スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Valentine's Day

2009.02.14 *Sat
今日はバレンタインでーですね。
大昔、好きな先輩にチョコレートを渡したり・・・などと、
今思い出すと恥ずかしくも懐かしい出来事はありましたが、
旦那と知り合ってからは、
バレンタインに盛り上がることもなくなってしまいました。

日本ではバレンタインと言えばチョコレート。
そのチョコレートを片思いの男の子に渡したり、
恋人や旦那様に贈ったりなどと、多くの女性にとっては一大イベント。
もちろん、チョコレートに限らず、
特に本命にはチョコレート以外のプレゼントを贈ったり、
とにかくテレビもお店も、
世の中全てがバレンタイン一色で盛り上がりますよね。

義理であげる義理チョコとか、
「あ~、この人にあげるんだったらあの人にも渡さなきゃだしな~・・・。」
「去年あげたから今年なしっていうのもな~。」
「やっぱお世話になってる上司には渡しておいたほうがね~。」
などと、実は本命以外のところで、以外に気を使ったり、
ホワイトデーなんていう
「チョコレートやプレゼントなどをもらった男性が女性にお返しをする日」
などという、大変日本的な日があったりと、
よくよく考えてみると、日本でのバレンタインってすっごい大イベント!




では所かわってここイギリスではどうなのかと言うと・・・。

私の身の回りではまず、職場(ホテルのレストラン)の掲示板のところに、







14日のお休みの希望届けは

もうこれ以上受け付けません!!!







という張り紙がまず張られ、
あれよあれよと言う間に14日のディナーの予約が
いっぱいに埋まりました。

街に行くと、カード屋さんをはじめ、
バレンタイン用のカード売り場が充実してるし、
ほとんどのお店にバレンタイン用のコーナーが設けられています。
お花屋さんや、チョコレートショップも、バレンタイン用の商品をそろえてる。


ただ日本ほどは盛り上がっていないような気がしますが。



イギリスでは、バレンタインというのは、一般的には

愛する人、大切な人にカードやちょっとしたプレンゼントを贈り
気持ちを確かめ合う日


であったり、

ひそかに思いを寄せている人に
匿名でカードなんかを送ったりする日


であったりするようです。

日本のように女性限定の日ではありません。

男性から女性に、女性から男性に、同姓から同姓に。
とにかく大切な人に愛を伝える日なんです。

バレンタイン=チョコレート

ということもなく、カードだけだったり、男性の場合はそれに花を添えたり、
他のお菓子だったり、はたまた何か別のプレゼントだったり、
食事に行ったり、映画に行ったり・・・・・。

チョコレートをあげる人もいます。
でも、
「バレンタインだからチョコレートをあげる。」
という習慣はありません。




うちは、私も旦那も
「バレンタインだから・・・。」
と特に気合を入れて何かをすることはありません。
日本に住んでいた頃は、
買い物に行くとこれでもかとチョコレートが目に入ってきて、
その誘惑をはねのけることができず、
自分が食べたいチョコレートを買って来て、
一緒に食べたりはしてましたが。

旦那は職場の人からチョコレートをもらってきたりしていて、
「ねえちょいと、ぐびさんよ、
僕にバレンタイの手作りのチョコレートはくれないのかい?」
と冗談でねだってくることもありましたが、
「でも、イギリスでは男の人もプレンゼントをあげるでしょ?
何か用意してくれてるの?」
と冗談で返して、それで終わり。

そうか、うちのバレンタインの習慣は、この会話を交わすことだわ・・・
と、今気づいたりして(笑)。




でも、今年は実は初めてチョコレートを作ったんですよ。
ただ、バレンタインだから作ったと言うわけではなく、
たまたまおいしそうでめちゃくちゃ簡単そうな生チョコのレシピを見つけて、
作ってみようと材料をそろえ、
今日はお休みだし時間もあるから作るぞ~と思った日が
おとついの夜だっただけですけど(笑)。


で、実際本当に簡単で、10分で終了。
そのまま冷蔵庫に入れて冷やすだけ。
あまりにもあっけなくて、満足感ゼロ(笑)。

しかも翌日冷蔵庫から出してみると、固まってない!
それでも何とか切り目を入れ、スプーンですくい、ココアパウダーをまぶし、
えいやっと今度は冷凍庫に放り込みました。
ら、少しましな状態にはなりました。


昨日、旦那とちょっと食べました。
普通においしい。
冷凍庫に入れているので冷たくてなかなかいけるし。




でも、多分再び作ることはないでしょう。

なぜかというと・・・。

チョコレートを作るって、今ひとつ




作った~




ていう満足感が得られないような・・・。
買ってきた板チョコを溶かし、別のチョコレートを作るなんて。
その最初のチョコレートを食べようよ。
って思ってしまうのは私だけなんだろうか・・・(笑)。








にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
CATEGORY : 英国 豆知識
COMMENT (5)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

そうなんですよね
チョコを上げるのは日本のチョコ会社の陰謀(笑)で、フランスでもイギリスと同じ感じです。

ただ男性からお花をあげるのは、今日レストランで『お店から』花をもらって初めて知りました。

旦那も日本にいた頃、職場でチョコをもらって『どうしてくれるんだろう』と不思議に思ったそうです。


2009/02/14(土) 23:17:35 | URL | mai #SFo5/nok [Edit
生チョコって脂肪分が多いせいか
なかなか固まらないかもしれないですね。
私も昔は手作りチョコとかあげたりしましたが、
私もぐびさんと同じく、
普通に売っているチョコをあげるのが一番おいしい。
ということに気づき、それ以来手作りはありません。
その理由は、今度帰国された際、
バレンタインデー時期のデパートに行かれたら一目瞭然でしょう。
ほんと、すんごいですよ。
2009/02/15(日) 13:04:39 | URL | ハイジ #- [Edit
maiさん

ということは、maiさんは
バレンタインデーの日は旦那様とディナーに
行かれたということ?で、素敵なお花の
プレゼントがあったと??
うらやまし過ぎです。



ハイジさん

バレンタイン時期のデパートの
チョコレート売り場。旦那にあげるなんて
もったいない。私が食べる~、といろいろ
自分好みのやつを買いそうです、私(笑)。
2009/02/15(日) 17:09:26 | URL | ぐび #- [Edit
ええ
でも花をくれたのはレストランです。
女性客全員に配っていました..........
旦那からお花って貰った事がないんですよ。
2009/02/15(日) 19:06:19 | URL | mai #SFo5/nok [Edit
maiさん

私も旦那から花ってもらった事がないかも。
逆に花なんかもらったら、ある意味
「どうしたの?何か悪いことでも
しでかしたのか??」
って不安になりそう(笑)。
2009/02/23(月) 12:55:31 | URL | ぐび #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。