スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やばい!!間違ってた・・・。

2008.12.18 *Thu
おとつい、私の目の前には

2月始めに配偶者ビザが切れるので永住権の申請準備を始める
(配偶者ビザ、正式名称は違うのだけど、
日本語ではこの呼び方が割と一般的だと思うので、
こう呼ぶことにします。)

クリスマスプレゼントのラッピング

クリスマスカード書き

この3つのことが、
「今週中に片付けること」
として、並んでいました。






この中でもちろん1ばん大切なのは、永住権の申請です。
私は性格上かなりのんびりしていて、
いつもさっさと物事が片付けられない性質なのですが、
永住権の申請に関しては、今から2年ちょっと前に配偶者ビザの申請をし、
2年のビザが下りた時から、
大体どういう風にして永住権の申請を進めたらよいのかということは、
ざっと調べていました。



もうすでに配偶者ビザを取ってイギリスに入国しているわけだから、
「イギリス国籍の配偶者と一緒に生活を送っている」
という状況の下で永住権の申請をするのは、割と簡単な作業のようで、

必要書類とパスポートを送ったら永住権がもらえる

そんな感じでした。

また、私と同じような状況で永住権の申請をした人達に聞いた話も、
「簡単よ~。配偶者ビザ取る時のほうが大変だったわよ~。」
そういう風に聞かされていたので、
それほど大変な作業は伴わないと思い込んでいました。


申請用紙をダウンロードするため、ホームオフィスのウェブサイトを開き、
必要な申請用紙を探し(なにせいろんな種類のビザ申請用紙があるので)、
申請用紙と説明書一式をダウンロードしました。
ざっと目を通すと、1つ新しいルールが11月末から施行されていて、
それに対する手続きが必要だという点を除いては、
たいした作業はありませんでした。
写真やその他必要書類をそろえて、用紙の記入を済ませ、
来週中には送ろうと思い、今度はじっくりと説明書を読み始めました。




ら。
2ページ目くらいのところにこんなことが書いてありました。

もし、もうすでに2年間の配偶者ビザを持っていて、
永住権の申請をする場合は、
この用紙ではなく別の申請用紙を使用すること


と。

私がダウンロードした用紙は、
現在の配偶者ビザを延長するものだったのです。

「およっ、間違ってるやん、私。」

と思い、慌ててその指定されている申請用紙を探すため、
ふたたびホームオフィスのウェブサイトへ。

そしてそこで、とんでもない事実を知るはめに・・・。



長くなるけど、一気に書いちゃいます・・・。



どこの国でもそうだと思いますが、ビザの申請、永住権の申請・・・
などに関するルールは、しょっちゅう変わります。
大きな改正もあれば、ちょっとした変更ぐらいの時もあるけれど、
常に最新の情報をチェックすることはとても大事なこと。
人から聞いた話だけを信じて、
その人がいつ申請を行ったのかということをちゃんと確認しないと、
その情報が新しくないものであるという可能性は大。
(今回の私もこの落とし穴にはまった・・・。)
そうやって得た情報と、2年前に自分が確認した情報、
これによりある程度の基礎知識を得たと思い込んでいて、
ウェブサイトで最新の情報を確認する時にも、
自分の中にある知識をもとに目を通したため、
とても大切なことを見落としていたのです。







Life in theUK Test

このテストについては知っていました。
最初、このテストは、
イギリス国籍取得を目指している人のためのテストだったのですが、
2007年4月からは、
永住権取得を希望している人達にも
受験が義務付けられるようになったのです。
ニュースでも大きく取り上げられていたし、
私もニュース記事は読んでました。
しっかりサンプルテストなんかも解いたりしたし(笑)。

でもでも、なぜか
「イギリス国籍保持者と結婚している私には必要ない。」
と思い込んでいたのです。

でもそうではなかったんですね・・・(汗)。

ここにきて、永住権申請、
のんきに構えてる場合ではなくなってしまいました。
申請書類一式を送るのは、ビザが切れる4週間前以降からです。
早く送りすぎるとだめみたいで・・・(苦笑、なんでやねん)。

ちなみに、注意書きとして

早く送りすぎないこと。その場合、
申請書が正式に受け付けられない上に、
払った申請料が戻らない可能性もあります。


こんなことが書かれていました。

ちなみに永住権の申請料。

郵送で行う場合は750ポンド(10万円ちょっと、もちろん私はこれ。
永住権が出るのに時間がかかる)。
予約を取り直接出向いて申請する場合は950ポンド(13万円くらい、
その日に永住権が下りるらしい。)

戻って来ないと困ります・・・。

とまあそんな訳で、今私が追いやられている状況はと言えば、

1月の第2週に永住権申請のための書類を郵送する。
それまでに書類をそろえる。

そして、書類の中にはこのLife in the UK Testに合格しましたよ~
という証明書のようなものもいるので、
早くテストを受けなければいけない・・・
でも、まだテスト勉強を始めていないので、
今すぐ受けるわけにも行かない・・・

ということで、おとついネットで試験問題集のようなものをオーダーし、
昨日最寄のテストセンターに連絡を入れ、
1月8日に受験するという予約を取りました。

あと3週間。
本当にがんばって勉強しないと・・・。

まだ問題集届いてないけど・・・。




ほんと、ブログとか書いてる場合じゃないよ私・・・。





ひ~。








にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
COMMENT (3)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

ひえー!!高いんですねー!アメリカも値段が上がったんですよ>申請量

でもこういう風になると 偽者の永住権カードを作る人が増えないかなーなんてちょっと思ったりします。絶対に払えない人居ますよね???
2008/12/19(金) 03:59:21 | URL | 明日香 #3/2tU3w2 [Edit
こういうの
ちょくちょく変わるので難しいですよね。
永住権ということは、一度交付されたら一生ものですか?
こちらは最長10年で10年ごとの更新です。無料です。

法律が変わってこちらもフランス語のテストやフランスについてのテストがあると聞いています。

ぐびさん、テストがんばってね。
2008/12/19(金) 21:36:08 | URL | mai #lICd2zaU [Edit
明日香さん

痛い出費です・・・。でも確かに、どんどん
厳しくしていかないと、あの手この手で
永住権を取ろうとする人が
うようよいるから・・・しょうがないのかな。



maiさん

今のイギリスの法律だと、1度
永住権を取ったら、ずっと有効のようです。
ただ、国を2年以上離れたり、
生活の拠点が
イギリスになかったりすると、失うことも
あるみたい。どの程度厳しく
調べるのかはわかからないですけどね。
テスト、がんばります。
2008/12/23(火) 13:37:04 | URL | ぐび #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。