スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国あちこち -Carradale&Saddell

2008.07.30 *Wed
4年前の夏、旦那両親と一緒に、
旦那両親の友達を訪ねてスコットランドのキンタイア半島にある
Carradale(カラデール)それから
Saddell(サデル?)という村に行きました。

とてもいい天気だったその日は、友達の家の犬ブイを連れて、
散歩へ。

2004-08-02_(7)_convert_20080723215603.jpg
(ゴルフ場を横切りビーチへ)

Saddell Castle
(これは車で行ったSaddellにあるお城)
Saddell
(そこの庭を散策)

そのあと、ビーチに出たところで、なんとアザラシの子供を発見!
かわい過ぎる・・・。
Baby Seal

さて、この時点で旦那両親の友達Jは犬のブイを連れて、
少し離れた所にいたんですが、
そこから私達のほうに向かって歩いてきていました。
まだアザラシの子供には気づいてない様子で。
もしブイがアザラシに気づいたらこれは大変だと思い、
一生懸命ジェスチャーで




だめ~!

こっちにブイを連れて来ないで!!!

あそこにアザラシの

子供がいるのぉぉぉ。





と伝え、何とか伝わったのですが、
なぜかそこでうっかりブイの紐を離してしまったJ。




ブイ、こっちに向かって猛ダッシュ。




と思いきや、急遽海の方に方向転換。
(ブイは海好き)




そして




ぴたっ




一時停止、身動きひとつ取らずたたずむブイ。




が、それもつかの間、とうとうアザラシの子供を発見してしまった。









わんわんわんわんわん。




そしてアザラシの子供に向かって吠えまくり。




アザラシの子供、びびって海の中へ・・・・・。



ああ・・・なんてことを・・・・・(冷や汗)。




実は、このビーチにいたのは私達だけではなかったのです。
何人か人がいて、皆ほほえましい顔で、
アザラシの子供をびっくりさせないように、
静かに遠くから眺めていたんです。
その中には大きなカメラをもったカメラマン風の男性もいて、
ビーチに腹ばいになった状態で写真を撮っていました。




が、ブイのおかげでその場のなんともいえない暖かい雰囲気は
一気に損なわれ、恐ろしく冷たい視線の数々が、
ブイの飼い主Jに注がれ・・・・・。




で、私達はどうしたかというと、旦那父と一緒にそそくさと







私達は知り合いでも

何でもありませんよ~








と他人のふりをして(笑)、その場を立ち去りました。
その後、J、ブイと合流。




「何で紐を離しちゃったの~?」
とJをつっこみ、そのときの状況を思い出して、
笑いが止まらなくなり(もちろんJは軽く反省もしていたけれど)、
でも、いまだに語り継がれる楽しい(?)、
思い出の散歩になりました。









にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

想像するだけで微笑ましい映像が頭にうかびます。ブイは不思議な物体に興味深々だったのでしょう。なんだか可愛いです。
ところで、Saddellにあるお城。素晴らしいですね。中世の匂いがぷんぷん漂ってくる石造りの建物の画像。これからも楽しみにしています。
2008/07/31(木) 14:59:59 | URL | ハイジ #- [Edit
ハイジさん

ブイ、なかなか個性的な子です。
でももうだいぶ年で、
この前会った時は耳がほとんど
聞こえなくなっていて、
しかも散歩の途中に姿が見えなくなり、
皆で必死で呼んだはいいが、
耳が聞こえないので意味がなく、
あとで見つかった時にはほっとしました。
水に入るのが大好きで、海だろうが、
汚い川だろうが、
飼い主が目を離した隙にだだ~っと
走っていき、ダイブします(笑)。
2008/08/01(金) 11:16:04 | URL | ぐび #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。