This Archive : 2010年03月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何て呼ぶか?

2010.03.30 *Tue
予定日まで1ヶ月ほどになり、赤ちゃんの名前を決めるのに、
日々悩んでいる私達夫婦ですが、妊娠がわかってしばらくした頃、旦那が
「お腹の中にいる赤ちゃんを何て呼ぼうか?」
と言い出しました。

私、個人的には

「赤ちゃん」

でよかったのですが(←いたって普通)、旦那は

「赤ちゃんって、そのままやん。」

と反発し、いろいろ考え始めました。




でも、本人にセンスがないからか?なかなかいい名前が浮かんでこず。

変なのはいっぱい出てくるのに・・・。


ちょうど私が胎動を感じるようになった頃だったので、私が

「今、むにょっと動いた。」

と言うと

「むにょんちゃん。」

「今、ぽこんと動いた。」

と言うと

「ぽこんちゃん。」

などと呼んでいた旦那でしたが、どれも定着せず。


そして何も決まらないままにお腹が少しずつ大きくなってきたのですが、
その頃から突然こう呼ぶようになりました。





ふとりちゃん





もちろん、漢字で書くと




太りちゃん





・・・・・。

か・かわいくないぞ・・・。




しかも、太ってきてるのは赤ちゃんじゃなくて、私なんですが?
どう見ても赤ちゃんの呼び名にはふさわしくない~と思っていたら、
どうやらこのふとりちゃんというのは赤ちゃんの事を指しているのではなくて、
私と赤ちゃんを合わせてふとりちゃんという事だったみたい・・・。

この呼び名については、しばらく(数週間ほど)うれしそうに使ってましたが、
いつの間にかこの呼び名も姿を消しました。





で、結局落ち着いた呼び名は・・・・・





「赤ちゃん」(笑)。





私が最初からず~っとそう呼び続けていたので、
旦那もいろいろ考えるのは諦めたみたい。

たまにアレンジをきかせて

「赤ちん」

と読んでる時もあるけど。

ちなみに英語の時は

「Baby」




こんなんだから、
生まれてきてからの名前もなかなか決められないんだろうな~・・・。

イングランドでは、名前の登録は出生後6週間以内と割りと余裕があるのだけど、
名前がなかなか決まらない人は、最初に出生届だけを出して、
後で名前を届けるケースもあるのだとか。
そういう場合は、最初の届けの時に名前のところにとりあえず

「Baby」

と書いて出すらしい(笑)。

あはは~、そうはならないようにがんばって考えようっと。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
COMMENT (8)  TRACKBACK (0) 

全部欲しい

2010.03.27 *Sat
去年、旦那両親に頂いた猫の置物。

2009-10-27+(3)_convert_20100327011535.jpg

ちょっとボケボケの写真ですが・・・。

スコットランドのセントアンドリューズという街にある
The Wemyss Ware® pottery studioという陶芸スタジオで作られたもの。
ホームページはこちら


この猫は手の平サイズの小ぶりなものですが、
旦那両親の家にはおっきいのが2匹います。

猫以外にもいろんな作品があって、どれも本当にかわいい。

パンフレットやホームページを見ていると、全部欲しくなるくらい(笑)。




1度行ってみたいお店です。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

無料なんです

2010.03.26 *Fri
NHS(イギリスの国の医療サービス)は、いろんな点で不満もあり、
悪名高き機関ではありますが、何といってもありがたいのは、
ほとんど全てにおいて無料であるという点。

入院しても、手術をしても、診察をしてもらっても基本的にお金は取られません。

出産も、妊婦検診も全てタダです。

そのかわり、本当に最低限のことしかしてもらえませんが・・・。



例えば去年ちょっとした病気で手術を受けた時も、
日本なら1週間くらいは入院するケースが多いタイプの手術でしたが、
こちらは当日退院!!
(たまたま私の場合、手術時間が4時間ほど遅れたため、
夜の段階でまだ血圧が戻らず、1泊入院と言う結果になりましたが)。
しかも術後の検診は・・・3ヵ月後だったし(苦笑)。
(その頃にはもう忘れてたよ、手術のことなんて・・・。)


出産に関しても、1泊入院、あるいは当日退院というのは普通のようです。
(もちろん状況にもよりますが)。


産んですぐに帰らされたら・・・と心配な気持ちも出てくるんですが、
2人目を産んだ当日に退院した旦那妹の話によると、
「心配しなくても、相部屋で他の赤ちゃんやお母さん達と一緒に数時間過ごして、
まずい食事を摂らされたら、すぐに帰りたくなるわよ~。」
とのこと。








