スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスって?

2008.09.13 *Sat
こういう質問をされると、うまく説明をするのにかなり苦労します。

まず
「イギリス」
という単語は英語では存在しません。
英語圏の国の人に
「イギリス」と言っても通じないのです。
「イギリス」
というのは半ば日本語のようなものなんです。

そこに、もう1つ絡んでくるのは
「イングランド」「スコットランド」「ウェールズ」「北アイルランド」。



私の旦那はスコットランド人です。
たくさんの日本人は
「スコットランド」
と聞くと、
「ウィスキー」「キルト」「タータンチェック」「バグパイプ」「ネス湖のネッシー」
そして
「中村俊介(ちょっと違う?)」
なんかを頭に思い浮かべるようです。

ごくまれに、
「スコットランドはフィンランドの隣ですか?」
などと言われる事もあります。
(ランドつながり??)

私達がニュージーランドに住んでいたこともあるので、
更にそれで混乱してしまった人もいました・・・。
(やはりランドのせい???)

もう少し、このあたりの事情に詳しい人は、
「イギリスはオリンピックはイギリスとして出るのに、
なんでサッカーのワールドカップは
イングランドやスコットランドとして出るのか?」
などという超レベルの高い質問をしてくる人もいて、
その度に曖昧かつ適当な返事でごまかす私です。
(いや、これにも理由があるのだけど、説明すると長くなるし、
いつも簡単明快な回答ができないんです(汗)。)

それに加え、うちの旦那は旦那で、日本人に
「どちらの国の方ですか?」
と聞かれると
「イギリスです。」
「英国ですね~。」
「スコットランドから来ました。」
と3パターンの返事(日本語の場合)を用意しているのです。

決して使い分けている訳ではありません。
適当に、その日その時
ぱっと口に出てきたものを使っているだけのようです。

「イギリス出身なんですよね~。」
と言われて、
「そうですね~。スコットランドです。」
などと答えている時もあります。
当の本人には、特別深い意味があってそう言っている訳ではなく、
「日本出身なんです。東京なんですよ~。」
と同じノリで答えているのだけど、これを聞いた人の中には
「ああ、そうか、イギリスはスコットランドじゃないのか。」
とか
「スコットランドの人は、
自分がスコットランド人であるということを強く意識してるんだなぁ。
イギリスって言っちゃ、失礼なのかなぁ・・・。」
などと、思っている人もいるに違いないと思うのです。

実際、旦那の中には
「俺はスコットランド人(スコテッィッシュ)だ!」
という強い思い入れはないみたいなんですが。
そもそも旦那母はイングランド人だし、
小さい頃はイングランドに住んでたし・・・。
日本にも長く住んでたから、イギリスに帰ってきた時には、
軽くカルチャーショックを受けていたし・・・(笑)。
「なんで、イギリスの食べ物はこんなにまずいんだ!」
とか・・・。
「なんで、太陽が出ないんだ!!」
とか(笑)。


まあ、それはさておき、簡単に説明すると・・・。
日本でイギリスと呼んでいる国の正式名称は・・・。

グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国
(英語名:the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland )

な・ながっ(汗)。

長いので、日本では
「英国」「イギリス」
英語では
「UK」「the United Kingdom」
などと、呼ばれています。
(他にもいろんな呼び方があるが・・・。)

この国は連合王国なんです。
イングランド、スコットランド、ウェールズ、
北アイルランドから成っているのです。

で、まあ、一応この4つの地域が「イギリス」ということで、
1つの国として考えていけばいいのですが、
1990年代に、北アイルランド、スコットランド、ウェールズにおいて、
議会が設置され、条件の許す範囲内で、
独自の法律を施行することが認められています。
例えば、イギリスでは
「公共施設内は全て禁煙」
という法律ができましたが、これは、
最初にスコットランドで施行され(2006年)
イングランドでは2007年の夏に施行されています。

祝日も、イングランド、スコットランド、
北アイルランドで微妙に違います。

紙幣も、イングランドの銀行が出しているものの他に、
スコットランドの3つ(確か・・・)の銀行が
それぞれの紙幣を出しているし・・・。
どれも、イギリス全土で使えるのだけど、
たまにイングランドでスコットランドの紙幣を出すと、
すんなり受け取ってもらえないこともあります・・・。
また、スコットランド紙幣は、日本に持って帰っても、
日本円には両替してもらえません・・・。

という訳で、1つの国ではあるけれど、
簡単には説明できない部分もあり、
でもそれがまた面白いところでもあるのです。

「イギリスって?」
一言で答えるには難しい質問です。







にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
CATEGORY : 英国 豆知識
COMMENT (8)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

