スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠したなと思ったら

2010.01.14 *Thu
♪今回の記事は、私が住んでいる地域での話です。
 だいたい、イギリスの他の地域でも似たようなものだとは思いますが、
 GPや病院のシステムは地域によって違うところもあるかと思います。 


イギリスで、
「妊娠したみたい」
と思ったら、まずはGPに予約を入れます。

GPについては過去記事でも触れたことがありますが
(その記事はこちらとかこちら
GPは普通のお医者さんがいる診療所のような感じの所です。




イギリスには、
いわゆる個人の産婦人科専門の病院みたいな所はないみたいです。
(いや、あるのかもしれませんが、一般的ではないです)

病院の中には婦人科病棟がありますが、ここに行くのは基本出産の時と、
超音波検査を受ける時のみです。
(あとは、婦人科のお医者さんの診察や治療が必要な場合)


では、出産までの妊婦検診はどこで受けるのか?
というと、GPあるいは自宅で受けることになるんです。

うちのGPには週1の割合で助産師さんがやってきます。
その日に合わせて、検診の予約を入れるんです。

「つわりで辛いなら、家に行くわよ~。」
と言われたこともあるので、希望すれば家に来てもらうこともできるみたい。


イギリスは、妊婦検診からから出産、そして出産後のもろもろまで、
全て助産師さんがお世話してくれるんです。
何も問題がない場合、産婦人科医にお目にかかることは一切ありません。


さて、実際私が妊娠を確信した時のことですが、
「GPのお医者さんに会う意味なんて何もない」
ということは明らかだったので、
最初から助産師さんの予約を入れようとしたところ、受付の人に
「まずはお医者さんに会ってからじゃないとだめなんです。
いきなり助産師さんの予約は入れられないんですよ。」
と言われたので、お医者さんとの予約を入れました。


婦人科医でもないお医者さんに会って、何をするんだろう?
と思いつつ予約の時間に旦那とGPへ。



その時のやり取りはこんな感じ。



旦那と部屋に入る。

医者:「今日はどうされましたか?」
私 :「どうも妊娠したみたいなんですが。」
医者:「え~っと、それはいいニュースなのかな?」
私 :「はい、そうです。」
医者: (急に満面の笑みをたたえて)「おめでとうございます~。」

その後、もうすでにわかっていた大体の出産予定日を言われ、
がさごそと引き出しの中からちょっとしたパンフレット
(妊娠に関するものだけど、ほとんどが広告)を取り出し、
それを渡され、
「じゃあ、帰りに助産師さんの予約を取って帰ってくださいね。」
と言われ、





あっけなく終了・・・。





となりそうになったので、

(え、これだけ?)

と思いつつ、何か聞かなきゃ~、と、とりあえず頭にぱっと浮かんだ質問をしてみた。

「あの、何か普段の生活で気を付けた方がいいことはありますか?」

そしたら、

「そうだね、乗馬とジェットスキーはやめたほうがいいね。」

って・・・・・・・・・・。









わかってるわい!










と、すごくつっこみたかったけど、おとなしく部屋を出て、
助産師さんの予約を取って帰りました。





やっぱり会う意味はなかったよ・・・。

その時点で妊娠6週目。
血圧チェックとか、尿検査とか、それくらいはあると思ってたのでびっくり。





それにしても「乗馬」っていう所が英国だわ~。

 







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
COMMENT (5)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

妊娠中なんですね!
うわーーーーおめでとうございます^^
読んでて大興奮(笑)
医療システム、それぞれの国によって
かなり違うんでしょうね

しかし、乗馬とジェットスキーって・・・
やらないよ、絶対やらないって(爆)
2010/01/15(金) 04:58:36 | URL | なべちゃん #- [Edit
今日もぐびさんに会いにきたら、、
おめでたなんですか?!
びっくり~~、おめでとうございます。

ちなみに私の時は(もう13年も前で参考になりませんが...)、妊娠したらしいといってGPに連絡したら、まずナースと会って色々な注意事項を聞き、それからいきなり採血された(・・;)
また別の日に予約をいれてドクターと会い、簡単な健康チェックと問診とまた注意事項を聞いた。
そして安定期に入ってからミッドワイフと会い、それからはずっとミッドワイフとの付き合いで、出産予定日の2ヶ月前くらいからまた定期的にドクターに。
ミッドワイフは会う度に血圧と尿検査がありました。
、、、なんだかこういうことって今でもよく覚えてるもんだわ^^

寒いけど、あったかくして体を大切にね♪
2010/01/15(金) 10:50:51 | URL | フィッシュ #Hm6rXMNI [Edit
おめでとう
おめでとうございます。
暖かくなってきて(とはいえ4度くらい?)、今日は雪が解けるかと思ったら、凍った雪の上に雨が降ってかえってあぶなくなりましたね。くれぐれも外出気をつけて!!

渡英後すぐGPの登録に行って、何回も検査に通って。
でも、一度も「主治医」にあったことないです。
娘が高熱出したときも、fluの外来だったし。
このまま会わずに帰国したりして。

「それはいいニュースなのかな」ってのも、日本ではありえない(--)
日本だと検査薬で妊娠わかっているのに、「確認しないとわかりませんから」とかいって、こまごま聞かれたりするんですよー。尿検査、血液検査、血圧、性病の検査もあった気がする。

イギリスだと乗馬はありかもしれないけど、ジェットスキーはどこでするねん!と突っ込みいれたーい!!
2010/01/15(金) 17:25:30 | URL | Chun #- [Edit
それはいいニュースなのかな
わたしも、同じ事言われました(笑)

フランスは国立の病院で産む場合は助産婦さんが取り上げます。
毎回の検診は多分医者だとおもいます。

それにしてもこの最初のお医者さんとのアポって助産婦さんでもいいような。
2010/01/16(土) 22:31:39 | URL | mai #- [Edit
なべちゃんさん

ありがとうございます♪
日本で出産を経験したことがないので、しっかりと比べることはできないんですが、いろんな点で日本とイギリス、たくさんの違いがあると思います。また記事として書いていきたいと思います。



フィッシュさん

ありがとうございます。
場所やGPによっても結構違うみたいですね。
昨日あたりから寒さ、おさまりましたね。これぐらいの気温だといいですね。もう雪はこりごりです・・・。体冷やさないように、気を付けます。



Chunさん

ありがとうございます。
そうそう、凍った雪の上に雨!怖かったです。でも週末でだいぶ解けたのでよかった~。
ジェットスキーの他に、もうちょっと身近なスポーツ(あるいは事)があるだろうに・・・(苦笑)と、私も旦那も思いました(笑)。



maiさん

私が産む予定の病院でも、助産師さんが取り上げるみたいです。お医者さんは、本当に何かあった時に出てくるらしいので・・・会いたくないです。
これから少しずつ、出産のスタイルとか考えていかないと~。
2010/01/17(日) 15:54:53 | URL | ぐび #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。