スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛乳

2007.11.07 *Wed
紅茶をミルクティーで飲むイギリス人にとって、
牛乳は毎日の生活から切り離すことの出来ないものです。

春に、旦那の家族とキャンプに行った時も、
人数分のティーバッグと牛乳は、
他の食べ物と一緒にしっかり準備されていました。

こちらでは通常、
牛乳はプラスチックの容器で売られています。
日本のような紙パックもあるけれど、
プラスチックのほうが一般的です。
Milk


こちらで牛乳を買う時に非常にわかりやすい点は、
どのメーカーのものであっても、
キャップの色で種類が分けられている点です。

青のキャップ・・・・・Whole Milk(脂肪分約3.25%)
緑のキャップ・・・・・Semi Skimmed Milk(脂肪分約1.5-1.8%)
赤のキャップ・・・・・Skimmed Milk(脂肪分約0.1%)

サイズと値段は大体こんな感じです。
(私がよく利用するスーパーの、スーパーブランドのものです。)
1パイント(568ml)       40ペンス(約95円)
2パイント(1.13リットル)   76ペンス(約181円)
4パイント(2.27リットル)   1ポンド34ペンス(約319円)
6パイント(3.4リットル)    1ポンド96ペンス(約467円)

物価の恐ろしく高いイギリスにおいて、
牛乳の値段は安いと思います。
個人的な意見だけど、日本の牛乳に比べると、
臭みが少なく、さっぱりしているような気がします。






スポンサーサイト
CATEGORY : 英国 食事情
COMMENT (3)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/05(月) 18:10:15 | | # [Edit
えっ?これが牛乳ですか?橋場で使っている業務用の洗剤容器にそっくりですわ!(笑)容器はリサイクルですか?牧場へ持って行けば、牛さんの搾りたてを売ってもらえる・・・とか?
2007/11/08(木) 05:14:10 | URL | 日本の母より #- [Edit
なんと、
この国でリサイクルが本格的に
始まったのは、割と最近のこと。
初めて旦那の実家に行った時に、
ワインボトルも紙も、
全部一緒に捨ててたのに驚いたのを
覚えてます。
牛乳の容器が、
リサイクルごみになるのかどうかは・・・
実はわからん。
今うちにあるやつには、
リサイクルマークないし・・・。
でも、前住んでた所では出してたなぁ。
ごみ収集の人、持って行ってたし・・・。
まだまだ、
リサイクル自体が
定着し切れてない模様・・・。
2007/11/08(木) 11:39:01 | URL | ぐび #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © 英国いろいろ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。