スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある日曜日の話

2009.03.11 *Wed
ホテルのレストランでの仕事、私は朝食とランチの時間帯に働くのですが、
朝食に関してはお客さんは99%以上が宿泊客です。
たま~に、宿泊している人を訪ねてきた人が、
一緒に朝ご飯を食べるということはありますが、
わざわざここに朝ご飯を食べに来るという人は滅多にいません。

さて、いつだったか、久しぶりに日曜日に働いた時のことです。
この日は私がドア担当だったので、お客さんを迎え入れ、
席に案内していました。
そこへ、1人の初老の男性がやってきました。
背が高くがっしりした体型、おしゃれな帽子をかぶり、
来ているロングコートもとても高そうな上質なもの。
いかにもお金持ちな感じの男性でした。
どこかから歩いてきたのか、
服装には似合わないリュックを背負ってはいましたが、
その男性には何ともいえない魅力があり、
まさに映画に出てきそうな田舎の英国紳士そのもの。

その人が私のところに来て、
「朝食のメニューを見せて欲しい。」
というので、メニューを渡しました。

そしてざっと目を通したあとに、
「ここで朝食をいただきたい。」
と。






おぉ、さすが・・・。






と、さりげなく感動した私。

というのも、ビュッフェ形式のレストランの朝食は、
1人1900円位するんです。
ちょっと簡単に払おうと思える額ではないですよね、朝ご飯に。


日曜日の朝早くに、1900円の朝ご飯を食べに来るなんて、
ただ者ではないかもと思ったりしつつ、席に案内し、コーヒーを注ぎ、
コーヒーのお代わりを注ぎ・・・と気を配りました。

食べ方、マナーも上品で、
自分のペースでゆっくりと朝食を楽しんだこの男性。
食べ終わった頃に別のスタッフが勘定書を持っていき、
男性が支払いを済ませました。
そしてスタッフがレシートを渡そうとしたところ、
この男性、

「レシートは結構。
奥さんにホテルで朝ご飯を食べてきたのがばれたら大変だからね。」

って。

ぷぷっ。
なんかかわいい。

この威厳のありそうな英国紳士でも、奥さんには弱いのかしら。
多分朝のウォーキング途中にお腹が減って、
たまには贅沢にホテルで朝ご飯でもって立ち寄ったのかもしれない。
このあと、何事もなかったようにいつもどおり家に帰って、
奥さんとまた朝ご飯を食べるのかも・・・などと、
いろいろ想像しながら、この男性を見送りました。





ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
CATEGORY : 英国 職事情
COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

豪華な朝食
私、どうしてもスコッティッシュブレックファーストなるものが食べたくて、宿泊客でもないのにエジンバラのバルモラルホテルへ朝ご飯を食べに行った事があります。

ぐぴさんの旦那さんが聞いたら噴飯ものかもしれませんね.....

ポリッジや卵料理の他に豚の血のソーセージなんかもついていました。21ポンドでした。

素敵な英国紳士、見てみたいです。

2009/03/11(水) 16:16:27 | URL | mai #SFo5/nok [Edit
maiさん

21ポンド~!!!すごい。
でも、私も始めてイギリスに来た時は、街のあちこちに出てる
「スコティッシュブレックファースト」のサインを見てすごく
おいしそうって思ってました。結局食べなかったけど。
今は仕事で毎日見てるので、もう結構って感じですが(笑)。
2009/03/13(金) 16:36:44 | URL | ぐび #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。