確かにそうかも(笑)。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

がっかり

2010.03.22 *Mon
いつだったか、旦那がうれしそうに
「いいもの見つけてきたよ~。」
と家に帰ってきました。

なになに?と思いつつ旦那が買い物袋から何か出すのを見ていた私。

2010-03-02_convert_20100322234440.jpg

なんと、わさび味のポテトチップス~♪

めっちゃ辛いよ~って雰囲気がバンバン伝わってくるパッケージ。

2人で期待して食べてみました。





が・・・。






私達にはわさびの味はこれっぽっちも感じられませんでした。
それに全然辛くないんですが・・・。






期待しただけにがっかり・・・。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 英国 食事情
COMMENT (3)  TRACKBACK (0) 

超音波検査

2010.03.19 *Fri
NHS(国の医療サービス)の場合、
妊娠初期の検診というのが非常に少ないイギリス。
(いや、中期も後期も少なめか・・・苦笑)

私の場合は6週でGPのお医者さんと面会。
(これまったく意味なかったけど・・・・・その時の話
それから9週目に入って助産師さんと面会。
(これもあっけなく終わったけど・・・・・その時の話


なので、この時点ではまだ
「自分は本当に妊娠している」
という確信はなんとなく持てないままの状態でした。
それに赤ちゃんが無事にちゃんと育っているのかどうかさえもわからない。
考え出すと不安でたまらなくなるので、とにかく何も考えないようにし、
妊娠に関する事が書かれたものも読まないようにして過ごしてました。




さて、一般的にイギリスで妊娠生活を始めた人にとっての最初の一大イベントは、
何といっても10週目あたりと20週目あたりで受けられる
(そして一般的にはこの2回しか受けられないのですが・・・)
超音波検査です。


私はこの10週目の検査を受ける直前までは、不安な気持ちが大きすぎて、
とにかく怖くて、病院に向かうバスの中で
「受けずにずっといようかしら。」
とか思ってたくらいだったんですが、始めて赤ちゃんの姿を見て、そして
「心拍の確認ができました。」
という言葉を聞いて
やっと「妊娠している」という事を確信でき、一気に不安感が吹き飛び、
「この子には絶対に4月に会う。」
と強く思ったものです。

この10週目の検査で、大体の予定日も教えてもらえます。

それから10週間後の20週目の検査。
この検査では、赤ちゃんのいろんな臓器(特に心臓など)を
念入りに調べられました。
それから希望者には性別も教えてもらえます。
(ただしこれは地域あるいは病院によっていろいろのようですが)

ほとんどの人が、この2回の超音波検査の時に、記念の写真ももらいます。
というか、買います(笑)。
うちは、2回目の時、検査の途中でSonographer(超音波検査をする人)が
別の用事で抜けたりしたので(その間、お腹出したまま待たされた(笑)、
「待たせちゃったからお金はいいわ~。」
とタダにしてもらえましたが。




さてさて、この超音波検査も地域によっては(あるいは病院によっては)、
1回だけというところもあるようです。
旦那妹は、1人目妊娠時は、10週の検査のみだったそう・・・。


なので、NHSとは別に個人の機関やプライベートの機関で、
お金を払って超音波検査を受ける人もいます。




日本と比べると圧倒的に超音波検査の回数が少ないと思うのですが、
正直20週目の検査を受けた後には、
赤ちゃんは順調に育っていると言う安心感よりも
「もうこれで終わりなのね。
まだ出産まで20週もあるのに、次に姿を見るのは産んだ後だなんて~・・・。」
とまたここで不安な気持が押し寄せてきました。
「後半にせめてもう1回くらい受けられたらいいのに・・・。」
と何度思ったことか。





さて、そんな後半に入った頃のある日の妊婦検診。
助産師さんに
「子宮低長が短めね~。また2週間後に来て。」
と本来なら4週間後でよかった検診日を早められ、2週間後にまた行きました。
そこで
「ちょっと赤ちゃんが小さめかもしれないわ~。」
と。
でも、助産師さん、からからと笑いながら
「まあでも、あなたが小さいからね~。
とてつもなく大きい子が生まれてくるとも思えないし、大丈夫よ~。」
とも。

