スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコーン

2010.01.11 *Mon
お菓子作りは、もっと挑戦したいのですが、どうしても材料の分量を見ると、
頻繁に作る気がなくなってしまいます。
バターの量とか砂糖の量とか、実際に量ってみるとすごい量ですよね。
これを食べるのか・・・と思うと、
止めておこう・・・となってしまうんです(笑)。
だけど、買ったものを食べるよりは自分で作る方がいいし、
もうちょっとお菓子作りの腕を上げたほうが・・・とも思うので、
最近ちょこちょこ作るようになりました。



これならカロリーもそんなに高くないということで、
しばらく前に焼いたスコーン。

2009-11-14_convert_20100112014749.jpg

イギリスといえばスコーンですが、
実は自分で焼いてみたのはこれが初めてです。
デリア・スミスのレシピ本に忠実に従って焼いてみました。
まあまあだったけど、
「お菓子を作った~。」
っていう充実感はあんまり味わえなかった・・・。

もっと「これぞ手作りお菓子!」っていうのを作ってみたいけど、
背伸びはせずにぼちぼちとやっていこうっと。




ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
CATEGORY : 英国 食事情
COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

おー、さすがイギリス、本場のスコーンて感じでおいしそうです!
こっちのスーパーにも輸入されたdevon creamが売ってますが、
あれつけるとほんとおいしいですよねー。
アメリカのスコーンは三角形…。で、結構甘い!
ところでイギリスの紅茶を指示通りに蒸らすと
真っ黒けの渋いお茶になってしまうのは
アメリカは軟水でイギリスは硬水とか関係あるのかなあ?
2010/01/12(火) 05:27:51 | URL | あびまま #- [Edit
あのアメリカのスコーンもおいしいですよね~。なんだか今食べたくなってきた。
紅茶ですが、多分水だと思いますよ。多分ですけど・・・(ちょっと自信がない弱気な発言ですが・・・汗)。
2010/01/12(火) 17:03:49 | URL | ぐび #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。