーショップで)
かわいいものがいっぱい。

2009-12-27+(4)_convert_20100204005106.jpg

これも旦那父の自慢作。
ダイニングテーブルは、何と昔の足踏み式ミシンを改造したもの。
これ作るのすっごく大変だったみたいです。
それから、椅子は全部教会で使われていたものです。
よく見ると、後ろに聖書を入れる部分があるのがわかりますか?
(そして聖書が入ってますが(笑)。
長い方の椅子も教会の物。
32番って列の番号が入ってます。

2009-12-27_convert_20100204004855.jpg

リビングエリアはこんな感じ。
なんといっても、いちばんの目玉はこのステンドグラス。
旦那両親が、新聞会社の思い出をこの建物に残すために、
過去の新聞の中から何枚か写真を選び、
地元のステンドグラス作家に作ってもらったものです。

コテージとして見ても、素敵な建物なんですが、
過去の新聞会社時代を知っている私にとっては、
また別の意味で素敵な建物だし、ここでずっと旦那両親の働く姿を見て、
そして一緒に手伝って(育って)きた旦那にとっては、
とっても思い入れのある建物。

今回、クリスマスホリデーをここで過ごせて、
(旦那両親の家に毎日通うのは大変だったとは言え)
本当によかったです。




って、実は、床下暖房がついていて快適だったからというのが、
私達がここに泊まる事に決めた一番の理由だったりもして・・・(笑)。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : クリスマス
COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 

クリスマス 2009年 その3

2010.02.02 *Tue
過去記事はこちら
その1 その2


今年のクリスマスは、旦那両親の家に、旦那兄とその婚約者、旦那妹家族、
旦那妹の義理の母、そして私達が集まりました。

毎年恒例のクリスマスイブの夜のミサは、今回はなし。
赤ちゃんが2人いたし、道も凍ってたし、
私達は危ないから歩いて教会には行かないと最初から決めていたし、
結局皆、「じゃあ、今年は辞めようか。」ということに。

そして、クリスマス当日の朝。
旦那実家では、暖炉の所に吊るした靴下の中に、
サンタクロースがプレゼントを入れておいてくれてたみたいですが、
私達は旦那両親のもつコテージに泊まっていて、暖炉がなかったので、
キッチンの扉の中にプレゼントがおいてありました。
クリスマスの3日前に、旦那母が、
「サンタクロースから預かってきたのよ。」
と言って、そこにプレゼントを入れているのを見ていたので(笑)、
朝起きていちばんにプレゼントを開けました。


ちなみに今年は、私から旦那へのプレゼントは眼鏡。
そして、旦那から私へのプレゼントも眼鏡。
でも、年が明けてから買いに行く予定をしていたので、
クリスマス当日は何にもなし。




朝ごはんを食べて、凍った道を旦那実家まで歩いて行きました。


旦那家族のクリスマス恒例の行事は、ウォーキングです。
あったかい飲み物(アイリッシュコーヒーとか)を魔法瓶に入れて、
せっせとウォーキングに出かけます。
天気が大丈夫だと、3~4時間の長いウォーキングになることもあるのですが、
今年は、赤ちゃん2名、妊婦1名、しかも道はがちがちに凍っていたため、
いつもよりは短いウォーキングになりました。
(というよりは、
子連れの旦那妹夫婦と私と旦那母が途中でリタイヤした形になったのですが(苦笑)。

で途中から家に引き返す組と、
このままウォーキングを続ける組に分かれました。


そうそう、お楽しみのアイリッシュコーヒーは
(と言っても私は飲めないんですが(涙)
旦那妹がリュックから魔法瓶を出してすぐに落としたため、
そしてそれが昔の魔法瓶だったため、中のガラスが割れてしまい、
そのままゴミ箱行きになりました(涙)。
皆、かなりショックを受けていたな~。
旦那妹も必死で謝ってたし(笑)。
無事だったもう1つの小さいほうの魔法瓶から、
全員一口ずつという条件で分け合って飲む羽目になりました。




その後、旦那両親の家に、着替えて3時集合ということになり、
私達はいったんコテージに戻り、クリスマス用の服に着替えて出発。
それなりにちゃんとした服に、でも足元はハイキングブーツで(笑)、
またまた凍った道をてくてく。

