スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスイブ

2008.01.08 *Tue
旦那の家族は(というよりイギリス人は一般的に)、
信仰心は厚くありません。
「教会に行くのは、何かの行事の時ぐらい」
という人がほとんどで、そういうところ、
多くの日本人が初詣に行くのと共通しています。

そんなわけで、クリスマスイブの夜中のミサは、
多くの人で教会がいっぱいになります。
ろうそくの明かりだけの中、皆でオルガンに合わせて聖歌を歌い、
牧師さんの話を聞き、12時になると、
「Happy Christmas.]
と、自分の座っている席付近の人達と、声を掛け合い、
クリスマスが来たことを祝うのです。

が、今回のミサ。
教会はがら空きでした・・・。
実はおととしまでの牧師さんが定年を迎え、
1年前から新しい牧師さんに代わったのですが、
どうもこの人の評判があまりよくないみたいで・・・。
私もクリスマスは2回目なのであまり詳しくはわからないんだけど、
確かに5年前の時は教会もいっぱいで、
もっと充実したミサだったように記憶していたので、
今回はちょこっと期待はずれでした。
でも、クリスマスの教会の雰囲気は、すごくよくて、
いい経験ができました。




♪おまけの話♪
旦那の家族はいつも教会の2階席に座ります。
2階席はろうそくもなく、とても暗くなるので、
聖歌を歌うときに聖書を開いても読めません。
ということで、毎年ペンライトのようなものを持って行きます。
が、今回はなぜかひとつしか見つからず、
直前に旦那父(だったか母だったか)が出してきたのは、
なんとキャンプ用のランプ。
超でかすぎる・・・。
あと、まぶしすぎる・・・。

まあでも、持って行きましたよ。
で、使いました。
でも、つけたとたんに教会の雰囲気が一気にそこなわれ、
私たちの周りはまるで蛍光灯が付いたかのように明るくなり・・・。
旦那と笑いをこらえながら、あわててランプを覆い、
明かりを弱くして聖歌を歌いました。
その時ばかりは思いました。

「よかった、人が少なくて。」


スポンサーサイト
CATEGORY : クリスマス
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。