私、どの程度心配してよいのかわからず・・・(苦笑)。

で、結局念のためと、助産師さんが病院の産婦人科医の予約を取ってくれて、
病院に。

そこで3回目の超音波検査を受けました。


結局、赤ちゃんの大きさは人並みで何の問題もなかったので、
今でこそ
「3回目の検査が受けられてラッキーだったね。」
と旦那と言ってますが、受けるまではありえないくらい心配で、
行きのバスの中でも2人ともとっても無口でした。




それにしても、
30週の赤ちゃんって画面に全体の姿が納まりきらないんですね・・・。
ジグソーパズルみたいで、
技師の人に教えてもらわないと何がなにやらわからない状態でした。
技師の人、丁寧に
「これが大腿骨ですよ~。」
とか言って各パーツを見せてくれました(笑)。



というわけで、私は3回受けられた超音波検査。
日本と比べると、最初の頃は
「少なすぎ~。もっと受けたい~。」
と思ってましたが、イギリスの状況にどっぷり入り込むと
「2回で十分。余計な不安が増えるだけだわ・・・。」
と思えてくるから不思議です。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (5)  TRACKBACK (0) 

ちょっとした幸せ

2010.03.16 *Tue
去年の秋、時々利用しているロンドンにある日本食材店のオンラインショップで、
始めて日本のカレーを買いました(セールだったから)。

貧乏学生生活なので、いつもは本当に必要なもの(米とか調味料)
くらいにしか手を出さないのですが、
「セールだしいいよね~。」
と思い切って買った日本のカレールーと、これまたセールだった福神漬け。




2009-11-05_convert_20100317000141.jpg


あまりにもうれしくて写真を撮ってしまった(笑)。

こんな、日本にいた時には写真に撮ろうとさえも思わなかったものが、
私と旦那に与えた喜びは








大きかった~







カレーと福神漬けが、こんなにもおいしいものだったとは!!!





実は先日、お米などを注文した際に、カレーと福神漬けも一緒に頼みました~♪
あさってあたりに届く予定。
楽しみだわ~。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 英国 食事情
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

つわり

2010.03.12 *Fri
妊娠と言えばつわりです。
ない人もたまにいるみたいですが、たいていの人が悩まされるものかと思います。

今はもう9ヶ月に入ったので、つわりも私にとっては過去の話。
あの頃が懐かしいわ~と思いつつ、振り返ってみたりして。





さてさて、私、つわりが始まったのが早かったんですよ。
日記を見て週数を数えてみたんですけど、
どうも妊娠3週目くらいから始まってたみたい。
その頃の日記には
「気持ち悪い。頭が重い。だるくて疲れた~。」
ということが毎日のように書かれてあります。
でも、つわりの症状はもっと遅くに出るものだと思ってたので、
最初は妊娠だとはあまり疑ってはいませんでした。

そうそう、
この頃から特にパソコンを使い始めると気持ち悪さが一段とアップしたので、
パソコンを使うのが辛かったな~。

ブログもこの時期はほとんど更新できなかったし・・・。


だけど、ありがたいことに私のつわりの症状は、
まだまだましだったほうだと思います。
なんといっても助かったのは、吐く事が1度もなかったこと。
常に吐きそうな状態ではありましたが・・・。

船酔いと2日酔いを足して3をかけたような状態が起きている時は常にあって、
とにかく仕事は辛かったな~。
職場でも無口になったし、
余計なことは考えずに機械のように淡々と仕事をこなしてた様な・・・。


食べたいと思えるものがほとんどなくなり、
大好きだった紅茶も全く飲めなくなりました。
でも、食べないと余計に気持ち悪いので、仕方なく何かを口にする感じ。

比較的口に入ったのは、バナナ、シリアル、味のないクラッカー。


旦那が見るに見かねて、
「夕飯は作るよ。」
と言ってくれてたのですが、作ってもらっても食べられないのが悪くて(笑)、
自分で作ってました。
でも、味見をしてもおいしいのかまずいのかがわからなかったけど(笑)。


で、いざ夕飯の時間になると、もう全く食べられないのですよ・・・。
一口食べて、
「あ~、もうだめ~。」
とそのまま床に寝転がってました。
旦那が夕飯を食べてるのを、旦那の足元に寝転がり眺める妻(笑)。


あとは、歯磨きも辛かったし、いろんな匂いもだめになって、
何度もハンドソープを買い換えたりしてたな~。




つわりのピークは9週目でした。
この週、
本当はスコットランドの旦那の親戚の別荘へ遊びに行く予定だったんです。
でも、私は半分楽しみ、半分行きたくないという状態で、迷ってたんですが、
出発日の前日は自分達の引越しの日でもあったし、
体がもたなさそうだと思ったので、旅行はキャンセル。

