スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道に名前がある

2009.07.17 *Fri
イギリスで、とっても便利だな~と思うのは、
ほとんどすべての道に名前があること。
都会でも田舎でも、住宅地でも、細い、誰も通らないような道でも、
何かしらの名前が付いています。
そして、道の名前がきちんと表示されているので、自分がいるところが、
何と言う名前の道なのかも簡単にわかります。

これまで、新しい街に引っ越すたびに、
その街の詳細地図を買ってきました。
全てのストリートの名前がわかるもので、とても便利なんです。


大きな地図で見る

イギリスでは、基本、住所はこんな感じです。

家の名前(大体家には名前が付いてます)あるいは
フラット(アパート)の名前や番号

道の名前

街(村)の名前

郵便番号


友達の家を初めて訪ねる時でも、住所と地図さえあれば、
細かい指示がなくても簡単に見つけられることが多いです。

日本だと、1-5-16とか1199-35とか、
いったいどういう基準で決められた数字なのか、
解読不可能のものもありますが、こちらは割りとシンプルなことが多く、
ひとつの道に家が何件も並んでいる住宅地の場合は、
端っこの家から1番、2番、3番・・・と続いていることがほとんど。
大抵は、偶数が片側、奇数が反対側というケースが多いような気がします。
複雑怪奇な数字はこれまでお目にかかったことはありません。

方向音痴の私には、大変ありがたい仕組みです。





ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
COMMENT (6)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

ロンドンのタクシーの運転手は、ポストコードを伝えただけで、行き先が判るように訓練されていると聞きました。試してみたことは…、ないですが。w
おっしゃるとおり、日本の番地は本当に役立たずですよね。交番か道行く人に尋ねた方が、自分で調べるより絶対に早い…
2009/07/18(土) 02:12:58 | URL | あつし #- [Edit
あつしさん

私もすぐに人に聞きます。がんばって探しても結局
見つけられないとわかってるので(苦笑)。
2009/07/18(土) 14:24:05 | URL | ぐび #- [Edit
で、本題に戻ると…w
ストリートに必ず名前が付いているというのは、いいですよね。日本だとエリアに名前が付いている。
土地の人以外だと、目的地の家なりお店以外の土地に立ち入ることは絶対に出来ないのだから、エリアなんて関係ない。だから、よそ者にとっては、面積でものを言われても意味がないんだけど。
ここら辺が考え方の違いなのでしょうね。
でも、京都は、昔からイギリスと同じですよ。烏丸丸太町(御所の西の南詰め)とか。
2009/07/18(土) 14:52:27 | URL | あつし #- [Edit
あつしさん

私の実家なんて、田舎で、そのエリアには
30件ほどしか家がないのに、番地は
246(笑)。
2009/07/19(日) 12:51:28 | URL | ぐび #- [Edit
今まででね、ネット上で読んだ話で、ぐびさんの書いたこれが一番面白かった!(失礼!でも!!)

>私の実家なんて、田舎で、そのエリアには
>30件ほどしか家がないのに、番地は
>246(笑)。

ずっと愛読しています。楽しい話を、今後ともよろしくお願いしますね!!!
2009/07/19(日) 12:57:59 | URL | あつし #- [Edit
あつしさん

あれれ?あつしさん、今オンライン中?すごい~。
いちばんおもしろいなんて、
うれしいことを・・・(涙)。

こちらこそこれからもよろしくお願いします。
コメント、励みになるんですよ♪
2009/07/19(日) 13:03:30 | URL | ぐび #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。