スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なかなか会えないお医者さん

2010.01.06 *Wed
しばらく前に、GP登録についての記事を書きました。

その時の記事はこちら
        ↓
スムーズにいくのか?いざ、GPに登録

ちなみにGPとはイギリス各地にある診療所のようなところです。

GPにいるお医者さんは、専門医というよりは、何でもやさんに近いように思います。
とにかく気になる症状があったらまずGPへ行きます。
目が痛くても、咳が止まらなくても、ちょっとした怪我でもGPです。
妊娠かな?と思った時でも(笑)GPです。


というよりは、緊急事態を除いて、いきなり病院に行くことはできないのです。

これまでの経験から行くと、まずGPに行って、診察をしてもらい、
お医者さんが、
「これは専門医に見てもらったほうがいい。」
という判断を下して初めて、病院行きへの道が開けるのです。

病院の予約は、GPがやってくれます。
結構待たされることが多いです。
GPに行ってから1-2週間した頃に、病院から招待状のような(笑)手紙が届くんです。
私には何の相談もなしに、勝手に予約の日時まで決められている手紙が・・・。
(変更は可能ですが)
これで晴れて病院行きが認められるわけです。





あと、GPでも、予約でいっぱいだったり、
たいした症状じゃなさそうだと判断されると、
看護師さんの診察になることもあります。
この看護師さんが、
「お医者さんに診せた方がいい」
と判断してくれなければ、お医者さんに会えずに帰されることにもなります。





医療が無料というのはありがたいのですが、
なかなかこちらの思っているようには運ばないことが多いのも事実です。





♪ちなみに、待ち時間やGPの対応は、症状の緊急性、
各GP(あるいはたまたま診療に当たったお医者さんの性格)
などによってさまざまです。

今回の記事は、私個人の経験に基づいて書いたものです。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。