結果、大正解。

この週は丸々1週間、ほとんど動けませんでした・・・。
引越しの片付けを~と思いつつ、1日に段ボール箱1個を処理するのが精一杯。
10分動いては3-40分横になるの繰り返しで、かなり辛かったです。



そんなつわりが約2ヵ月ちょっと続き、安定期に入る頃に終わりを迎えました。

つわりの終わりは・・・人によりますが、
私の場合は割とはっきりくっきりしてました。

ある日朝起きたら、すごく紅茶が飲みたくなったんです。
2ヶ月ほどの間全く飲めなかったのに。
そして、その飲んだ紅茶の何とおいしかったこと。
これまでの人生でいちばんおいしい紅茶でした。




ちなみにこのつわりの間中、唯一食べたくて仕方なかったものがあります。
実際手に入ったら、本当においしく食べられたかどうかは謎ですが、
手に入らないとわかっているからこそ、その思いは募るばかり。
何でこんなものを欲しがっていたのか・・・今考えると謎ですが、
とにかく食べたくて食べたくて仕方なかったもの・・・それは。







安い駅弁の竹の容器に入っている、
冷めて硬くなった白いご飯(カリカリ梅付き)(笑)。





普通の冷めた白いご飯と梅干も試しましたが、これではだめで、
あの竹の容器に入ってる駅弁のやつじゃないとだめだったんです・・・。
気持ち悪さがピークに達してる時は、頭の中で何回も、
「今から最寄の空港に走って、日本行きの飛行機に乗ったら・・・
24時間以内には駅弁が買えるのにな~。」
と、その状況を細かく頭の中に描いたり、
それを旦那に話したりして、気持ちを紛らわせたりしてました(笑)。




さて、つわりが終わると今度は反動で食欲が増すとは良く聞く話ですが、
私の場合は食欲がほとんど戻らないうちに、常に満腹感におそわれるようになり、
それは今でも続いてます。
何でもおいしく食べられますが、量が入りません。
胃がつぶされてるのかしら・・・。
お陰で体重だけはいい感じを保ててますが、常に満腹感があるというのも、
これはこれで結構辛いです。
ちょっと食べただけで、胃がはちきれそうになるので・・・。





ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (7)  TRACKBACK (0) 

ホテルで1泊

2010.03.09 *Tue
4つ星の素敵なホテルに泊まってきました~。

なんですが、自分が働いている(いた?現在産休中)ホテルなので、
いまひとつ盛り上がりに欠けました・・・。



うちのホテルは、1年働くと、正社員もパートもバイトも全員に、
毎年誕生日に会社から
「1泊ディナー&朝食付き」
のプレゼントがもらえるんです。
もちろん家族で泊まれます。

で、昨日行って来ました。

すごく楽しかったですよ。

だけど、贅沢を言うわけじゃありませんが、
どうせなら別のホテルに泊まりたかった~。

うちの会社は、全部でホテルを6つ経営していて、
しかもそのうちの4つは湖水地方に散らばっているのです。
全部4つ星なので、ホテルはどこもいい感じなんですが、
家から徒歩5分の職場で泊まるより、
旅行感覚で湖水地方にふらっと行きたかった~。
実は、私が働き始める直前までは、どこに泊まってもよかったらしいのですが、
今は自分が働いているホテルにしか泊まれなくなってしまったようです。




まあでも、無料でディナーも楽しめるし・・・と、
昨日旦那が夕方家に帰ってきてから、荷物をまとめて出発。
いつもの仕事へ行く道を歩くこと5分、ホテルに到着しチェックイン。
旦那は喜んでホテルのプールとジムへ・・・。
私はこの体で着れる水着も持ってないし、ジムなんて無理。
かといって、暖炉のあるロビーでくつろぐのも落ち着かないだろうし
(従業員にいっぱい会うから)
それにホテル内をうろうろしたりすることにももちろん興味はないし(笑)
で、部屋でテレビをつけて、クロスステッチをちくちく(笑)。

でも、うちにはテレビがないので、
実は意外にこんな風にだらだらとテレビをつけて時間を過ごすのが
楽しかったりもしたのですが・・・(笑)。


しばらくして旦那が帰ってきたので、バーへ直行。
おいしそうにビールを楽しむ旦那と、ジンジャーエールをちびちび飲む私。
バーだと、バーのスタッフがうろうろしていて落ち着かないので、
ロビーの暖炉の前へ移動。
でも、レストランの入り口近くで、
こちらにはレストランのスタッフ(同僚)がうろうろしているので
やはり落ち着かず、で、同僚達に背中を向けて座れる位置へまた移動(笑)。



