スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓から伸びる手

2008.09.04 *Thu
それは月曜日のことでした。
バースの駅で、電車を待っていた私。
「ああ、バースの旅も終わりだ。あっという間だったな~。」
などと思っていたところに電車がホームに入ってきました。
荷物を持ち、ベンチから腰を上げ、
電車がゆっくりと停止するのをなんとなく見ていた私。










な・なんだこれは?









ホームに入ってきた電車の、各車両のドアのところから、
にょろにょろにょろっと人間の腕が出ているではないですか。

いったいどういうことなのか・・・。

と一瞬思った私。

その謎は、電車が完全に停止してから解けました。

その各ドアの窓から伸びていた手は、
ドアの外側についているハンドルでドアを開けるためだったのです。







そうです。






手動ドア。





しかも、ハンドルがついているのは電車の外側だけ(笑)。
(だから皆、腕、出してたのね。)





いつの時代の電車やねん。

とつっこんでしまいました。





イギリスと関わるようになって約10年。
今まで何度も電車に乗ったけど、手動ドアのは始めて見ました。
ちょっと感動。











にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
COMMENT (5)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/05(金) 09:00:29 | | # [Edit
あ、これどこかで見たことある!
"Howards End"だったろうか?それとも、ジェレミー・ブレット主演のTV
版シャーロック・ホームズだっただろうか?
それにしても、外にしかレバーがないなんて、どういう設計上の理由なのやら…
2008/09/09(火) 12:27:10 | URL | あつし #- [Edit
あつしさん

そうそう、あつしさんのコメント読んで、
私も記憶がよみがえってきました。
映画とかテレビに出てくる昔の電車、
駅員さんが外からドアを
開けていたような気が・・・。
(それとも私の記憶違いかな・・・。)
もしかしたら、もともとはドアは
駅員さんが開けていたのかも。
それなら、外側にだけ
レバーが付いているのもうなずける。
2008/09/09(火) 20:26:30 | URL | ぐび #- [Edit
遅ればせながら…
そうか、そもそも走行中に乗客が中から開けたら危ないから、外にだけレバーが付いていたのかもしれないですね。考えてみたら自動ドアの今だって、非常事態以外は乗客は扉は開けられない。
駅員が開けるのが前提なのに、せっかちな乗客がみんな自分で手を伸ばして開けてしまう…みたいな感じか。
するどい!
2008/09/12(金) 16:19:16 | URL | あつし #- [Edit
あつしさん

ほんとだ!
内側にレバーがついていたら、
危険極まりない(笑)。
なにか、ロックのようなものは
ついてるのかな?
走行中、無理して腕を出して
ドアを開けようとする危ない人も
いるかもしれないし・・・。
車掌がボタン1つで全てのドアに
ロックをかけたりっていうものが
あるかもしれませんね。

でもそれだと、手動ドアに自動ロック?
なんか、矛盾してるような・・・。
今度このタイプの電車に巡り合ったら、
もっとよくドアを見てきます。
注意書きとかもあるかもしれないし。
「走行中はドアを開けるな」
とか(笑)。
2008/09/12(金) 22:43:23 | URL | ぐび #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。