スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Atonement

2008.01.16 *Wed
イギリスでベストセラーになった
Ian McEwanの小説が原作の映画です。
映画館でやってるのを見逃してしまったのですが、
ついに観る事ができました。
原作は読んでないのですが、
旦那父が持っていたので今度借りようかなと思ってます。

舞台は1930年。
イギリスの、とある裕福な家庭の姉妹(セシリアとブライオニー)と、
使用人の息子(ロビー)。
姉のセシリアとロビーはひそかに愛し合っていたのですが、ある日、
事件が起こり
「犯人はロビーだ。」
と妹のブライオニーが証言したため、ロビーは逮捕されてしまいます。
2人は引き離され、そこに戦争も絡み、
最終的には意外な結末(私的には)に。

ストーリー的にとても惹きつけられた映画で、
最初から最後まで楽しめました。
ちょっと後半複雑な部分もあって、
ついていくのに必死になったりもしましたが・・・。
あと、タイプライターの音の使い方がとてもよく、印象的でした。

セシリア役のキーラ ナイトレイはあまり好きじゃないのだけど、
(この映画でも目立ちすぎていたように思う)、
ブライオニーの少女時代を演じたSaoirse Ronan がすごーくよかった。
あとロビー役のジェイムズ マカヴォイもなかなか。
この人は「ラスト キング オブ スコットランド」
という作品にも出ていたんだけど、
これも観たい映画のひとつなので、近々図書館でDVD借りてこようっと。

ところで「Atonement」って日本で公開されたのかな。
絶対お勧めですよ。
スポンサーサイト
CATEGORY : 映画
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。