その後、時間になったのでレストランへ~。
もちろんいつも働いているところで、
お客になって食べるのはそれはそれで面白かったです。
旦那なんて、
スターターとメインは飛びぬけて他のメニューより高いのを選んだよ・・・(汗)。
すごい度胸だ・・・。
しかもパンのお代わりまでちゃっかり頼んで・・・。

私はスターターにハムとイチジクのサラダ、メインはチキンソテー、
デザートはチョコレートのパルフェ。

でもね、後で気が付いたのですよ・・・。
パルフェって、確か生卵使って作るよね・・・(汗)と。
(イギリスの卵は日本のように殺菌していないものもあるので、
妊娠中は生卵はもちろんのこと、半熟卵でも食べちゃだめだと言われるんです)。

あ~でももう遅い~。
(結局あれから半日以上経ってぴんぴんしてるので、大丈夫だったようですが)。

旦那は、スターターに海老の何とかかんとか、メインはビーフステーキ、
デザートはトフィープディングのアイスクリーム添え。

この旦那のビーフステーキがすんごく分厚くて、めっちゃおいしそうだった。
そして、実際本当においしかったらしい。
私もそれが良かった・・・。
(でも、妊婦は生肉はだめだと言われているので、しかも外食だし、
かといってウェルダンのステーキは苦手なのでやめました・・・)

う~ん、でもタダで食べるのっていいわ~(笑)。
じゃなきゃ、こんなお値段で外食なんて、とてもじゃないけどできません。

職場だからチップも残さずに、さっさと退散。

旦那はまたバーによって飲み物を手に入れ、
(ちなみに飲み物代は払います。25%ディスカウントで)
部屋に戻り、だらだらとテレビを見て、寝ました。





翌朝(今朝ですが)は、朝ごはんを食べて、帰って来ました。
私はいつも朝ごはんとランチの時間に働いているので、
ま~ったく何の新鮮味もありませんでしたが・・・。
(だって、いつも食べてるものなんだもん)



でも、楽しかったです。


2010-03-08+(2)_convert_20100310003652.jpg

2010-03-08_convert_20100310003736.jpg
(お風呂はジャグジーつき。シャワーは別というのもありがたい。
でも結局入らなかった(笑)。私、「お風呂に入りに行くんじゃないんだから・・・。」
と家を出る前にシャワー浴びて行ったので。)

2010-03-08+(3)_convert_20100310003809.jpg
(私、天蓋付きのベッドって、よく意味がわからないんですが・・・。
豪華そうには見えるけど、家にあったら面倒臭そう。掃除も大変そうだし、
何か・・・邪魔?(笑)








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 英国 職事情
COMMENT (5)  TRACKBACK (0) 

だんだん・・・

2010.03.08 *Mon
ここイングランド北部も、少しずつ春の気配が漂ってきています。
最近はずっとすごくいいお天気。
見事な青空と太陽で、
「あ、一応この国に太陽はあったのね。」
と思い出しました(笑)。

気温はまだまだ最低気温は氷点下のこともありますが、
日中は7-8℃まで上がるようになってきたし、
太陽が出ているとそれだけであったかく感じるものです。

それでも私には、半袖やキャミソールというのは理解できませんが、
たまにそういう恐ろしく薄着の人も見かけるようになってきました。



さて、昨日はまたまたいつもの運河沿いの道を、街まで歩いてきました。
途中横切った牧場は、昨日は羊でいっぱい。
私のような妊娠中の羊と、子連れの羊達でにぎわっていました。

私達が通ることによって、
向こうもちょっと離れたところへ移動しようとします。
思いお腹をよっこらしょと持ち上げてのろのろと移動する羊達を見て、
そしてその大変な気持ちがすごくよくわかるので、

