スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいこともあるのです

2010.03.06 *Sat
英国の鉄道事情、これまでに経験したいろんな話をカテゴリー
「英国 鉄道事情」にいろいろ綴ってます。





何かと評判の悪いイギリスの鉄道事情ですが、
先週末エディンバラに行った時には、こんなことがありました。

チケットを予約した時点で、
座席の予約もしておいたのですが(旦那がパソコンを使うので、
うちはいつもテーブル席を予約します)
電車に乗ってみると、満席状態。
金曜日の夕方だったので、混んでいました。

ぱっと見た感じ、自分達の予約した席のあたりにも全部人が座っていました。

でも、これはよくあること。

予約されている席には
「この席は○○駅から○○駅の区間は予約済みですよ~」
という表示がされているのですが、
予約をしてもその席を利用しないお客さんもたくさんいるので、
空いていれば誰が座ってもいいんです。
予約されている席に座っている人も、
「席を予約している人が来たら移動すればいい。」
という感覚でいる人が多いし・・・。

で、私達も自分の予約しておいた席を見つけて、そこに行きました。
そこには、とある家族連れが座っていたのですが、旦那が番号を確認して
「ここは自分達が予約をしてある席だと思うんだけど・・・。」
とほのめかしても、その家族連れ、完全無視。
移動しようともしませんでした。
しかも、私達の電車は、予約されている席には小さな紙がさされていて、
それに
「この席は予約済みですよ~」
と言う表示がされているのですが、その紙がない!!

ので、私達も大きく自信を持って言う事ができなかったので、
空いていた席に別々に座り、車掌さんが来たら確認することにしました。

で、しばらくして車掌さんが来たので旦那が確認したのですが、
やはり私達の予約に間違いはなく、
その家族連れが座っている席の2つが私たちの席であるということだったのですが、
車掌さんがほのめかしても、その家族連れ、完全無視!!


そしてどうやら、
その家族連れがその座席を占領したことによって被害を受けていたのは、
私達だけではなかったということも判明しました。

しかも、その家族連れが、
予約済みの座席にさしてあった紙を勝手に取ったらしいということも・・・。

だけど、何か変な家族連れだったし、私達もあまり関わりたくなかったし、
座れないならまだしも、別々ではあれ席は確保できたので、
旦那も車掌さんに
「もういいですよ。」
と言い、そのままエディンバラまで行くことにしました。




が、それから10分ほどした頃、車掌さんが
「別の車両で、2人がけのテーブル席があるから、そっちに移動できますよ~。」
とわざわざ言いに来てくれて、移動することに。

車掌さんの後ろについて歩いていきました。

ら。

そこはなんと









ファーストクラス~♪








ラッキ~です。
気の効くいい感じのの車掌さんでよかったわ~。






席に着いた途端に、別のスタッフが現れて、サンドイッチ、ポテトチップス、
お菓子のサービス。
それから飲み物も。

お陰で快適な電車の旅になりました。






特に文句を言ったわけでもなかったのに、気を利かせてくれた車掌さん。

こんなこともあるのね~と、珍しく電車でいい思いをした日でした。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
COMMENT (3)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

私は今までに電車を利用したのは数えるほどもないのですが、席って決まっているようで決まってないって感じですよね。

でも、その家族はすごすぎ!
確かに、イギリス人って日本人ほど細かくないから空いている席に座ればいいって思っている人も多いけど、だからって別々の席になるのは嫌だわ。

いい車掌さんでラッキーだったね♪♪
2010/03/06(土) 16:08:56 | URL | フィッシュ #Hm6rXMNI [Edit
よかったですね
トレインスポッティングで同じ様なシーンがあって、紙が貼ってあるだけじゃ効力がないんじゃないかと思ったのを思い出しました。
その家族も関わらない方がいいタイプなんでしょううね。こちらにもいますそういう人。

素敵な旅になってよかったですね。
車掌さんの親切にファーストクラス、まだまだこの世も捨てたもんじゃないですよね!
2010/03/08(月) 13:40:56 | URL | mai #- [Edit
フィッシュさん

ほんと、いい車掌さんでよかったです。
嫌だな~と思ったのは、その家族連れの親が子供の目の前でそういうやっちゃいけないことをやったってことなんですよね。自分はああなりたくないな~って、すごく思いました。



maiさん

トレインスポッティング、なつかしい。あの映画を見たのは、旦那と出会う直前くらいかな~。あれってグラスゴーが舞台でしたよね、確か。幸いうちの旦那が生まれ育った環境とは別世界の話ですが(笑)、今スコットランドという国を知った上でまた見てみたら面白いかも。違った見方ができそうです。
2010/03/08(月) 14:09:27 | URL | ぐび #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。