そして全員集合したところで家族の集合写真を撮り、
いよいよお楽しみのプレゼントを開ける作業に入りました。
今年も皆、いろいろと私のことを考えてくれてて、
本当に役に立つものをたくさん頂きました。

それから、クリスマスディナーが始まりました。
今年は、ターキーではなくて、
Three Bird Roast とか言われるものを、
旦那母が用意していたんです。
なにやら、七面鳥の中に、キジ、そしてその中に鴨が入ってるとか・・・。
(順番違ったかも・・・だけど)。
それのローストディナーでした。
とってもおいしかったけど、骨がほとんど入ってないので、
カービングしにくいことと、
食べてみてもどれがどの肉なのかがわからなかったというのが難点でしたが。

その後はクリスマスプディング。
でも、私は苦手なので、
もう1つのデザート、チョコレートルーラード(ロールケーキみたいなもの)を
頂き、満腹に。
まだ更に、ビスケットとチーズとポートワインを楽しむ1部の人達を横目で見ながら、
私と同じところで食べることを辞めた旦那と旦那母と一緒に後片付けに入りました。


本当はその後、リビングに移動して、恒例のゲーム・・・だったんですが、
私、もうこの時点でありえないくらいに疲れてしまって、
結局後片付けの後コテージに戻りました。


そんな訳で、2009年のクリスマスが終わりました。

いろいろな面で大変だったし、とにかくすごく疲れたんですが、
それでもとても楽しかったです。




ただ1つ反省する点は・・・・・




写真を撮ってないこと。



クリスマスのことを書いた記事なのに、何て地味なんでしょう(笑)。




次回は、私達が泊まった旦那両親のコテージの写真を載せます。
最終日、
「やばい~、写真あんまり撮ってないよ~。」
と焦って、せめてコテージの写真だけでもと撮りまくったんで・・・。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : クリスマス
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

クリスマス 2009年 その2

2010.02.01 *Mon
その1はこちら



クリスマスホリデーの期間中、旦那両親の住むスコットランドのとある島は、
本当に寒かったんです。
それから雪も積もりました。
これは結構珍しいことなんです。


毎日が氷点下の世界。
当然、どこもかしこも1日中凍った状態。

そんな中を、泊まっていたコテージから旦那両親の家に向かって毎日歩くのは、
並大抵のことではありませんでした。
特に到着した日は、
こちらでは凍結防止の為によく撒かれる融雪剤がまだ撒かれておらず、
歩道も含めてまさにアイスリンク状態。

旦那につかまりながら、ペンギンのような格好で歩きましたが、
本当に怖かったです・・・。
(特に妊娠中な為、転びたくないというよりは転べないし・・・。)
普段は15分で歩けるところ、40分はかかりました・・・。

歩道に関しては、翌日融雪剤が撒かれたので、少しましな状態にはなりましたが、
ところどころが凍ってるのでやはり気は抜けませんでした。

そしていちばん大変だったのは、旦那両親の家の敷地に入ってから。
家の前が庭になっているんですが、結構な上り坂なんです。
車道の部分はもうつるっつるで、車も上まで上がれず・・・。
もちろん人も・・・(笑)。
で、まだ少しましな芝生の上を、
ざくざくと雪を踏みしめながら上っていくんですが、
雪といってもかなり凍った状態なので、これはこれで危険。

毎日、お昼頃に旦那両親の家まで歩いて行って、そこで時間を過ごし、
夕飯を皆で食べて、しばらくして帰ってくるわけですが、
夜疲れて、今すぐにでもベッドに入って寝たい!という中、寒い外に飛び出し、
凍った道を神経を使いながら歩くのは、はっきり言って













めっちゃ辛かった












です・・・。
そのため、今回のクリスマス休暇は、楽しかったけど、
楽しくなかった・・・。
複雑な感じでした。



「どうして、車で誰も送ってくれなかったの?
そんな危険な中、妊婦さんを歩かせるなんて。」
と思われるかもしれませんが、こちらの車、
ほとんどがスタッドレスタイヤを付けてません。
ていうか、持ってる人は珍しいと思います。
そこに加えて、皆お酒も飲むから、
危険度に関しては歩くのと変わらないんですよね(苦笑)。

ま、何事もなく無事でよかったです。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : クリスマス
COMMENT (4)  TRACKBACK (0) 


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。