「どうも、動かして申し訳ございません・・・。」
と真剣に思ったりして(笑)。
しかも皆、すっごく迷惑そうな顔でこっちを見てた・・・(笑)。

子羊たちの中には、本当に最近生まれたような子もいて、
ふらつく足取りで一生懸命立とうとしていたり・・・。

と、そんな牧場をすり抜けて、運河に到着。
ここから街までは一直線です。




でも、だんだんこの道のりがきつくなってきてます。
昨日も、途中何回も立ち止まって休憩。
歩くスピードも落ちてきて、たくさんの人に追い越されました(笑)。

旦那が
「もう今日で最後かな~、このウォーキングも。次は出産後だね。」
などと悲しいことを言うので、
「まだまだ大丈夫。来週も歩くよ~。」
とは言いましたが、あと何回歩けることやら・・・。
もう少し短いコースに変更する日も近いかもしれません。
(そのうち、家の付近ぐるぐる・・・とかになるのかしら(笑)。


街について、速攻カフェで休憩(笑)。
それで少し力がついたので、買い物をし、帰って来ました。




でも、家に帰るとやっぱり
「歩いてよかった~。」
ってすごく思えるんです。
適度な疲労感がまた気持ちよくて。

「めざせ、安産」
で、ウォーキングはぎりぎりまで続けられるといいんだけどな~。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 日記
COMMENT (3)  TRACKBACK (0) 

これがないと眠れない

2010.03.07 *Sun
クリスマスプレゼントに旦那両親から頂いたもののひとつです。

2010-02-03+(2)_convert_20100306233911.jpg

クッションサイズのもので、
ちょっと固めのフォームというかスポンジみたいなものが入ってる。

2010-02-03_convert_20100306233935.jpg

で、こんな風に片方が細くなってて・・・。




最初、ラッピングをほどいて見た時には、




???




何じゃこれは???




と、反応に一瞬困りました(笑)。




ら、すぐに旦那母が
「これはね~。」
と説明をしてくれて・・・。




これ、妊娠中のお腹を支えるのにちょうどいい形の枕(クッション)なんです。


実は世間にどの程度出回っているものなのか、ちょっとわかりません。
旦那両親も、お店で見たことはないらしく、人から話を聞いて、
わざわざいい硬さのスポンジ(フォーム)を探してきてくれ、
旦那父がカットし、旦那母がカバーを2枚作ってくれたんです。

人にもよりますが、
お腹が大きくなってくると仰向けで寝るのがちょっと辛くなってくるんです。
だけど横向きで寝ると、お腹が重力で下に引っ張られてそれも辛い・・・。
で、クッションを下に敷いたり、抱き枕を使ったり・・・
といろんな対処法もあるのですが、私は普通のクッションではだめでした。
厚みがありすぎて、圧迫感がひどかったから。

抱き枕は・・・。
試してませんが、
ダブルベッドに旦那と私と抱き枕の3人は・・・
ちょっと狭いような気がします(笑)・・・。



が、このクッションは厚みがちょうどいい感じで、
サイズも小さく寝返りを打つ時にちょちょいと移動できるし、
お腹の大きさに合わせて、いい感じで体の下に差し込むことができるので、
ほんっとうに大助かりです。

もうこれがないと眠りにつけません。

先週エディンバラに2泊で行った時は、
「2泊だし、荷物になるし・・・。」
と持っていかなかったのですが、大後悔。

全く寝られなかった・・・。

来月またエディンバラに行きますが、その時はどんなに荷物になろうと、
これだけはしっかりもっていく予定です。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

いいこともあるのです

2010.03.06 *Sat
英国の鉄道事情、これまでに経験したいろんな話をカテゴリー
「英国 鉄道事情」にいろいろ綴ってます。





何かと評判の悪いイギリスの鉄道事情ですが、
先週末エディンバラに行った時には、こんなことがありました。

チケットを予約した時点で、
座席の予約もしておいたのですが(旦那がパソコンを使うので、
うちはいつもテーブル席を予約します)
電車に乗ってみると、満席状態。
金曜日の夕方だったので、混んでいました。

ぱっと見た感じ、自分達の予約した席のあたりにも全部人が座っていました。

でも、これはよくあること。

予約されている席には
「この席は○○駅から○○駅の区間は予約済みですよ~」
という表示がされているのですが、
予約をしてもその席を利用しないお客さんもたくさんいるので、
空いていれば誰が座ってもいいんです。
予約されている席に座っている人も、
「席を予約している人が来たら移動すればいい。」
という感覚でいる人が多いし・・・。

で、私達も自分の予約しておいた席を見つけて、そこに行きました。
そこには、とある家族連れが座っていたのですが、旦那が番号を確認して
「ここは自分達が予約をしてある席だと思うんだけど・・・。」
とほのめかしても、その家族連れ、完全無視。
移動しようともしませんでした。
しかも、私達の電車は、予約されている席には小さな紙がさされていて、
それに
「この席は予約済みですよ~」
と言う表示がされているのですが、その紙がない!!

