スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食器の洗い方

2007.04.18 *Wed
定番の話題ですけど・・・。

でも、
やっぱりどぉーーーしても
こちらの食器の洗い方には抵抗があります。

もちろん、人それぞれ洗い方はいろいろあると思いますが、
一般的にこちらの食器の洗い方は、

1 流しのおけ(あるいは流し自体)にお湯をはり、
洗剤を入れる。
2 そこに汚れた食器を入れる。
3 スポンジやブラシなどを使って、食器を洗う。
4 水切り用のざる(?正式名称がわからない・・・(汗))
にのせる。
5 そのまま放置するか、ふきんで拭いて片付ける。

以上。

で、この作業の中には、
洗剤を洗い流すという作業が入っていないのです。

例えば、旦那の家では、お母さんが料理を作り、
お父さんが食器を洗い、
子供たちがふきんで拭いて片付けるというのが、
だいたいいつものパターンなので、
私もよく食器を拭くのを手伝うのですが、
泡のついてるお皿やなんかをふきんで拭く時には、
これでいいのか?と思ってしまいます。

確かに、水の節約にはなるし、時間の節約にもなるし、
利点もいっぱいあるんでしょうけど、
体には大丈夫なのだろうか?と思わずにはいられません。

でも、
「郷に入っては郷に従え」。

私も、人の家で食器を洗うときのみ、
このやり方を採用しております。

ただ、このやり方、
後半になるとおけの中のお湯が濁ってくるので
(もちろん途中でいったんお湯を流して、
新しいお湯をはるときもありますけど)、
どの程度きれいになってるのかは、謎です・・・。

スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。