大ブリテンと北アイルランドの連合王国
って言うのは如何?
はじめまして、チョッとお邪魔致します。
まぁ、《英国》と言うのが無難では?と思いますが、名前の通り複雑怪奇、一筋縄では行かない国ですねェ。
ブリテン島でのスコットランドとの、血みどろの英国の歴史。現代に至るも議会、貨幣、などの二重構造の複雑さ。
日本の生まれ、日本で住んでいる、バカ単細胞の私共には、とても手に負える国では有りません。
それで居て、ハイランド・バグパイプなど捻くり回している此の私もチョッと複雑では有ります。
2008/09/14(日) 01:42:36 | URL | lone piper #dLkPtNVk [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/14(日) 07:08:14 | | # [Edit
しっ、知らなかった・・・・(-_-;)

こっちAUSでは、スコットランド訛りの英語はわかり難いという話は良く聞くけど。それと、スコットランド人としての誇りを持ってるなァ~というスコットランド人を多く見かけます。だから、スコットランドとイギリスはまったく別の国という認識しか持ってなかった。
勉強になりました。ありがとう (^_-)-☆
2008/09/14(日) 08:09:13 | URL | ニコ ルン #- [Edit
lone piperさん

コメントありがとうございます♪
そう、歴史!
この国の歴史をちゃんと勉強すれば、
この国の現在の実情を理解するのに、
100歩くらい近づけるかもしれませんね。
いつかもっと詳しくなりたいものです。
ところで、バグパイプ、お持ちなんですか?
吹かれるんですか?
私、あの音、大好きです。
バグパイプの音って、なんか
足のつま先から入ってきて、背筋をピンと
伸ばして頭から出て行くような・・・、
威厳があるというか・・・私は
ピアノを勉強したんですけど、バグパイプは
他の楽器とは一緒にできない、
独特の風格があって、すごく好きです。



ニコ ルンさん

この国の中でも、いろんな考えの人が
いて、別の国だというのも、
一緒の国だというのも、
どっちも現実を表してないように
思ったりする時もあります。
わかっていることは、いろいろ
ややこしい・・・ってことくらいかな(笑)。
うちの旦那が
「いろいろ難しいんだよ、
簡単に説明するのは・・・。」
って言う時もあるくらいだし・・・(苦笑)。
2008/09/14(日) 12:07:32 | URL | ぐび #- [Edit
ぼちぼち遣って居ります
此の楽器の音は、日本などでスコッティッシュが聞いたら、「ウワォ、久しぶりだ、血が騒ぐ!」と言います。
全般に、民族楽器はその民族の奥底の魂を揺さぶる物が有るようです。
時々ですが学校や青少年健全育成団体などに頼まれて、聞かせています。
2008/09/15(月) 10:21:40 | URL | lone piper #- [Edit
lone piperさん

人前で演奏もされてるんですね。
すごい。
日本でバグパイプの演奏が聞けるって、
なかなかある機会ではないし、
バグパイプを知っている人も
少ないだろうし、そんな楽器を演奏して
いろんな人に紹介できるって素敵ですね。
2008/09/15(月) 12:59:26 | URL | ぐび #- [Edit
ストーカーになり兼ねないので、
今回で失礼しようと思います。

で、最後の情報。

日本には、団体個人合わせて、200人位のpiperが居るのではないでしょうか。
その中でも、東京パイプバンドは、バリバリのナンバーワンです。国際的にも認められていまして、先年、ニューヨークの“セント・パトリック・デイ・パレード”にも出ていました。極東からのパイプバンド! とエラク話題に成ったそうです。

団体では、西に“グラバー・パイプバンド”が人数も多く、整っているでしょう。此れは長崎市の肝煎りで作られたパイプバンドです。

あとは、個人、グループ、などで、正統派あり、我流あり、ロックバンドにくっ付いて、色物的に活動している奴あり、様々です。

私の知らない、隠れパイパーも居たりして、若しかしたら200人を越すかも知れません。

マイナーなバグパイプも、少しづつメジャーに成りつつあるようです。

では此れでお邪魔虫は終了と致します。何時か何処かで又お目に懸りましょう。
どうぞお元気で。
2008/09/16(火) 11:58:52 | URL | lone piper #- [Edit
lone piperさん

そんな、ストーカーだなんて・・・。
いろいろ情報いただけて、
うれしかったです。
バグパイプをやっている人が、
思っていた以上に日本にたくさん
いるみたいで、うれしいです♪
またいつでもブログに
遊びに来てくださいね。
2008/09/20(土) 10:44:17 | URL | ぐび #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。