ので、私達も大きく自信を持って言う事ができなかったので、
空いていた席に別々に座り、車掌さんが来たら確認することにしました。

で、しばらくして車掌さんが来たので旦那が確認したのですが、
やはり私達の予約に間違いはなく、
その家族連れが座っている席の2つが私たちの席であるということだったのですが、
車掌さんがほのめかしても、その家族連れ、完全無視!!


そしてどうやら、
その家族連れがその座席を占領したことによって被害を受けていたのは、
私達だけではなかったということも判明しました。

しかも、その家族連れが、
予約済みの座席にさしてあった紙を勝手に取ったらしいということも・・・。

だけど、何か変な家族連れだったし、私達もあまり関わりたくなかったし、
座れないならまだしも、別々ではあれ席は確保できたので、
旦那も車掌さんに
「もういいですよ。」
と言い、そのままエディンバラまで行くことにしました。




が、それから10分ほどした頃、車掌さんが
「別の車両で、2人がけのテーブル席があるから、そっちに移動できますよ~。」
とわざわざ言いに来てくれて、移動することに。

車掌さんの後ろについて歩いていきました。

ら。

そこはなんと









ファーストクラス~♪








ラッキ~です。
気の効くいい感じのの車掌さんでよかったわ~。






席に着いた途端に、別のスタッフが現れて、サンドイッチ、ポテトチップス、
お菓子のサービス。
それから飲み物も。

お陰で快適な電車の旅になりました。






特に文句を言ったわけでもなかったのに、気を利かせてくれた車掌さん。

こんなこともあるのね~と、珍しく電車でいい思いをした日でした。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (3)  TRACKBACK (0) 

Parent Education Session 両親学級

2010.03.04 *Thu
NHS(国営の医療サービス)が開催している両親学級に参加しています。
昨日は2回目のセッションでした。

毎回2時間のセッションが全部で4回あります。
参加者全員が、予定日が4月ということで、
お腹の大きい人達とその旦那(あるいはパートナーや彼氏など)が
ぞろぞろと集まり、出産やその後の育児などに関していろいろ学ぶクラスです。


うちの病院では、とってもパワフルで頼りがいのありそうな助産師Sが、
このクラスを受け持っていて、とっても楽しく、わかりやすく、
おもしろくいろいろ話してくれるので、
正直あまり期待していなかった両親学級でしたが、
今のところかなり満足しています。


1回目は先週でした。
通常よりも集まった人数が多かったらしく
(全部で30人以上、16組くらいのカップル)で、Sもびっくりしてました。
新生児を扱う時に気をつけることや、
陣痛が始まった時の対応の方法などを中心に話を聞きました。

助産師S、説明の時に自身の体を使い、約30名が見守る中、
床に座り、股を広げ、
赤ちゃんが生まれるところを差しながらあれこれといろいろ話をしたり(笑)、
「陣痛の時にはこういう動きがいいのよ~。」
と立ったまま机に手を突いて、
腰を揺らしたり(笑)、なかなか大胆な講習でもありました。

その後は、空いていた分娩室(水中出産用のプールが付いている部屋)を見学し、
終了。



そして2回目の昨日は・・・。
最初は、助産師Sがビデオのセットをしていたので、
てっきり出産シーンの映像でも見るのかと思っていたのですが、
まずは前回とは別の分娩室の見学と、
出産後に過ごす産後病棟の見学に出かけました。

その後、助産師S、私達には部屋に戻って待つように言い、
「入浴のデモンストレーションに参加してくれる赤ちゃんがいるかどうか
探してくるわね~。」
と、どこかに消えていきました。




その後、待つこと10分。


にこにことした顔で、助産師Sが
「赤ちゃんが見つかったわ~。」
と言いながら戻ってきました。
小さなベッドに入った赤ちゃんと、その両親を連れて・・・。

その日病棟にいた人達の中で、
入浴のデモンストレーションに参加してもいいという人を見つけてきてくれたのです。


赤ちゃんは何と、その日の朝に生まれたばかり、
生後約12時間の男の子でした。

もちろんこの子にとっては生まれて初めてのお風呂。
そして、横にいる両親にとっても、息子の人生初のお風呂です。
お風呂デビューを、こんな大勢の前で迎えるなんて・・・(笑)。

そんなことにはおかまいなく、赤ちゃんは助産師Sに顔を拭かれ、
髪を洗われ、途中激しく大泣きし、お湯に入れられ(ここで大人しくなった)、
されるがままでした。
私は、お湯に入れられたところを愛しそうなまなざしで見つめ、
急いで写真を撮っていたお父さんの姿を見て、じ~んと感動してしまった。

それにしても、その場にいた全員が思っていたことはひとつですよ。


「これ、あとちょっとしたら自分達がやるのよね・・・。」


と。


助産師Sはプロだから、手際もいいし、片手でひょいっと赤ちゃんを抱きながら、




さささささ~




と簡単そうにやっていたけど、あんな風にはいくわけないだろうし・・・。




今からどきどきです・・・。





ちなみに、
こちらでは新生児のお風呂は週に1-2回でいいという人が多いようです。
昨日もそう言われました。
石鹸なんかも使う必要はない、最初のうちはお湯だけで十分だとも。
ただ、顔まわりとオムツまわりは、
毎日きちんときれいにしてあげるようにとのこと。

それから、
「赤ちゃん用のお風呂(ベビーバス)なんて必要ない!」
とも。

「最初のうちはこれで十分なのよ。」
と昨日助産師Sが使っていたのは、キッチンの流しで使う洗い桶(笑)。
いつもお皿を洗う時に使うあれですよ、あれ。
あれがいいんだそうです。
小さいし、赤ちゃんにも安全だし、扱いやすいしとのこと。

確かに、大きなお風呂に入れるよりは、もう少し安心かも。
旦那妹も、旦那母も、私達に
「キッチンの洗い桶があるなら、それで十分よ~。」
と言ってたし(笑)。


日本でもそうなのかしら??
桶で洗われてる赤ちゃんは見たことがないけれど、実際はどうなんでしょう?


とりあえず、うちは洗い桶を使う予定でいますが・・・。





次回の講習も楽しみです。




ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
COMMENT (8)  TRACKBACK (1) 

エディンバラへ行ってきました

2010.03.03 *Wed
うぉ~、今日から妊娠9ヶ月目(日本式で)です~。
後半に入って、1日1日が過ぎていくのが早く感じられ、
「何も準備してないよ~(汗)」
と焦ってます・・・。
やっておきたいことも、たくさんあるのに、
それもまだ手が付けられてないし・・・。



さてさて、週末ですが、2泊でエディンバラへ行ってきました。
旦那妹家族を訪ねてです。
本当は去年の9月に遊びに行く計画で、
電車のチケットまで買って準備万端だったのですが、うちの旦那のミスで、
すごく大事な用事が入ってる週末と重なっていたことに直前になって気付き、
急遽キャンセル・・・それっきりになってました。

で、今回のエディンバラ行きのいちばんの目的なんですが、
それは・・・










赤ちゃんのものを物色しに行く(笑)



でした。


旦那妹夫婦には、2歳になったばかりの男の子と、
7ヶ月になる女の子がいます。
そして、私の妊娠がわかった頃から、
いろいろと使えそうなものを残していてくれてたんですよ。

これまでから、
「お古であることを気にしないなら、ほとんど何も買わなくてもいいかもよ。」
とは言われていたのですが、実際残してくれていたものを見てびっくりしました。
本当にすごい量で・・・。
特に衣類に関しては、うちでも全部着せられそうにないくらいの量でした。
中には新品のものも結構あったし。
そして実はこれらの多くは、
旦那妹が友達や知り合いからもらったものでもあったんですが・・・。
旦那妹ももらい手が見つかって喜んでました。

結局、全部は多すぎるので、使いそうなものを中心に頂くことにしました。

あとは、新生児の時から使えるベビーカー、バンボチェアー、ベビージム、
チャイルドシート(もし私達が車を買えばの話ですが)。
それから搾乳機まで(爆笑)。


他にも、7ヶ月の子が今使っているものを差しながら、
「あ、これももうすぐいらなくなるからあげるわ~。」
と・・・更にいろいろいただけるようです。


うちは、旦那の仕事によって、早ければ夏頃に引越し、
それもイギリス国外という可能性もあるので、
正直今の段階で赤ちゃんのものをたくさん買うのには抵抗があるし、




ほんっとうに





助かります。
旦那妹夫婦には、感謝感謝です。





そうそう、エディンバラへは電車で行ったのですが・・・
またまた
「英国 鉄道事情」
カテゴリーに入れられそうなネタも手に入れてきたので(笑)、
後日アップしま~す。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
CATEGORY : 日記
COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。